- 美味しい物を食べて大満足!妊娠中でも食生活が乱れない秘訣 | MARCH(マーチ)

美味しい物を食べて大満足!妊娠中でも食生活が乱れない秘訣

2015/04/27

39shutterstock_250111567

妊娠中は栄養バランスを考え、健康に良い食生活を送ることが基本になりますので、妊娠前のように好きな時に好きな物を食べる生活は難しくなるものです。

しかし、だからといって我慢続きの食生活を強いられるわけではありません。視点を変えるだけで、我慢なく美味しい食生活を満喫することができるのです。

妊娠中の食生活の楽しみ方

妊娠すれば、確かに我慢しなければならない物はあります。しかし、食文化の栄えた現代では、まだまだ知らない美味しい物はたくさんあるのです。

妊娠を機に、体に負担をかけず、かつ美味しい食べ物探しを始めてみましょう。

妊娠するとグルメになる!?

妊娠中は健康志向が第一ですが、だからといって貧しい食卓になるわけではありません。健康第一というと、毎日サラダとご飯と少しのメイン料理というダイエット料理を思い浮べるかもしれません。

お菓子も食べられず、焼肉やステーキを食べに行く時のような高揚感はしばらく得られないと悲しくなる人もいるでしょう。しかし、例えばサラダ一つとっても、種類は無数にあります。

自分で作るのであれば、シンプルな野菜だけのサラダもあれば、チーズや鶏肉、アボガドとエビ、パスタサラダもあれば、トルティーヤでサラダを包む食べ方もあります。

デパ地下などお惣菜売り場を見れば、メイン料理にもなるサラダがたくさんあります。

サラダ一つとっても、1年間、毎日違うサラダを食べることができるだけの種類と味わいがあるのです。

制限は食の世界を広げてくれる!

妊娠中は食事の制限があり、我慢することが多くなるように思われますが、実は制限があることで食の世界が広がりやすくなるメリットがあります。

普段、何も制限のない中で生活していると、私達は同じ物を食べることが多くなるものです。お気に入りのお店、メニュー、レシピを繰り返し選んでいることが多く、新しい食材や料理にチャレンジする機会は少ないのです。

意識して自分の食生活を振り返ってみると、買い物に出かけても、同じようなルートで同じような食材を手にしていることに気づくことでしょう。

一方、食事に制限があることで、食べられる範囲でより美味しい物を探そうとするため、かえって食の世界は広がるのです。

健康志向の食事は決して、貧しい食卓でも、美味しい物を我慢する生活でもないのです。これまで意識しなかった料理に目を向けるチャンスと捉え、妊娠中の食生活を楽しんでいきましょう。

一つのジャンルを掘り下げよう

妊娠中の食生活を楽しむ秘訣は、一つのジャンルを深く掘り下げていくことです。 例えば、サラダの例でも分かるように、一口にサラダといっても食材の組み合わせ次第で種類は無数に広がります。

同じように、おにぎりを作るにも中に入れる具材やご飯の味付けを変えることで、種類は豊富にあります。ふりかけ一つとっても、お店にはたくさんの種類が売られているので、それらを試すだけでも大変な数になるでしょう。

油分が少なく、体にも良いと言われる鶏ささみも、鶏もも肉の変わりとして食べるのであれば、あまり好きになれないかもしれませんが、鶏ささみを活かしたレシピで作れば、美味しい鶏ささみ料理のレパートリーはぐんと広がるのです。

妊娠中にお勧めのおやつタイム

妊娠中は油分だけでなく、糖分も控える必要があるため、これまでのように気軽にお菓子やジュースを飲むことは難しくなります。

しかし、妊娠中でもお菓子やお茶の時間を楽しむ方法はたくさんあるのです。

お菓子を我慢しない方法

ケーキやプリンなど、女性にとって甘い物は欠かせない存在です。妊娠してから無性に甘い物が食べたくなったという人もいますので、お菓子を食べたくなる機会が格段に増える人も少なくないでしょう。

妊娠中は健康志向が第一ですが、体が求めている物を食べることも大切ですので、甘い物が食べたいのであれば、我慢せずに食べることも大切です。

しかし、一方で糖分の摂り過ぎは体に負担がかかってしまうため、気を付けなければなりません。

そこでお勧めなのが、食べたい物を我慢して頑張るのではなく、食べられる物を探すことにエネルギーを注ぐことです。

体に良いケーキもある!

ケーキというと、卵や乳製品、白いお砂糖がふんだんに使われた、体に良くないお菓子というイメージが強いものです。

しかし、今は卵も乳製品も砂糖も使わずに作られているケーキはたくさんあります。かぼちゃやほうれん草、ニンジンや小松菜を使った野菜ケーキはもちろん、ガトーショコラやチーズケーキなども、健康志向のケーキはあるのです。

それも、卵や乳製品が使われず、野菜が含まれているようには思えないため、これまで食べていたケーキと同様におやつタイムを満喫することができます。

これはケーキだけに限りません。プリンでもクッキーなどあらゆるお菓子の中で、体に良い素材を使って作られたものがあるのです。

こうした健康志向のお菓子は、インターネットで検索するとたくさんの種類を見つけることができます。妊娠中でもお菓子は我慢せず、体も喜ぶお菓子探しを楽しみましょう。

飲み物の楽しみ方

妊娠中は、お酒はもちろんのこと、コーヒーや紅茶といったカフェイン飲料、糖分の多いジュースは控えなければなりません。

しかし、これまでコーヒーしか飲んでいなかったのであれば、妊娠中は代わりに新しいジャンルの飲み物を楽しむ機会でもあるのです。

例えばハーブティーです。ハーブティーは種類が豊富にあり、妊娠中でも飲めるので日替わりでお茶の時間を楽しむことができます。

また、黒豆茶やタンポポ茶、マタニティ期でも飲める番茶など、妊娠中でも飲めるお茶は種類がたくさんありますので、様々なジャンルのお茶を楽しんでみましょう。

妊娠中は新しい食発見!

妊娠中は我慢が多いように感じますが、これはこれまで食べていた食事以外のジャンルにトライするチャンスでもあるのです。

まだまだ食べたことのない料理、食材はたくさんあります。妊娠中は新たなお気に入りを発見する良い機会になりますので、是非楽しみながら食の世界を広げていきましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ