妊娠線の予防やケアはクリーム以外でもできる!おすすめのケア方法

コメント0
2017/01/18

妊娠中、どんどんと大きくなっていくお腹とともに気になるのが『妊娠線』ではないでしょうか。

妊娠線の予防やケアをしようと思った時、まず妊娠線専用で人気のクリームやオイルを購入しようとする人が多いです。

しかし、いざ買おうとしてみると結構高価なために購入をためらい、それがきっかけで妊娠線のケア自体を諦めてしまうこともあるようです。

一度できてしまった妊娠線は出産後も消えずにそのまま残ってしまいます。予防やケアを全くしないのは勿体ないです!

勿論、専用の背品には効果的な成分がたくさん含まれているので手に入れられれば何よりですが、実は、高価なクリームやオイルなどの専用製品を使わなくても妊娠線のケアをすることは十分可能です。

専用の商品に頼らなくても妊娠線を予防出来るボディケアの方法を知り、美しく健やかなマタニティライフを過ごしましょう。

妊娠線のケアはお腹が大きくなる前に!ただし体調優先で

妊娠線の予防はいつから始めたら良いか悩まれる方がいますが、出来ればお腹がまだ目立って大きくなっていない妊娠5ヶ月頃までには始めたほうが良いでしょう。

お腹が大きくなってからだとすでに妊娠線が出来るリスクがだいぶ高くなっており、ケアの効果を高めてからお腹が大きくなった方が妊娠線が出来るリスクが低くなるからです。

妊娠線が出来る原因は、妊娠線は、妊娠中の胎児の成長に伴ってお腹の皮膚が急激に引っ張られることによります。

大きな力により皮下組織の真皮の部分が断裂し、赤紫色の傷跡として表面化したのが妊娠線です。

さらに妊娠中の体重増加や体型の変化に合わせて、太ももやお尻、骨盤周辺などの下腹部以外の部位にも出来てしまう場合があります。

体重の急激な増加を検診などで注意されたり、体重管理が必要になることもあると思いますが、妊娠中の体重管理は妊娠線対策としても有効です。

体重増加が急激であればあるほど体型の変化も急激に起こり、妊娠線は出来やすくなるので、なるべく適正体重の中に収めるようにしましょう。

ただし、妊娠5ヶ月よりも前だとまだつわりが残っていたり、体調が悪い場合もあります。妊娠線ケアは体調が優れていない時はスタートせず、あくまで体調に無理のない時期に始めましょう。

妊娠線よりも、妊娠しているママ自身の方を優先してくださいね。

妊娠線の大敵は乾燥と代謝不良!ケアのために出来る事

妊娠線は皮膚が乾燥すればするほど出来やすくなると考えられていることから、妊娠線のケアの基本は乾燥対策、保湿になります。

さらに、肌の代謝が落ちることで肌が固くなってしまい、妊娠線が出来やすくなるとも考えられています。そのためにケアの時はマッサージが盛り込まれていることが多いのです。

妊娠線ケア専用の商品の多くが乾燥肌への対策と保湿がベースとして開発されており、プラスアルファの美容成分(コラーゲン、ヒアルロン酸など)や特別な保湿成分によって付加価値がついている物がほとんどなのもこのためです。

特に乾燥してくる秋冬にお腹が大きい時期を迎える妊婦さんは、体調管理と一緒に妊娠線のケアも手を抜かないで行うようにしましょう。

では、専用商品を使わなくても効果的な妊娠線のケアである、保湿と乾燥対策の方法を見ていきましょう。

  • 基礎化粧品を使えば肌との相性もOK
  • ハンドクリームの利用
  • ワセリン(プロペト)は万能薬
  • 肌の弱い人は皮膚科を受診
  • お風呂を有効活用

ひとつずつ詳しくご紹介していきます。

普段使っている基礎化粧品ならば肌相性抜群

日常的に使っている基礎化粧品、特に化粧水、乳液、クリームは妊娠線のケアにも使うことができます。基礎化粧品の効果が「保湿」「エイジングケア」「敏感肌用」の場合は特におすすめです。

化粧水、乳液の場合
化粧水、乳液を手のひらに適量取り、乾燥対策をしたい体の部位に手のひら全体を使って馴染ませる。

成分が肌に浸透するのをイメージして、優しく肌全体を撫でると良い。
(とろみのあるローションの場合も同様)

クリームの場合
手のひらで十分にクリームを延ばしてから、塗りたい場所に優しく塗り込み、最後に手のひら全体で押さえて成分を馴染ませる。

※化粧水のみだと逆に水分の蒸発とともに乾燥が促進されてしまう事もあるので、化粧水後に乳液かクリーム(ハンドクリームでも可)かオイル(ベビーオイルで可)を使うと良い。

日頃からのスキンケアで使っている基礎化粧品を使うメリットは、何よりも肌に合っていることが分かっていることです。

妊娠中の身体は思わぬことに敏感に反応しやすくなっています。しかし、妊娠中でも使い続けられている化粧品であれば肌との相性は大丈夫だと考えられます。

さらに、顔周りの肌は体全体の中でも繊細なコンディションかつ真っ先に乾燥しやすい場所であり、その場所に効果があるように作られている基礎化粧品であれば、体に使っても効果的であると考えられます。

化粧品によってはリラックス効果のある香りのものや、プラスアルファで美白やしわ伸ばし、代謝アップなどの効果があるのもおすすめの点です。

肌の弾力があるとされているコラーゲンやヒアルロン酸入りの化粧品が人気です。特に、妊娠線による皮下組織の断裂が起こる真皮まで成分が浸透するものだとより効果を期待できます。

普段使っているものでなくても、肌に合うのであれば比較的に安価な”保湿中心”の基礎化粧品をそろえて利用するのも良いでしょう。

ただし、普段からブランド物の高価な基礎化粧品を使っていて、それが肌に合って良いと思っているのであれば、それを体に使うのは勿体ないので、以降に紹介している他の方法を試してみることをお勧めします。

また、美容効果のある成分の効力にも、化粧品と同じく相性や効果の差があるので、期待しすぎて使わないようにも気を付けましょう。

基礎化粧品がさっぱりタイプ(油性肌用)やアクネケア(ニキビケア)の場合も、逆に肌の油分を失わせてしまう可能性があるため避けたほうが良いです。

ハンドクリームは保湿のスペシャリスト!惜しみなく利用

保湿ケアと言われて、妊娠線専用の商品ではなく普通のボディクリームを使う人がいます。正直、普通のボディクリームでも保湿効果はあるので全く何もしないよりも効果はあります。

しかし、妊娠していない時よりも肌が乾燥しやすく敏感になっていることを考え、ボディクリームよりもおすすめしたいのがハンドクリームの利用です。

なぜハンドクリームなのかというと、単純にボディクリームよりも保湿効果が高い商品が多いからです。

ボディクリームは普段は服の下に隠れている肌へのケアを目的として開発されています。

しかし、ハンドクリームは普段から外気にさらされ、水仕事など色々な物に触れる手の保湿を目的として開発されているので、必然的にハンドクリームの方が保湿性が高くなりがちなのです。

ハンドクリームは香りの種類も豊富にあるので、つわりで受け付けない匂いなどがなければお気に入りの香りのクリームを使うのも良いと思います。

使い方
  1. ハンドクリームを適量手のひらに取り、手のひら全体に良く広げてから体に塗る。(手のひらでよく広げることで伸びがよくなります)
  2. 塗り終わったら手のひら全体で包み込むようにさわり、成分を浸透させる。
おすすめのハンドクリームは、ニベアクリームやロクシタンのクリームです。ニベアクリームはどこでも比較的安価で手に入りますし、ロクシタンのクリームは様々な香りがあって楽しむことができます。

ただし、特別にあかぎれなどの手荒れに特化したような商品は避けた方が良いでしょう。お腹の赤ちゃんに影響はありませんが、保湿よりも薬的な意味合いが強くなります。

無香料で敏感肌でも産後でも使える!ワセリンは万能のクリーム

全身に使える保湿クリームで、薬局に行けば大抵置いてある商品がワセリンです。病院では「プロペト」と呼ばれていますが、基本的に同じものです。

ハンドクリームとして使っている人もいますが、唇のケアやネイルケア、乾燥してしまったかかとの保湿やあかぎれのケア、化粧水の代わりに肌に潤いを与える、などなど、使い道は幾通りもあるまさに万能クリームです。

しかも、産婦人科の中にはワセリンを乳首のケアに使っている病院もあるほど、母体にも赤ちゃんにも無害で保湿性が抜群に高いものなのです。

私自身、妊娠中に肌質が変わって敏感肌になってしまったため、顔から足先に至るまで全身の保湿ケアは全てワセリンに頼っていました。

ワセリンの使い方は、上記のハンドクリームの使い方と全く変わりません。

ワセリンを使うメリットは、薬局に行けば絶対手に入る手軽さと無害で保湿効果がかなりあることです。

しかし、あくまで保湿のみになるためプラスアルファの効果(しわを伸ばす、香りが楽しめるなど)は全くないので注意しましょう。

敏感肌で何をしてもイマイチ…そんな時は皮膚科を受診

妊娠中は身体の至るところが急激に変化し、体質自体が変わってしまう人もたくさんいます。それに伴って、肌質が大きく変わってしまう事も少なくありません。

元々敏感肌の人はもちろん、妊娠してから肌がなんとなく変化してしまいいつもの化粧品もダメになってしまった、何をつけても乾燥してしまう…といった悩みがある場合、思いきって皮膚科へ行ってみましょう。

先にも書きましたが、私自身妊娠中に肌質が劇的に変化してしまい、どんな敏感肌向けの化粧品でも受け付けなくなり途方にくれたことがありました。

その時に思いきって皮膚科へ行ったところ、保湿クリーム(プロペト)の処方だけでなく化粧品選びのアドバイスもして頂けて、一気に悩みが解決したことがあります。

妊娠線のケアごときで…と思うかもしれませんが、妊娠線は皮膚のトラブルです。皮膚のスペシャリストである皮膚科の先生に聞けば間違いありません。

クリームやオイルに頼らなくても!お風呂で出来る妊娠線予防

妊娠線は皮膚の代謝がよくなかったり、血流が滞ってしまうと出来やすくなるとも考えられています。さらに脂肪が多い所に出来やすい理由も、この代謝に関係していると考えられています。

お風呂に入る時はなるべく湯船に浸かるようにすると、肌の代謝が上がるだけでなく皮膚の組織自体が柔らかくなり、古い角質が取れやすくなるなど良いことがたくさんあります。

さらに、体中の血流がよくなるので、皮膚の血流が良くなるだけでなく妊娠中になることが多い冷え症の予防やむくみの予防改善にもつながります。

体を洗う時にも妊娠線予防を意識して一工夫しましょう。

妊娠線が出来やすいと言われている体の部位(お腹、腰回り、太ももなどの脂肪が多い部分、胸)は、たっぷりの泡で優しくマッサージしながら洗いましょう。

スポンジを使ってくるくると優しく撫で、ボディタオルであればごしごしと擦らずに片手で持てるようにタオルを畳んで撫でるようにしましょう。

自分では手が届きにくい場所は、思いきって旦那さんや上のお子さんに洗ってもらうのも良いでしょう。産前のスキンシップとしてもおすすめです。

お風呂の中は蒸気によって湿度が高い中で肌ケアが出来るだけでなく、温度が高く毛穴が開いている状態でケアが出来る絶好の場所です。

しかも日課である入浴時に身体を洗うだけで自然と妊娠線の予防につながるので、一石二鳥なのではないでしょうか。

妊娠線ケアを気軽に取り入れるのが継続のコツ

妊娠線のケアというと、専用の製品を買わなければいけないと思っていたり、面倒だと感じたりと、思わず構えてしまってなかなか手を出せないという方も多いと思います。

しかし、実際には日常的に無理なく出来る事から始めていけば良いものであり、身構える必要は全くありません。

もし手軽に出来るところから始めた内容だけでは物足りなく感じることがあれば、その時に専用の商品を期になる部分にだけ取り入れる…というのもかなり効果的な妊娠線の予防法になります。

一番大切なのは、何を使ったかよりも継続できたかどうかです。

妊娠線のケアを自分に合った方法で継続していくことで、妊娠線知らずのマタニティライフが遅れると良いですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ