色々な興味を持ち始める生後7ヶ月期におすすめのおもちゃとは

コメント5
2015/05/24

70shutterstock_76665490

生後7ヶ月の赤ちゃんは、周りの色々なものに興味を持ち始めますね。

抱っこしてもベビーカーに乗ってもキョロキョロ周りを見渡しています。おもちゃで遊ぶ時にはいくつかあるおもちゃの中から自分の好きなおもちゃを選んで手にすることができるようになるのもこの頃です。

この時期の赤ちゃんの好みは

生後7ヶ月に入ると、両手で持ったおもちゃを振ったり投げ捨てて違うものを手にしたり、かなり“意志をもって”遊ぶようになります。おもちゃを握りしめている時の指の力の強さにも、とても驚かされますね。

ここからは、この時期の赤ちゃんが気に入るおもちゃ、おすすめのおもちゃの紹介です。ぜひ試してみては。

本物が好き

この時期の赤ちゃんはなにより“本物”が好きなようです。犬でも鳥でも電話でもなんでも本物を見たり、触ってみたりするのが刺激的なのでしょう。

お散歩の時は特に、お花や鳥や犬や猫、さまざまなものを見せてあげましょう。触れ合うことができる場があれば触れ合いの時間を持つとよりよいかもしれません。

赤ちゃんの“本物志向”にママもパパも付き合ってあげてください。本物とのふれあいは赤ちゃんにとって、刺激的で楽しい時間なのです。

ママやパパが持っているもの

赤ちゃんはママやパパが持っているものがとても気になるようです。コップ、お箸、パン、本、新聞、ハンドクリーム…なんでもです。「なにそれ?私も持ってみたい!」という目でジーッとママの手元を見ていたりします。

小さなものも指を上手に使って持てるようになるこの時期。きっとその腕前を試してみたいのですね。

あまりにジーッと見ているので、ママが持っているものを赤ちゃんに渡すとその時は興味津々で遊んでいるのですが、しばらく経つと興味がなくなってしまうことも多いようです。

その中でも次の日も、また次の日も興味をもって、それを手にしたり遊んでいるようだったら、それは赤ちゃんが本当に好きなものかもしれませんね。

そういうものは、赤ちゃんの一人遊びタイムや泣いているのを落ち着かせるのに有効です。ママも見逃さずにチェックしておきましょう。

小さなペットボトル

この時期の赤ちゃんが握りやすく持ち上げやすいペットボトルのサイズは110mlサイズのペットボトルです。スーパーなどで売っている飲むヨーグルト、R-1などのサイズがその大きさになります。

このサイズのペットボトルは赤ちゃんも振ることができるので、とても興味を持つようです。意外と大事なのは“開封していないもの”であるということです。

中が入っているほうが適度な重さもあって、振ると音も出るので、赤ちゃんの五感を刺激するように思います。そして筋力トレーニングにもなりちょうどよいでしょう。

ビニール製のもの

おしりふきの入れ物、パンが入った袋、オムツが入った袋、などビニール製の袋が好きなようです。

パリパリと音がするからでしょうか。それをしきりにいじって、中身を出してみたりします。

ここでもポイントは“中身を入れたままにしておく”ことです。適度な重さがあり、中身を取り出すことができたほうが赤ちゃんの興味は長続きします。

しまってもしまっても中身を出してしまうので、ママも困ってしまうかもしれませんが、ここは大目に見てあげて。

赤ちゃんがママがそばにいないと泣く時期ですから、上手く赤ちゃんが惹きつけられるモノを使って、ママも上手に自分の時間をつくりましょう。

少し硬めの紙

新聞などの薄くてつかみやすく、握るとカサカサ音の出る紙もお好みのようです。新聞紙は赤ちゃんが好む紙の中で薄いほうですが、2mmくらいの少し厚めの紙まで興味を持ったりします。

厚みのある紙の場合は、赤ちゃんの手のひらよりもひとまわり大きいくらいの大きさで、赤ちゃんが手をグーにして握りしめたときにクシュっと手の中に納まるくらいの大きさがよいみたいです。

くれぐれも紙で赤ちゃんの指を切らないように気をつけてあげてください。

携帯電話、リモコン

赤ちゃんが興味を持つもの確率が高いもの、それは「携帯電話」と「リモコン」です。

特に今のご時世、ほとんどのママとパパが携帯やスマートフォンを赤ちゃんの前で操作することが多いため、やはり多くの赤ちゃんが興味を示すようです。

市販のおもちゃにも携帯電話をモチーフにしたものも多く、時代を感じますね。でも携帯電話の“モシモシおもちゃ”はボタンを押すと音が出るもの、音を出すためにボタン電池などの電池を入れるものがほとんどです。

この時期の何でも口に入れて確認をする赤ちゃんには少し心配です。触りたいだけでしたら、ママやパパがこれまで使っていた携帯やスマートフォンのお古を触らせてあげましょう。

ママやパパが触っているものを自分も触っている、という気持ちが赤ちゃんを落ち着かせることができるでしょう。ママも赤ちゃんが一人遊びしてくれたら、家事をやる時間などが少しできるかもしれませんね。

スマートフォンは電源が入らなければただの“板”ですから、赤ちゃんの興味も一時的なものかもしれませんが、リモコンは少し小さめのエアコンのリモコンや、あまり使っていない少し小さめのリモコンを与えてあげるとよいでしょう。

また、この頃になると指でボタンを押す力もついてくるので、普段使っているテレビやビデオのリモコンを赤ちゃんに渡すと、急にチャンネルが変わったり、ボリュームが大きくなったり、ママやパパが驚くことも出てきます。

日々変わる赤ちゃんの好み

生後6ヶ月の頃まで、タグが大好きで、お人形についているタグを舐めたり、じゅうたんのタグをひっぱりだしていじったりしていたのに、7ヶ月に入った今では、あまり興味がなかったりします。

また、それまでは握りやすく少し振ると音が鳴るものが好きだったのに、今はもう技術を“習得”して飽きてしまったのか、あまり興味を示さなくなったりします。

こういう光景に気づくのも赤ちゃんは日々進化するものだと実感する瞬間のひとつですね。

でもまた、以前興味あったものに好奇心をもつ日がくるかもしれません。それもまた赤ちゃん、なのです。ですから、興味ないなと思って、片づけてしまったり、捨ててしまったりしばらくしないようにしましょう。

また、色々なモノに囲まれる環境は赤ちゃんの満足感につながるかもしれません。今まで捨ててしまっていたモノや使わなくなったモノを、赤ちゃんの成長に合わせて、“赤ちゃん専用のモノ”としてとっておくこともよい方法かもしれませんね。

赤ちゃんが1歳近くなると

赤ちゃんの月齢がすすんで、1歳近くなると、ペットボトルも300~500mlの大きいものや、家の鍵、車の鍵、鍵がたくさんぶら下がったキーケースなどがとても気になるようです。ママによっては「すぐにキーケースを見つけてしまって困る」なんてこともあります。

赤ちゃんにもよりますが、手にしたものを何でも口にすることもありますので、ママは注意しながら赤ちゃんと遊んだりしましょう。

みんなのコメント
  • 乃愛さん

    育児は、大変なこともたくさんあるけど
    毎日がとっても楽しいです!

  • ゆうこりんさん

    目が離せなくなってきましたが可愛いさが日々倍増です☆

  • ぽんきちさん

    大きなペットボトルで遊んでましたが、すぐに泣いてしまって…。R-1などの小さいペットボトルのが良かったんですね。

  • 丈ママさん

    毎日見てて飽きません。日々成長している姿が愛おしいです。お風呂タイムがわかってきて準備をしてると笑って待ってます。

  • ちゅぽんさん

    7ヶ月です♪
    ハイハイして追いかけてきたり、別の部屋に行くとドアの入り口で座って待ってたり。癒されます( ´ ▽ ` )

あなたの一言もどうぞ