- 一生の記念となるイベントであるお食い初めのおすすめ食器は? | MARCH(マーチ)

一生の記念となるイベントであるお食い初めのおすすめ食器は?

2014/09/24

お食い初めといえば、これから離乳食が始まる赤ちゃんに対して、一生食べ物が困らないようにという願いを込めた儀式と言ったところでしょうか。我が家ももれなく子供たちが生まれた後に、しっかりとお食い初めを行いました。うちの場合はなぜか保管されている、多分私が子供のころに使ったと思われる、お食い初め用の食器があり、それを活用しました。

ですが普通のご家庭にはお食い初めのための食器はないと思いますので、イベントの前に用意するのが普通かなと思います。でもおすすめのものをどう選んだら良いのか、ちょっと難しいですよね。

大人用のオシャレな食器をアレンジする

お食い初めの食器は、基本的に1度しか使わないものになると思います。この1度きりというのがポイントで、中には自宅にあるオシャレな食器をそのまま使うご家庭も少なくないようです。

お食い初め用に買うのはもったいないので、ご自分が既に来客用にと用意している食器があれば、それをお食い初めの時にアレンジして使うのは賢いやり方です。この発想は最初私にはなかったのですが、最近ではブログにお食い初めの記事をアップしている方もちらほらいることで、このような事実を知りました。

レンタルで本格的に行う

続いておすすめなのは、お食い初めのための食器をレンタルすることです。赤ちゃんはまだそんなに活発な時期ではないので、テーブルの上の食器を落としてしまうということは比較的少ないかと思います。

が、やはりお気に入りの食器を使っては万が一のことが心配という方には、お食い初め用としてレンタルサービスを行っているところへ依頼して、チョイスするのは楽でしょう。本格的なものばかりですので、購入したらかなりかかってしまう金額も、レンタルでしたらリーズナブルにできます。

わざわざ専用の食器は必要なし

やはり手元に記念として残したいと食器を購入するならば、私はお食い初め専用のものはあえて手を出さないほうがいいと思います。少子化と言われているだけに、次に妊娠があるか分かりませんし、何よりお食い初め専用のものはその時だけしか使えないため、普段は収納しているのが前提です。

これではスペースの問題ですよね。ですからお食い初めに対しての食器をと思うのならば、お食い初めをした後にも使えるようなベビー用の食器を選んだほうが、賢い買い物となるのではないでしょうか。

落としても割れない食器は便利

ベビー用の食器を選ぶ際には、やはり落としたりすることが大前提になると思います。つまり割れないものを選ぶほうが安全面でみると安心です。どうしても自分で食事をする月齢になれば、より落とす可能性が高くなるので、頑丈なものでなくてはなりません。

お気に入りのブランドがあればそれでも構わないのですが「小さいうちから本物志向で」という願いから、陶器などを使うのもどうかなと思います。割れる割れないも大事ですが、有害物質が含まれていないかどうかも検討するほうがいいでしょう。

最終的におすすめなのは

お食い初めという儀式は、赤ちゃんが本当に食べるわけではなく、食べたようにやるものですので、案外あっという間に終わってしまいます。しかし準備などにもかなり時間がかかるので、できるだけ無駄を省いてやられるのが1番でしょう。

わざわざお食い初めのための食器を用意するよりも、今後使えるベビー食器を兼ねて購入するほうが、個人的にはおすすめです。誰かに譲ってもらえるのならば、ありがたく使わせてもらうのもアリかと思います。まだまだ赤ちゃんにも手がかかる頃。時間は大事に遣いましょうね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪