- 出産入院準備時に便利だったモノ、いらなかったモノ | MARCH(マーチ)

出産入院準備時に便利だったモノ、いらなかったモノ

2014/04/15


もうすぐわが子に会えると思うと準備しながらドキドキ、ワクワクしますよね。入院する際に必要なものは病院によって結構異なります。個人病院は比較的ご自身で用意されるモノが多いように感じます。そこで、病院から指示があったもの以外であったら便利なモノ、意外と必要なかったものをご紹介します。

入院準備の時期

予定日の臨月に入る前までに済ませておくのがベストかと思います。いつもどおりの検診だったはずが、切迫気味と言われそのまま入院に、ってことや、初産でも急な破水で出産予定日よりもかなり早く出産に、ってこともありえます。緊急事態に備えて、診察券・健康保険証・印鑑・母子手帳は常に持ち歩きましょう。

病院に着いてから出産・病室に移動するまでに便利なもの

まず、何といても「おにぎり」と「ペットボトル飲料」と「ストロー」です!個人差はありますが、出産は結構時間がかかるので、食べれるうちに好きなものを食べておきましょう。今まで体重制限と闘ってきた分好きなもの食べて下さい!

また、陣痛室にいるときから食事を提供してくれる病院もありますが、そんな起きて普通に食べられるほど余裕はないと思います。なので、おにぎりはいいアイテムです。基本的に寝ている体勢でも口にできるものがオススメです。

産後の入院生活でいるもの

入院日数は、お母さんや赤ちゃんの経過によって個人差がありますが、基本的に4,5日のところが多いでしょう。入院中に必要なものをまとめると以下のようになります。

  • 産褥ショーツ・パット、授乳用ブラ、生理用ナプキン、腹帯(サポータータイプがオススメ)
  • 洗顔用具、化粧水などの基礎化粧品(小さいトラベルサイズ)、手鏡
  • タオル(大中小各2枚)、ガーゼハンカチ(5枚ほど)
  • スリッパ(音が鳴らないもの、クロックスがオススメ)
  • 小銭(1000円分あれば足ります)
  • 小さめの手提げバック(防水性だとシャワーに行くときも使えるので一石二鳥)
  • カーディガンやパーカーなどの羽織るもの
  • 筆記用具、メモ帳(授乳記録等書くため)
  • 携帯の充電器

これらは本にもよく書いてあるものなので、ここからはあったら便利だったものを紹介します。

  • S字フック:スペースが狭いので手提げバックやビニール袋を下げて簡易ゴミ入れにしたり活躍すること間違いなしです。100均で3本入ほどかと。
  • 授乳クッション:あるとなしでは腕の疲れ具合が違います。特に初産で授乳にまだ慣れないと思うのである安心です。
  • 髪結いボム・ヘアピン:ショートヘアの人でも授乳時に下を向くと意外に髪も下がります。
  • 長めの靴下:夏でもショート丈よりも足首までしっかりある靴下がいいと思います。上半身よりも足首を冷やさないことのほうが重要です。
  • 本・マンガ:そんな読む暇がないでしょ?と思われるかもしれませんが、テレビは基本ないですし、現代はスマホがありますが、1冊だけ気分転換用に是非。
  • コンタクトの方は眼鏡にすることをオススメします。昼夜関係なく寝たり起きたりするので、目のためにも入院中だけ眼鏡女子になりましょう。
  • リップクリーム:夏でも病院は乾燥しているので、基礎化粧品と一緒に入れて下さい。
  • クリアファイル:出生届け、入院中のしおり、請求書など書類系のものが増えるので、後で整理整頓しやすくなるためにも1つあるといいと思います。

入院中あってもなくてもいいもの

妊娠・出産に関する本をいろいろ読んで準備したもの使わなかったモノ、使用頻度に個人差が生じるものを紹介します。

・紙皿・紙コップなど、来客に備えるようなモノ
昔は親類など様々な人が面会に訪れることがあったそうですが、今は衛星面などを考慮して面会を制限する病院が増えています。ご両家のご両親以外の親類の方、友人で面会に来たいという方はあらかじめ旦那さんと相談・聞き取りをしておいて、紙皿などを用意するべきか否か考えてから用意しましょう。

・パジャマの寝巻系
病院で貸してくれる入院着は高くありませんが、基本的に有料です。普段使っているものでないと眠れない、パジャマを入院中でも自宅で洗ってくれる人がいる、少しでも安くしたい!と思っている方以外はパジャマなどの寝巻は準備しなくても病院にあるもので事足りると思います。

準備ができたら

旦那さん以外の同居家族がいない場合、1人のときに陣痛がきて1人で病院に行く可能性がある方はカバンを2つに分けるといいでしょう。自分は出産までに必要最低限のモノを持って、他の出産後に使うものは旦那さんに持ってきてもらうことにするといいでしょう。

赤ちゃんに会えるまでもうすぐです。残り少ないマタニティー生活を楽しんでくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ