- 子供の失敗が許せない…失敗を許せる気持ちを持つための心得5 | MARCH(マーチ)

子供の失敗が許せない…失敗を許せる気持ちを持つための心得5

2015/04/07

6shutterstock_162382262

「もう何でこれくらいもできないの?」、「どうしてそういうことするの?」と「まだ子供」とわかっていても感情的になって叱ってしまった経験は誰にでもあると思います。

とかく、子供が飲み物や食べ物をこぼした、何か壊した、おもらしをしてしまったなど子供の失敗が許せないパターンがよくあります。

よくよく考えるとどの失敗も大したことないはずなのに、「またキレてしまった…」と後から自己嫌悪に陥る親御さんは実は多いです。

そこで、子供の失敗が許せるようになる心構えや、この記事を読んで子育てする気持ちが少しでも楽になっていただけたらなぁと思います。

どうして叱り過ぎてしまうのか

自分でも「叱りすぎた」とわかっているつもりなのに、どうして気持ちをもう少し抑えながら叱ることができないのか、考えてみましょう。

「しっかりしつけなければ」と思うからこそ

「私がしっかりしつけなければ」、「私の育て方が間違っていたからこんな失敗ばかりするんだ」と感じたことはありませんか?

ここ何年かでテレビで親子関係の話題が取り上げられる機会が増えてきているように感じます。

例えば、毒ママや児童虐待、ネグレクト、非行など赤の他人のはずのメディアが少しの取材だけで、あーだこーだと憶測だけで話題にあげて勝手に理論を振りかざしています。

しかし、テレビの力というのは驚異的なもので多くの人に影響を与えます。その結果「この間のテレビで児童虐待があったけど…」と井戸端会議で話題になって…というシナリオになっています。

ここで取り上げる話題ではないかもしれませんが、日本の殺人事件の加害者・被害者間の関係は「親子関係」が50%以上を占めています。

殺人事件を取り上げるのは極端かもしれませんが、このニュースを見て怖くなったのは私だけでしょうか?

「自分も周りから子供のしつけに関して見られているのではないのか」、「どういう親なのか品定めされているのではないのか」と意識している、していないに関わらず、心のどこかでそういう感情がふつふつと湧いてきます。

少なからず子供の失敗が許せずに感情的に怒ってしまう親御さんの多くは「しっかりしつけなければ」という強い思いが根底にあると思います。

自分のようになって欲しくない

じゃあ、どうして「しっかりしつけなければ」と思うのか。

人によって理由はさまざまだと思いますが、子供の失敗が許せない人の多くは「自分のようになって欲しくない」という思いからではないでしょうか?

そう思って子育てしていると子供と自分が重なって見えてきてしまって余計にイライラして、ついには心身ともに疲れ果ててしまいます。

また「良妻賢母と言われるようないい母親でありたい」、「尊敬される親でありたい」と願っている人ほど、子育てにプレッシャーを感じているように思います。

許せるようになるための心構え

どうして叱り過ぎてしまうのかが、何となくでもいいのでわかったところで、今度はどんな心構えをすればいいのかを見ていきます。

小さなことから認めていく

「子供は子供、自分は自分」と頭ではわかっていてもなかなかできないですよね。むしろ、そう思っていたら叱りすぎたりしませんよね。

逆にいうと、子供に対してそれだけ真剣に関わろうとしている証拠でもあります。

しかし、親御さんが自分のようになって欲しくないという姿勢で子育てするのは絶対に長続きしません。

子育てはいつか終わるものですが、それまでは長い道のりです。まずは徐々に、親御さん自身が自分で自分のことを認めてあげましょう。

  • 「こんなに叱ってしまうほど私は子供と向き合っている」
  • 「この子が元気に毎日通園できるのは私が作っている食事のおかげかも」

とごくごく当たり前なようなことでいいので、まずは自分の頑張りを1度見直して下さい。

叱るポイントを絞ってみる

まずは自分自身を認めることが大切ですが、なかなかできないという方もいらっしゃると思いますし、できれば並行して叱る回数を減らしていきたいですよね。

そういうときは、叱るポイントやタイミングを絞ってみましょう。

まず、今まで子供に叱ってきたことを振り返ってみて、どういうときに多く叱っていたか思い出してみて下さい。

筆者の場合、子供がイヤイヤ期のときにモノなどへのこだわりの強く、融通が効かないことに日々イライラして、その延長線上で子供が何かで失敗するたびに怒ってばかりいました。

あまりに怒りすぎて「なんでこんなに怒っているんだろう」と落ち込んだときに、「怒る回数を減らそう」と思い付きました。

そこで私的に子供に叱るときのポイントを3つに絞り、それ以外のところではなるべく怒らないように心がけてみました。

  • 公共の場で騒ぐとき
  • 食べ物を粗末にしたとき
  • 道路に飛び出すなどの命に関わるようなとき

とりあえず叱るポイントをこの3つに絞ってみました。厳密に叱るポイントを守っていたわけではありませんが、自分の中で整理することで少しずつ気持ちが落ち着いてきました。

怒ったり、感情的になったりしても当たり前

いつもニコニコ笑顔のママでいたい、いつも頼りがいのあるパパでありたいと思うことは悪いことではありませんが、ママやパパだって調子が悪いときがあります。

調子が悪くてイライラしているときに子供に飲み物をこぼされたりしたら、怒りスイッチが入ってしまって怒りすぎてしまうことも当然です。

しかし、子供が失敗することも当然ですよね。

怒りすぎたなぁと思ったときは素直に子供に謝りましょう。「今日ママ、頭が痛くてイライラしてたんだ。あんなに怒ってごめんね」と言って、ぎゅーっと抱きしめるだけでも子供の心は救われます。

リフレッシュは絶対必要

親になると子供や家庭に費やす時間がどうしても増えますし、子供が小さいうちは「自由な時間がない」、「子供に時間を取られている」と思う方もいると思います。

また、「小さいうちは親が側についていないとかわいそう」と唱える人もいます。

しかし、子供や家庭が1番でも、それが全てではないですよね。先ほども言いましたが、子育てはいつか終わります。

このままずっと子供中心で子供に全てを捧げてしまうと子供が自立したときに子育てロスで心が病んでしまうこともあります。子離れできない親になる可能性もあります。

自分の趣味や好きなことや友人とのランチや飲み会、ただひたすら寝たり、何もしない時間があってもOK。とにかく自分の時間を持ってリフレッシュすることは絶対に必要だと思います。

1人で抱え込まないほうが早く解決する

子供の失敗がなかなか許せない親御さんの多くは真面目な方が多く、子供のことを第一に考えている方ばかりだと思います。

しかし、その思いが強すぎて子供に怒ってしまったり、指示・命令してしまったりと空回ってしまって落ち込みますよね。

1人で抱え込まないで誰かに相談してみると、話しているうちに客観的に自分が見えてきて何か解決策が見つかります。

けれど、身内や身近な人には相談したくないという人は保健センターや子育て支援センターに相談してみましょう。

顔や名前を知られたり、直接行ったりするのはちょっとイヤかなぁという方でも、匿名でのメールや電話相談ができるセンターが結構あります。

また、子供の失敗がなかなか許せないのが自分1人だけではないということも忘れないで下さいね。

みんなのコメント
  • しのぶさん

    子育てに疲れきっている。タヒにたい

  • さくらさん

    今日も怒りすぎてしまった。どうしたら優しい子にそだつのかなあ。

  • たまこさん

    今日、あり得ない程子供を責めて、キツい言葉を言ってしまった。
    その後仲直りしたけど、子供の心に大きな傷をつくってしまった。。。ダメな母親。

  • なめこさん

    子供を許せない。
    どうしていいか、わからない。
    消えてしまいたい。

  • ザビエルさん

    子供なんていなくていい。独身の人が羨ましくて仕方ない

  • さん

    あんなに子供が欲しくてママになりたくてなれたのに。こんな母親で子供がかわいそう。子供は親を選べない。こんな私のせいで子供の良さをダメにしてしまう

  • ブンコさん

    公園からいきなり道路に飛び出しそうになり、大声で怒りました。普段から注意していて本人も分かっているはずですか、はしゃぎすぎると突拍子もないことをして、本当に目が離せません。今もそのときの光景が目から離れず怒りがおさまりません。疲れます…

  • ママさん

    家族のヒミツを調査に乗ってペラペラしゃべる子。
    こんなに怒った事は無いってたくらい子供を責め立てた。
    でも 気持ちはおさまらない。
    子供を許せない。

  • 無記名さんさん

    子育て疲れる。しんどい。

  • こっしーさん

    我慢・・・我慢・・・がブチ切れて、怒鳴り散らす自分が嫌だ。
    止めようと思っても、後から後から口をついて出る。収まらない。
    どうしたら今しなきゃいけないことを怒らなくてもやってくれるようになるの??ママはどうすればいいの??

  • 無記名さんさん

    子供の失敗を恐れて、フォローし過ぎてしまう。社会に出たら、もっと厳しいのはわかっているのに。
    失敗を見守れる母親でありたい

  • ゆりまるさん

    自分自身が心配性な母に育てられたと、母の子供達への接し方で気がついた。
    だからか私も子供達にダメダメ言ってしまうのかな?
    挑戦させるところと危ないから止めるべきところの境界線が分からない

  • 私が悪いんですかさん

    私は息子が嫌いで、今中三だけどこの先、一切かかわらずにいたい。世話なんて全く少しでもしたくないし世話にもなりたくない。
    刺してやりたい。
    気持ち悪い。
    ばか。糞。

  • ゆいさん

    おしっこの失敗が今日はどうしても許せなくて、たくさん怒ってしまった。
    その後、いつもとてもかわいがっていて、手をあげたりしない弟にたたいたり蹴ったりしている姿を見た。
    ダメな母親。もう怒らないと決めたのに。
    まだ3歳前の娘。ごめんね。
    ママだって失敗ばかりなのにね。

あなたの一言もどうぞ