- 子供に激しくお漏らしされてしまった布団のお勧めの洗い方とは | MARCH(マーチ)

子供に激しくお漏らしされてしまった布団のお勧めの洗い方とは

2015/01/02

shutterstock_188796506 (2)

おむつがはずれたばかりの子供だけでなく、おむつをしている子供もなぜかおむつから漏れてお布団を濡らしてしまうことはよくあります。特に冬場。寒くなってくるとおしっこが近くなるのは大人も子供も同じです。

そしてお布団を濡らされると、親としてはがっかりくるのと同時にどっと疲れてしまうもの。というのも、敷布団の場合はそう簡単に布団を丸洗いすることが出来ないからです。もしも出来たとしても、やはり手間がかかります。

となれば、出来ればお布団までお漏らししないで欲しいと思う気持ちも理解してもらえるでしょう。

どうやって布団を洗えばいいか

万が一お布団までお漏らしされた場合。一番面倒なのは雨が降っている時ではないでしょうか。雨の日は布団を外に干すことが出来ません。

とはいえ我が子は雨の日だからお漏らしをしない、なんてことを選んでくれるわけではないので、当然雨の日にお漏らしすることもあるでしょう。

とにかく布団が濡れた場合は、どうやって布団を洗ったらいいのでしょうか。まず考えられるのは、自宅に余分な布団があるかどうかです。余分な布団があれば、布団屋さんに連絡して丸洗いを頼むのがいいと思います。

お漏らしの布団はお漏らしですと伝える

布団屋さんに託す場合には「子供がお漏らしをしてしまって」と事情をきちんと話しましょう。いくらお客さんだからとはいえ、何も話さないで濡れたお布団を渡すのはちょっと問題です。

近くにいい布団屋がない場合には、今はインターネットを使って探すという方法があります。

しかもこの手のお店では布団の丸洗いばかりしているお店も多く、自宅に余分に布団がない場合には、その間に布団のレンタルまでしてくれるオプションも付けられる所がありました。安心して布団の丸洗いが頼めると思います。

便利なコインランドリーを使ってみたら…

「コインランドリーで丸洗いは出来ないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、コインランドリーはせいぜい毛布やこたつ布団などが出来る程度。敷布団の丸洗いは難しいと思います。重さがネックになるのでしょう。

布団が縮むことだけは避けたいけれど

実際にコインランドリーで布団を洗濯したら縮んで使えなくなった、という方もいました。赤ちゃん用の布団だとしても、丸洗い出来るのは掛け布団だけ。敷布団は丸洗いが出来ません。

自宅でコツコツ湯船を使って洗ってみても、縮む可能性は十分にあります。もちろんどのくらい濡らすか、で違うと思いますが。

プロに頼めば簡単だし綺麗にもなる!

となれば、やはりブロの布団屋さんにクリーニングをお願いするのが一番簡単で綺麗になる方法だということがわかります。長いこと使っているお布団は、ダニの問題も心配です。ダニに関して言えば、布団をこまめに干した所で完全にいなくなることは難しいと言われています。

やはりブロの丸洗いで綺麗にしてもらえれば、ダニもしなくなりますし、おねしょのお布団も綺麗になるのでまた長いこと使えるというメリットが出てきます。多少のお漏らしでしたら、丸洗いするかどうかは検討の余地があります。

消臭スプレーは必須?

私が子供にお漏らしされた場合には、ダイナミックなお漏らしの場合は消臭スプレーを使って、その後干します。曇っている日でも干します。もちろん雨の日は干してもダメなので、布団乾燥機を使います。

素早く対応すると吉!

これで臭いも気にならなくなりますし、布団も乾いていい感じになります。大切なのは、出来るだけ早くに手当してあげることです。どうしてもおしっこの臭いというのは染み込むと臭いが強烈です。

だからこそ濡れたタオルで拭いたり、消臭のスプレーを使ったりしてまずは臭いを少しでも取ることが大事なのです。

お漏らしされる前の対策も重要

ちなみにお漏らしされることがある場合には、いい布団は使わないようにもしています。どうしてもお漏らしされてダメになる可能性があるので、新品は大人が使ってその後に子供に使わせたりしているのが我が家です。

小学生にもなればお漏らしする子供はほとんどいなくなりますし、お漏らしする期間は人生ではあっという間の短いものでしょう。

その期間は割り切って捨ててもいい布団を使わせるとか、お漏らし対策におねしょマットなどを必ず使う、という方法もダブルで使うと安心です。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ