- 妊娠中は味覚が変化!とまらない食べ物と駄目な食べ物とは? | MARCH(マーチ)

妊娠中は味覚が変化!とまらない食べ物と駄目な食べ物とは?

2015/02/05

shutterstock_195215243
妊娠中はなぜか以前大好きだった食べ物が食べられなくなったり、今まであまり食べなかったものがすごく食べたくなったりします。

妊婦は味覚の変化が起こる事が多く、その時期だけものすごく食べたくなる食品があります。

では、みんなは妊娠中どんな食べ物がとまらなくなったのか?駄目になったのか?ママから聞いたお話を紹介します。

とまらなくなったもの

つわりであっさりしたものしか食べられないというものと、妊娠時期特有の味覚変化により食べたくなったという2種類の理由があるようです。

マクドナルドのポテト

しょっぱいものが無償に食べたくなった!
ポテトとコーラのセットが鉄板!食べ過ぎて太りました

果物ゼリー

コンビニで売っている果物が沢山入ったものがとてもあっさりしていて美味しい。つわりがひどいときはこればかり食べていた

ガリガリ君

ソーダ味やなし味のあっさり系を食べるとつわりの気持ち悪いのが少しすっきりする気がする!

アイスの実

夜中に無性に欲しくなり無理矢理、旦那を起こして買いに走ってもらった。

トマト

酸味があり、冷やして食べると食べやすくて毎日食べていました。
冷蔵庫からだして、そのまま食べられるし、太らないからよく食べました。

みかん

妊娠前はあまり食べなかったのに、大好きになって実家の三重県から箱で送ってもらって出産するまでに一人で食べきった。

炭酸飲料

ゲップをすると胸のむかむかがスッキリとするので、ゲップをするために飲んでいたようなもの。
炭酸のしゅわしゅわで喉がすっきりするから飲んでいた。

梅干し

おかずがほとんど食べられなくて、ご飯と梅干しばかり食べていました。酸っぱいし、しょっぱいし、すごく食べたくなった。

新しょうが

自分の母も妊娠中に新しょうがを食べていたらしい。食べるとすっきりするのでいつも持ち歩いていた。
無性に食べたくなって、通勤途中にスーパーによってぼりぼりかじりながら会社に向かった。

寿司

回転寿しなら食べたい分だけ自分で調節して食べられるのでよく食べにいきました。

脂っこいにもかかわらずポテトはとても意見が多かったです。

とまらなくなったものにはしょっぱいもの、すっぱいものが多いですね。とにかく、つわりの気持ち悪さを軽減してくれるような食べ物が全体的に多いです。

駄目になったもの

全体的に、においの強いものが駄目になることが多いようです。妊娠中はにおいにもとても敏感になります。

コーヒー

スタバが大好きだったのに全く欲しいと思わなくなった。
妊娠するまでは大好きで毎朝飲んでいたのに、つわり中は無理になってしまった。出産したらまた好きになった。

お茶

味のある飲み物が無理になって、水ばかり飲んでいた。特にフレーバー強いお茶は匂いを嗅ぐのも気持ち悪い。

揚げ物

脂っこいもの全般が全く受け付けなくなった。

カレー

つわり中のムカムカがひどくなるので無理でした。
匂いがきつくて吐きそうになってしまう。

ポムの樹のオムライスが大好きだったのに卵がなぜか食べられなくなった。産まれてきた娘は卵アレルギーだった。何か関係あるのでしょうか。

魚介類

魚は焼いても、生も駄目になった。匂いが特に苦手だった。

やはり匂いの強い食べ物や脂っこい食べ物は駄目になることが多いです。しかし、なぜかポテトは揚げ物にも関わらず、とまらなくなったものに多かった意見です。

妊娠中は栄養バランスの良い食事を心がけるように言われますが、つわりがひどい時期はなかなか難しいですね。身体が辛く、自分で作る事が出来ないばかりか、食べる事さえ難しい時期です。

ほんの少しの期間だけなので、食べたいものを食べたいだけ食べる事が辛いつわりの時期をのりこえるポイントなのかもしれません。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ