- コツを掴めば簡単!初めの子育てでも安心のミルクの飲ませ方 | MARCH(マーチ)

コツを掴めば簡単!初めの子育てでも安心のミルクの飲ませ方

2015/01/17

shutterstock_161184533
赤ちゃんにミルクを飲ませるくらい簡単にできるだろう。そう思っていても、実際にミルクを飲ませるとなると分からないことはたくさん出てきます。

ここでは初めて子育てするお母さん、お父さんに是非知っておいてもらいたい、ミルクの作り方、飲ませ方のコツを紹介していきます。

ミルクを安全に作る心得

ミルクを作るというと、「粉ミルクをお湯で溶いて飲ませる」だけの簡単なことと思っている人は多いのですが、ミルク作りにもコツがあり、約束事があるのです。

ミルク作りに使う水のルール

ミルクを作る時の水は飲めれば何でも良いと思ってはいないでしょうか?

しかし、大人が普通に飲める水でも、買ってきたミネラルウォーターでも、赤ちゃんにとっては害になることもあるのです。

まず、基本はミネラルの少ない水を使用するということです。大人であれば、健康のためにもミネラルを多く含んだ水の方がいいと思い、あえてミネラル分の多いミネラルウォーターを購入して飲んでいるという人もいるでしょう。

しかし、体が未熟で内臓が十分に機能していない赤ちゃんにとって、ミネラルは内臓に負担をかける危険な水となってしまうのです。

ミルク作りに使う水は、ミネラルの少ない軟水を使用しましょう。

ミルクに使っていい水とは?

まず、水道水や浄水器を通した水は使用しても問題ありません。

但し、給水方式を取っている水道水の場合は、水質維持に不安がありますので注意しておきましょう。浄水器を通す場合は、ミネラルを付与しない浄水器を選びましょう。

また、水道水を使用する場合は、カルキをしっかり抜くために、沸騰してもしばらく火にかけ続けることが大切です。

次に、ミネラルウォーターの使用についてですが、必ず軟水のミネラルウォーターを使用しましょう。

国産のものは軟水であることが多いのですが、海外産のミネラルウォーターは硬水のものが多いので、購入する際には十分注意しておきましょう。

また、スーパーにて無料のお水をもらう人も多いと思いますが、ミルクに使用する場合は必ず、そのお水がどんな水なのかよく確認しておきましょう。

お店によって水の種類は変わります。アルカリイオン水のところもあれば、水道水をろ過したものもあります。軟水なのか、硬水なのか、ミネラル成分はどうなのか、こうした水質がはっきり分からないのであれば、ミルクへの使用は避けておきましょう。

安全にミルクを作るためにも水の扱いに注意

ミルクを作る時に気を付けることは、水選びだけではありません。

必ず沸騰さえてから使うようにしましょう。これは、水道水だけでなく、ミネラルウォーターでも、スーパーからもらってきた水でも同様です。

沸騰させるのは、殺菌するためだけでなく、水の粒子を小さくさせて赤ちゃんの内臓に負担をかけない水に変える役目もあります。必ず一度沸騰させてからミルクを作りましょう。

また、沸騰させた水でも、長い時間放置されたものは飲ませてはいけません。水は一度沸騰して殺菌されていても、時間が経てば雑菌は繁殖してしまいます。同様に作り置きしたミルクを飲ませるのも危険です。

必ず、沸騰してすぐのお湯を使い、作り立てを飲ませてあげるようにしましょう。

上手にミルクを作るポイント

次はミルク作りのポイントを紹介していきます。

初めてでも安心!ミルク作りのコツ

まず、粉ミルクに哺乳瓶、そして沸騰させてから70度ほどに冷ましたお湯を用意します。

作る量の半分から3分の2程度のお湯を哺乳瓶に入れ、規定の量の粉ミルクを哺乳瓶に加えて混ぜ合わせます。この時、粉ミルクの量を勝手に濃くしたり、薄くしたりしないようにしましょう。

粉ミルクの濃さが変わると赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいます。粉ミルクの容器に記載されている規定を守ることが大切です。

そして、混ぜる時は哺乳瓶の底で円を描くように振り、粉ミルクを溶かしていきましょう。その後、作りたい量までお湯を足します。

これでミルクが完成ですが、出来上がったミルクが熱すぎると感じた場合は、哺乳瓶を流水にあてて冷ましましょう。目安はひと肌の温かさです。

飲み残しミルクの扱いの注意点

量を調節してミルクを飲ませても、時には飲み残してしまうこともあるでしょう。例え飲み残した量が多かったとしても、それを保存しておいてはいけません。冷蔵庫に保存するのでもいけません。

飲ませた後の哺乳瓶の中には赤ちゃんの唾液が入り込んでいます。ミルクはただでさえ栄養価が高く雑菌が繁殖しやすいので、飲み残しの保存はとても危険なのです。

ほとんど飲んでもらえなかったとしても、作ったミルクの残りは必ず処分しましょう。

上手にミルクを飲ませる方法

赤ちゃんにミルクを飲ませる時は、お母さん、あるいはお父さんと赤ちゃんがリラックスできる環境で飲ませてあげるようにしましょう。

目を見て飲ませるのが基本

まず、ゆったりと腰かけられる椅子やソファなど、長時間飲ませていても疲れない場所を選び、赤ちゃんを横向きに抱っこしましょう。

ミルクを飲ませる体制が確保できたら、哺乳瓶の乳首を赤ちゃんの口に近づけ、加えさせます。この時、乳首の先に空気が入らないように注意しながら傾けていきます。

そして、ミルクを飲ませてあげるときは、必ず赤ちゃんの目を見ながら飲ませるようにしましょう。ミルクを飲ませる時間は赤ちゃんとの大切なコミュニケーションの場ですので、一回一回のミルクタイムを大切にしましょう。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ