- どうする?妊娠のつらさを夫に分かって欲しい時 | MARCH(マーチ)

どうする?妊娠のつらさを夫に分かって欲しい時

2014/07/15

女性の心身は、生理前後に変わったり調子を崩したりしがちですよね。妊娠すると、それがもっと大きな変化や不調として出てくることがあります。そして、これらの多くが自分自身でもうまく説明できない症状です。

「どうしてこうなっちゃうんだろう?」と自分でも分からないのですから、周囲はもっと分かりません。しかし、お腹に赤ちゃんがいる約10ヶ月間は、とっても大切な時。せめて夫には、理解してほしいですよね。

妊婦になった私の体と心の変化を、どのように説明してみるといいでしょうか?赤ちゃんを迎える夫婦が互いに気持ちよく過ごせるヒントを、ご提案します。

「上司の奥さんは◯◯だったらしい」とか、「近所の奥さんは◯◯してるじゃないか」とか、夫も妊婦に関するいろいろな情報を見聞きします。そして自分の妻と比較してしまいます。でも、人それぞれ、ぜんぜん違います。

他人と比べることではありません。妊婦と言えばよくある“つわり”も、その症状は人それぞれです。食べ物を受け付けず吐いてしまう人もいれば、何か食べてないと吐き気がして辛い人も。そして私は、つわりが全くない妊婦です。

だから、しんどいなぁという感じが表面に出にくく、私の辛さを分かってもらえていないような気もしてきます。(なんだか、太ったよね?って思われてるだけのような…笑)症状は人それぞれ違うけれど、私たち妊婦は夫に何を望んでいるのでしょう?近所の仲間にたずねてみました。

「今日のごはんまたこれなの?って、食べられるものが限られてるんだから、文句言わないで!」

「あれ取ってって頼んだら、すぐ持って来てよ!ちょっとの距離でも私の体は重くてしんどいの!」

「夫婦2人で過ごせる時間がなくなるのだから、今のうちにデートしてよ!仕事とか趣味とか、あなたは私の出産後も続けられるんだから!」

「まだ寝るの?僕の仕事中も寝てるの?って言うけど、今の私は妊婦という職業ですって感じ!」

「今日も友だちとランチ?いいよね、仕事休みで気楽だね?って、この大きなお腹見ながらよく言えるね!数週間後に髪振り乱して育児に追われるのは私よ!」

「脚も太ってきたね…って、むくみやすい妊婦の体を知らずになによ!マッサージしようか?って言うとこでしょ!」 

この話をしていると、「あー分かる分かる!」「ほんとそうよね!」と盛り上がりました。夫のグチを言ってしまったような罪悪感も少しありますが、「こういう思いを持っているのは自分だけじゃないんだな?」と知ることができ、心がすっきりしました。

思いきりおしゃべりするって、時には必要ですね。そして、これまた人それぞれ違う思いをもっていますが、皆に共通しているのは、“夫も一緒に妊婦を味わってほしい”ということです。もちろん症状は共有できないけれど、それが辛いことを理解し、「頑張ってるんだね」って、認めてほしいのです。

それでは、この願いを叶えるためには、どうすればよいでしょうか。「自分でもどうしてなのか分からないけれど、こうなんだ」と素直にお話ししてみてはどうでしょう。いつもいつも寝てるって、我ながら情けなかったり、ふがいない思いがしたりするけれど、やっぱり眠いんですよね。

食べ過ぎたらだめだよなぁと分かりつつも、どうしてもムカムカして、口に何か入れておきたい時も、あるんですよね。体は重くて、今までのようにシャキシャキ歩くこともできないし、ちょっとのことで疲れてしまうし。「私ってこんな人だった?」って悲しくなるくらい、思うようにならないことがあるんですよね。

こんな気持ち、お話ししてみてください。夫も、戸惑っているのかもしれません。お腹が大きくなるってどういうこと?お腹の中で赤ちゃんが動いてるってどんな感じ?何をしてあげれば楽になる?男にできることは、何??

お互いに、「こうしてほしい」を伝えたり、「これでいいかな」と確認したり、今まで以上のコミュニケーションが必要になると思います。空気読んでよ、なんて難題を突きつけてはいけません。言わなきゃ分からないことが、たくさんあります。

最後に、ありふれた、でもとても大切な言葉を、思い出していただきましょう。助けてもらったり、頼み事を聞いてもらったりしたら、「ありがとう」を言いましょう。小さなことにも「ありがとう」とひとこと添えて、感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。

妊娠・出産は、女にしかできない、大仕事です。でも、威張り散らしてはだめです。謙虚な妊婦でありたいものです。感謝の心を忘れずに。そしてそれを伝えることを忘れずに。皆さん、ここまで読んでくださって、ありがとう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ