乳頭が亀裂してしまう…ヒリヒリや出血を伴う乳頭亀裂症の原因

コメント0
2017/04/05

出産をしてから母乳で育てるママなら、1日に何度も授乳する事になりますよね。そのためにおっぱいには様々な負担が掛かります。

乳頭亀裂症とは、乳頭の皮膚に亀裂が入りひび割れた状態になる事です。

症状としては皮膚がむけて赤くただれヒリヒリと痛んだり、皮膚がぱっくりと割れて出血したりします。
乳頭がそんな状態になっても赤ちゃんは毎日何度もおっぱいを吸うので、普通ならすぐに治るような傷でも長引いてしまったり、時にはどんどん悪化の一手を辿る事さえあります。

では、なぜ乳頭亀裂症は起きてしまうのでしょうか?

乳頭の皮膚は薄いのに刺激が強い…乾燥しがち!

赤ちゃんは私達が思っている以上に強い力でおっぱいを吸っています。その上、赤ちゃんの歯茎や舌で擦られる刺激もかなり大きいのです。

ですがママのおっぱいはそんな刺激に慣れていない上に、もともと皮膚が薄い箇所なのでその負担に耐え切れずに皮膚が少しずつ弱っていきます。

また、乳頭を拭く時に使う洗浄綿や赤ちゃんのよだれで、皮膚の水分が奪われ肌のバリア機能が低下し肌が乾燥することで、皮膚が擦り切れたり傷が開いてしまいます。

授乳時間が長いかも!赤ちゃんの飲み方を見直してみて

授乳時間は赤ちゃんによって大きな差があります。飲み終わったらすぐに離して寝てしまう子もいれば、遊びながらずっとくわえている子、寝ていても乳首が口から離れると泣いてしまう子もいますよね。

しかし授乳時間が長いとそれだけ乳頭の負担も増えます。
乳頭亀裂症になりそうな状態なら、授乳時間を短くする工夫をしたり授乳方法を改善したりする必要があるかもしれません。

また乳頭の負担が大きいのは、赤ちゃんの吸い方に原因がある場合もあります。
授乳するときに、乳頭の同じ箇所にばかり圧力がかかったり皮膚が擦れたりすると悪化しやすくなるので工夫が必要です。

また、生後半年辺りから赤ちゃんに歯が生え始めるとさらに深刻に…。

歯が生え始めると歯茎が痒くなってくるので、それが理由で赤ちゃんが乳首を噛んできたり歯が皮膚に擦れることでさらに乳頭の負担が増えます。

柔らかった赤ちゃんの口の中が急に凶器のように変化してしまって、ママのおっぱいが傷ついてしまうのです。

でもこれはしょうがない…と対策をしていないと、どんどん悪化していってしまいますので、すぐに授乳方法を改善したり、傷を早く治す方法を知っておくことが大切です。

乳頭亀裂症を改善する方法として、赤ちゃんの抱っこの仕方・おっぱいのくわえ方、傷を早く治す方法などはこちらの記事でしっかりご紹介します。

▼乳頭の亀裂による痛みの改善方法についてはコチラも参考にしてみて!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ