- 妊娠週数で異なる妊婦検診の回数~いつ頃何回くらい受ければいいの? | MARCH(マーチ)

妊娠週数で異なる妊婦検診の回数~いつ頃何回くらい受ければいいの?

2014/04/26


妊娠の可能性がある場合、まず市販の妊娠検査薬で陽性が出てから産婦人科に初めて診察に行くという人が多いですよね。初診で妊娠が判明してからは、赤ちゃんの様子と母体の体調の変化をチェックするためにも、定期的に妊婦検診を受けることになります。

どの位の頻度で通えばいいかよくわからないという人もいると思います。診察後に、次はいつ受診すればよいかを教えてくれる病院もあります。また妊婦検診の頻度は、妊娠週数が進んでいくと頻度も増して行きます。

まず、尿検査をして妊娠が判明しても、妊娠週数が短いとまだ胎のうというお腹の中で赤ちゃんを包む膜や、赤ちゃんの心拍が確認されなかったり、流産のリスクもあります。胎のうや心拍が確認できるまでは、1週間に1回もしくは2週間に1度回位の間隔で、検診に来るように医師から言われる場合もあります。確認できれば、8週から12週位までは2週間に1回になる病院が多いようです。

8週から12週以降、妊娠6ヶ月にあたる23週目位までは、安定期に入るので4週間に1回の受診になります。前回の検診から1ヶ月も空いてしまうと、お腹の赤ちゃんが元気か心配になってしまったり、エコーで赤ちゃんの様子が見たいと思う妊婦さんもいるでしょう。この頃になると、胎動が感じられるようになるので、赤ちゃんが動いていれば元気な証拠にもなるので、あまり考えすぎないで気楽な気持ちで過ごしましょう。

ただ、腹痛や出血、継続的な強い張りを感じるなどいつもと違う異常がある場合は、次回の検診を待たないで早めに受診するようにしましょう。

そして妊娠7ヶ月にあたる24週目から、妊娠9ヶ月の終わり35週目までは2週間に1回になり、検診の間隔が短くなります。更に、臨月の妊娠10ヶ月が始まる36週目から出産日までは、1週間に1回は検診に通うことになります。上に挙げた妊婦検診の頻度は、厚生労働省が勧めるスケジュールなので病院によっては若干違うこともあります。

例えば状態が安定しているから、妊娠7ヶ月目も検診は4週間に1回とする病院もあります。妊婦検診は出産日まで大体全14回の受診を目安とされているので、妊娠3ヶ月となる8週目あたりを初診と考えるとちょうど前記のようなスケジュールになります。

ただ、双子や三つ子などの多胎妊娠や、早産の疑いがあるなど何らかのリスクを抱えている場合は、初期でも2週間に1回、中期以降は1週間に1回の間隔で受診を指示されることもあります。

みんなのコメント
  • りさちんさん

    初産でわからないことばかりだったので、とても参考になりました。まだ妊婦6ヶ月で、検診も1ヶ月間隔で毎日とても不安ですが、元気な赤ちゃんに会えるよう頑張ります。ありがとうございました。

あなたの一言もどうぞ