- 出かけたいけどお腹が心配・・妊娠中の外出はいつまでなら大丈夫? | MARCH(マーチ)

出かけたいけどお腹が心配・・妊娠中の外出はいつまでなら大丈夫?

2014/03/29

妊娠中も健診や買い物、上の子が幼児だと幼稚園や保育園への送迎など外出する機会も多いものです。また、用事がなくても出産するとなかなか外出できないから、外食や家族旅行、友人とのランチなど外出したいと思いますよね。

しかし、お腹に赤ちゃんがいる身なので、外出先で突然出血や破水したり、陣痛が来るなど不測の事態が起こることがあります。妊娠中は、どの時期までなら、どの位の距離までなら外出できるのかは、気になるところです。

泊りがけで遠出する旅行は、妊娠初期だとまだ流産の危険性が高いので避けましょう。安定期に入った妊娠5ヶ月の16週目位から、妊娠8ヶ月始めの28週目ころまでにしておきましょう。

妊娠経過に異常がないことが前提ですが、医師に相談して、許可をもらうことが大切です

体調が良ければ2、3泊位の旅行も楽しめますが、長時間人混みにいたり、歩き続ける、立ちっぱなしなど、体に負担のかかるような場所はやめましょう。適度に休憩を入れながら、ゆとりのある旅行プランにしましょう。

ただ安定期でも海外に不慣れな人の場合は、海外旅行は避けたほうがよいでしょう。近場の1泊程度の旅行の場合は体調がよければ、臨月に入る35週目まで位なら許可が出ることもあります。

また、臨月に結婚式や披露宴に出席するか否かを迷う妊婦さんも多いですよね。どうしてもお祝いしたいという気持ちもありますが、臨月に入っているといつ産まれてもおかしくない時期になります。

体調が良くて会場が近くても、式中に万一陣痛が来てしまったり、破水するなんてことになれば結婚式どころではなくなります。お腹の赤ちゃんのことを一番に考え、欠席してお祝いを送っておくことをおすすめします。

買い物や友人とのランチも、できれば臨月に入るまでにしておくと安心です。散歩や上の子の送り迎えなどは、体調がよければ予定日頃まで出かけてもよいでしょう。

無理は禁物ですが、予定日が近くなっても出産傾向が見られない場合は、ある程度体を動かすことで陣痛が促されることもあります。

ただ、近くであっても出先でいつ何が起こるかわからないので、携帯電話など妊婦さんが持っておいたほうがよいものはいつも持ち歩きましょう。

また臨月に入ってどうしても出かける必要がある場合は、一人では行かないで家族に付き添ってもらい、短時間で済ませましょう。出産予定日を過ぎたら、よっぽどのことがない限り外出は控えたほうが無難です

初産の場合だと大事を取って外出を控える人も多いですが、経産婦だとこれ位は大丈夫だと油断して、外出先で出血して流産しかけたり、産まれかけたという人もいます。特に妊娠初期と臨月は、無用な外出は控えるようにしましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ