- 恥ずかしくて人には聞けない妊娠中の尿漏れ対策について | MARCH(マーチ)

恥ずかしくて人には聞けない妊娠中の尿漏れ対策について

2014/08/05

まさか私が尿漏れなんて…、いいえ、妊婦さんなら誰でもあるんです

妊娠も中期~後期に入ると、随分とお腹が大きくなってきます。大きくなってくると、動き辛いというだけでなく、実はシモのお悩みが出てくるの、知ってますか?イエイエ、シモ、って言っても、ここに書けないような夜の悩みではなく、尿漏れ、の話なんです…。

え?妊娠と尿漏れって関係があるんですか?という方へ。実は大ありなんです!今回はそんな妊娠中の尿漏れの実態、教えます。

妊娠するとどうして尿漏れがあるの?

子宮の中に入っている赤ちゃんがどんどん大きくなるにつれて、お腹は重くなってきます。妊娠の初期は主な器官や臓器の形成の期間ですが、中期~後期になると、赤ちゃん自体が成長をしますから、急激に重くなってきます。羊水が入った袋(卵膜といいます)が段々と下がってきて膀胱を圧迫します。

その為、妊娠後期の妊婦さんは、一般的に頻尿になります。ただでさえ頻尿の妊婦さんなのですが、その上更に、くしゃみや咳といったものが出ると、その瞬間に「あっ!…」という事になってしまうんですね。

尿漏れ対策としては、おりもの用のシートやナプキンを付けておく妊婦さんが一般的ですが、最近では尿漏れ用のショーツもありますので、自分に合ったものをしようするのがおススメです。

筆者の経験から1つお話すると、妊娠後期になると、毎日の散歩を日課にしていました。家の周辺を大体40分程度、片道20分の往復で散歩していたわけですが、その際、必ずトイレがある付近を散歩するようにして、必ずトイレを利用して散歩を続けていました。

片道20分の中でトイレ休憩2箇所。妊婦さんが如何に頻尿かお分かり頂けると思います。もし世のパパさんが散歩に付き合うなら、必ずトイレが使える所をポイントに入れて、お散歩しましょう。

尿漏れと破水で迷うことも…

妊娠後期、40週に近くなるにつれて頭に浮かぶ疑問が…。なにかちょっと出た際、「これって尿漏れ?それとも破水??」特に初妊婦(初めての出産をする妊婦さん)にとっては、なかなか判断が付かないかもしれません。

尿漏れか破水かを判断する1つの基準が、「流れている時間」です。尿は、ある程度出れば止まりますが、破水すると羊水はずっと出た状態です。出る量は、卵膜のどの部分が破けたかにもよりますが、チョロチョロと、とにかくずっと流れる状態です。

産婦人科でも指導がありますが、破水したな、と思ったら、まずは病院に連絡を取り指示をもらいましょう。多くの場合、病院へ行き、破水しているかどうか検査をします。理科実験で使ったリトマス紙のようなもので調べるので、破水しているかどうかすぐに分かります。

尿漏れにしても破水にしても対応できるように、便利な産褥ナプキン(お産パット)はいつでも携帯しておくと便利ですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ