- 2歳差育児のホントのところ。2人目妊娠中に大変だったことって何? | MARCH(マーチ)

2歳差育児のホントのところ。2人目妊娠中に大変だったことって何?

2014/05/16

世間ではよく、「兄弟は2歳差か?3歳差か?」というようなことも話題になり、2歳差兄弟には実際さまざまなメリットがあります。入園や入学が重ならないことも、メリットとしてよく言われていることですよね。年が近いと、2人でよく遊んでくれるので、親としては楽な面もたくさんあります。

双子、三つ子などの育児や年子の育児をされている方からしてみると、「2歳差育児の苦労なんて全然マシよ!」と言われて、「確かにそうかも?!」と思う部分もありますが、2歳差兄弟ならではの大変さがあることも事実です。

これから2歳差兄弟を考えているママ、もうすぐ2歳差育児がスタートするママ、「実際はこんなこともあるよ♪」という程度に参考にしていただけたらと思います。

少し経った頃に襲う不安

我が子が少しずつ赤ちゃんではなくなってきたことを寂しく思う反面、意思の疎通ができるようになって、より可愛く、そして自分たちにとってかけがえのない存在になっている頃に分かった第二子の妊娠。これから生まれてくる子を、目の前の子と同様に愛せるのかどうか、不安に感じるママたちも少なくはないようです。

常に1番に考えてあげられていた今までとは違い、ただ手放しに可愛がり、愛せばいいという風には、できなくなってしまうことに対してもです。そして、絶対さみしい思いもさせたくないと、強く思うのではないでしょうか?

子連れで妊婦健診…

保育園や一時預かりを利用しておらず、実家が遠くてすぐに預けたりもできなければ、ほぼ毎回子連れでの妊婦健診になります。上の子も赤ちゃんのことは楽しみにしているので、モニター画面で見たりするのは楽しいようですが、じっとしているのはまだまだ難しい年頃です。

ぐずらないように、上の子の眠くなる時間や、おなかが空く時間の予約はできるだけ避け、好きな絵本を持って行ったり、帰りには大好きなパンを買って帰る約束をしたりなど、待つ時間の負担を軽くできるようにしたいですね。

つわりの時期

1人目妊娠との1番大きな違いは、「つらいときは寝ていればいい」というわけにはいかない点です。どんなにつわりがひどく、「食べ物なんて見たくない!!」と思っていても、旦那様に「外で食べてきて」と言うのと同じようにはいきません。

まだ食べることにも手がかかる子に食事を作り、食べさせなくてはいけないのです。栄養バランスなどを考えると、キリがありませんが、つわりのつらい時期の昼食は、「サンドイッチやパン&野菜ジュースでも、子供が食べてくれていれば良し♪」として、何とか乗り切りましょう。

上の子のしつけ面

自己主張もだんだん強くなり、まさにイヤイヤ期に突入している子も多くなります。同時に、トイレトレーニングをしなくてはいけない時期でもあります。

普段は赤ちゃんの誕生を楽しみにしている様子の子でも、母親が今まで通りにできないことを伝える時に口にする、「ママのおなかには、赤ちゃんがいるからごめんね。我慢してね」という言葉に、どことなくさみしいような、ママに自分以外の大事なものができたような気がしてしまうようです。

そして、今までできていたことができなくなったり、「できないからママやって!」と甘えるようになったりという、いわゆる「赤ちゃん返り」をすることがあります。進んでいたトイレトレーニングが、以前の状態に逆戻りしてしまうことも、よくあることです。

今までの苦労が帳消しになってしまったような気がして、イライラしてしまいそうになりますが、無理強いしたり、叱ったりすると逆効果です。中断してしまっても、もう少し大きくなってから再開した時に、意外とすんなりできることもよくあります。

「日中のオムツがなかなか取れなかったのに、おねしょをほとんどすることもなく、夜間のオムツをほぼ同時に外せた!」という我が子の例もありますので、気楽に考えましょう。

移動手段

お腹が大きくなってくると、ベビーカーを押すのもだんだんキツくなります。また、お出かけの時に、子供乗せ自転車を利用していて行動範囲が広がり、どこへでも気軽に行けるようになっていたのに、妊娠が分かると、やはり安全のためにも、自転車に乗るのを控えなくてはならなくなります。

車で移動する場合は出産ぎりぎりまで運転は可能ですが、シートベルト着用の際はお腹を圧迫することのないように気を付ける必要があります。

2人目ママはたくましい?!

1人目妊娠中なら横になっていたような時期でも、子供は外に出たがるので、動いてる分、妊娠中の体重の増加は1人目よりも少なく済むママたちが多いようです。でも、どうしても無理をしてしまいがちなので、「できること、できないこと」の調整をうまくして、上の子もママもお腹の子も、どうかハッピーな時間を過ごしてくださいね♪

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ