- 赤ちゃんにおもちゃを与えすぎるは良くない?誰がいつあげるかが大事 | MARCH(マーチ)

赤ちゃんにおもちゃを与えすぎるは良くない?誰がいつあげるかが大事

2014/04/21


おもちゃ屋さんに行くとたくさんの色とりどりのおもちゃが所狭しと並んでいます。大人の目から見てもうらやましくなるほどです。

おもちゃを子どもに与えると子どもは笑顔になって喜びます。それを見るとこちらまで嬉しくなります。でもただ沢山与えれば良いというものでもありません。誰がどんな物をどのタイミングであげるかはとても大事なことだと思います。

与えすぎても大丈夫?

いきなり結論から言いますと、おもちゃを与えすぎて良くないということはないそうです。多かろうが少なかろうが、子どもはその中から好きなものでしか遊びませんから。選択の幅が広いことは子どもにとっては幸せな状況かもしれませんね。

ただ、問題はその与え方、与えた後の遊び方なのだと思います。おもちゃだらけの部屋に子ども一人で放り込んだところで子どもは楽しいわけありません。遊び相手がいて遊び方を知って初めて楽しいと思えるのではないでしょうか?

私が子どもの頃、おもちゃは限られていました。それでも外で遊ぶことの方が主だったので苦ではありませんでした。今は「孤育て」と言われるように、公園にも行けず母子二人きりで部屋で過ごすことが多いと聞きます。そうなるとおもちゃに頼ることにもなるのかもしれません。

おもちゃが少ない分、どのおもちゃにも思い出があり、壊れても直して長く使うのが当たり前でした。親に捨てられそうになると泣いて拒みました。私は子どもにもおもちゃに対してそんな風であって欲しいと思いました。「宝物」と言えるようなおもちゃに出会って欲しいなあと思いました。

おもちゃを買う時を決める

我が家では赤ちゃんの時は特にルール決めはなかったので、私が月齢にあわせて少しずつ買っていきました。問題は自我が芽生え始めて自分で『欲しい』と口にするようになり、『ダメ』と言ってもきかなくなってからです。2歳ころからでしょうか。

そこでおもちゃは誕生日とクリスマスだけと決めました。イレギュラーで買う場合はボールや縄跳びなど成長に必要だと思った物だけとしました。ルールを決めておけばおもちゃ屋さんで『欲しい』とごねられても『じゃあ次の誕生日ね』とハッキリと断れます。その前に私は、おもちゃ屋さんに誕生日とクリスマス前にしか行かなかったですが。

何故与える時を限定にするのか?

それはただ与える物ではなくそれはあくまでプレゼントとしての物、お誕生日なら大きくなったお祝い、クリスマスなら良い子にしていたご褒美・・という風に意味を持たせたいのです。黙ってても向こうから勝手にやってくるものではないのです。お父さんやお母さんが働いたお金で買った物なのですから、特別な物であるということを感じて欲しいのです。

そうなってくると子どもは「欲しいものは何?」と聞かれても何でも良いわけにはいきません。真剣に考えます。誕生日が楽しみ!プレゼントは何?とわくわくドキドキして欲しいのです。いつでも欲しい物がもらえてしまっては楽しみも半減です。思い出にも残りません。

祖父母のおもちゃの与え方

ただし子どもの祖父母からのプレゼントは別です。たまに会ってのプレゼントならいつでも快く受け取りましょう。そのかわりその場でお礼はしっかり言わせ、送ってきた物なら手紙を書かせたり電話で伝えさせます。あくまでもこれは「特別なものである」という認識をちゃんとさせます。折りに触れて「おばあちゃんからもらったものだから大事に使おうね」など声をかけるのも効果あります。

でも祖父母からのプレゼントというのに悩まされているママも多いようです。それは高価すぎたり数が多かったり時を選ばなかったり。『うちはこういうルールなんですよ』『子どものためにならない』と言ってわかってくれる方なら良いのですが、聞いてくれない人も多いようです。理想は現金や商品券なんですけどね;

何を言ってもダメでしたら黙って受け取って、うちで買う分は控えめにするしかないですね。うちで買う分はなし!という家もあるそうですよ。

おもちゃを与えた後

おもちゃは与えたら与えっぱなしというわけにはいきません。一緒に遊ぶのが大事です。友だちとも仲良く使えるかも大事です。壊れてもすぐ捨てるのではなく直そうとすることも大事です。

幼ければ幼いほど特別なおもちゃは必要ありません。ペットボトルでも空き箱でも使い古しのお玉やフライ返しでも十分おもちゃになります。そういったものほど子どもは遊び方を知っています。大人にも思いつかないような遊び方をします。

売られているおもちゃは所詮は大人が作った物。子どもの発想力には到底かないません。高価で凝り過ぎたおもちゃは子どもの想像力と創造力を奪うかもしれないことを買う前に少し考えてみてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ