- 妊娠しやすい体を作ろう!パパとママに必要な栄養と食生活の勧め | MARCH(マーチ)

妊娠しやすい体を作ろう!パパとママに必要な栄養と食生活の勧め

2014/12/28

shutterstock_178392425_

妊娠しやすい体作りというと、ママの体のことばかり考えてしまいがちですが、パパの体も健康体でなければなりません。

ママとパパ、二人で妊娠しやすい体作りを考えていきましょう。

ママに必要な栄養素はこれ!ポイントを抑えた食生活の勧め

妊娠しやすい体作りのためには、栄養バランスの摂れた食生活を心掛けることが基本です。しかし、栄養バランスの摂れた食生活と言っても、何が必要で、どうバランスを摂ればいいのか分からないという人は多いと思います。

妊娠のためにと、栄養の勉強を始める人もいるかもしれませんが、頑張りすぎてしまうのもストレスになります。 また、栄養にこだわりすぎてしまうと、食事をするのが苦痛になってしまいます。

ポイントを抑えて、食事を楽しみながら無理なく栄養バランスを整え、妊娠しやすい体作りを目指していくことが大切です。

三大栄養素ではなく目指すは五大栄養素!

私達の体が正しく働くには、三大栄養素が必要になってきます。

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質

妊娠しやすい体作りのためにも、この三大栄養素を意識した食事を心掛けることは大切です。

しかし、この三大栄養素にビタミンとミネラルを足した、五大栄養素が元気な赤ちゃんを妊娠するために欠かせない栄養素なのです。

  • 糖質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • タンパク質

栄養バランスを考える時は、この五大栄養素がまんべんなく入っているか心がけて毎日の食生活を整えていきましょう。

五大栄養素がなぜ妊娠しやすい体作りに必要なのか?

五大栄養素にはそれぞれに大切な役割があり、健康のためにも、妊娠しやすい体のためにもとても大切な栄養素なのです。

五大栄養素をバランスよく取り込むことで、エネルギーを得て、体の組織作りがスムーズになり、体の調子を整えて正常に働かせることが出来るようになるのです。

それぞれの働きへの理解を深め、意識しなくても五大栄養素の含まれた食事を取れるようになりましょう。

エネルギーの源である糖質

糖質は体や脳の直接的なエネルギー源になる栄養素です。
いわば、命を動かすガソリンのようなものです。

糖質と聞くと、甘いお菓子を思い浮かべるかもしれませんが、健康のために必要な糖質は炭水化物から摂るのが一番です。

炭水化物には体のエネルギー源となる糖質だけでなく、食物繊維を多く含まれている食材が多く、少しの量で満腹感を得られるだけでなく、便秘を防いだり、腸の働きを正常にしたりと、体を快調に動かしていくにはとても大切な栄養素なのです。

体の組織作りに欠かせないタンパク質

タンパク質は皮膚や髪、内臓や筋肉など体を構成する細胞やホルモンや酵素を作るために欠かせない栄養素です。

タンパク質は体に取り込まれると、分解されてアミノ酸へと変化し、細胞やホルモンの働きを促進させていくのですが、アミノ酸は体で作ることができないので毎日の食事から体に取り込んでいく必要があるのです。

お肉や魚、乳製品など、ダイエットしている人は出来れば避けたいと思う食材の中に、タンパク質は豊富に含まれています。

その為、女性は特にタンパク質不足に陥りやすいのです。しかし、タンパク質は妊娠のためだけでなく、美しい肌や髪、健康体維持のためには欠かせない栄養素ですので、積極的に取り入れていきましょう。

脳や体を正常に動かす円滑湯となる脂質

女性にとって、脂質は敵であり、無くても良いものと思っている人は多いものです。

しかし、脂質がなければ脳を機能させることも、必要な栄養素を体中に運んでいくこともできないのです。

脂質はビタミンを働かせるために必要な栄養素で、脂質があるから食べた物を消化したり、栄養を吸収したりできるのです。さらに臓器や骨、神経を守る働きや体温調節を行う役割も脂質にはあるのです。

もちろん、脂質の摂りすぎは健康にも妊娠のためにも良くありませんが、お肉や魚に含まれる脂質、オリーブオイルやアボガドに含まれる良質な油であれば、健康を害するどころか、健康にする働きをしてくれるのです。

脂質は敵ではなく、味方になってくれる存在であることを理解しておきましょう。

健康体を機能させるために必要なビタミンとミネラル

妊娠しやすい体作りのための健康体を考えた時、健康な体を作ることにばかり意識が向いてしまいがちですが、妊娠するためには「健康な体であり、健康な体が上手く機能している」状態が必要なのです。

つまり、三大栄養素によって健康な体を作り、ビタミンとミネラルによって体を機能させていくのです。これが五大栄養素の関係です。

ビタミンは体に必要なエネルギーや栄養を効果的に運び、使い、体を機能させる働きがあります。ビタミンは縁の下の力持ちと言えるでしょう。

そしてミネラルは、カルシウムや鉄、亜鉛やカリウムなど様々な種類がありますが、骨や血液といった、体を作る基礎ともなる栄養素です。

ビタミンやミネラルというと、美容のために必要な栄養素のイメージが強いですが、実は生命維持にも、健康体のためにも、そして妊娠しやすい体作りのためにも、欠かせない栄養素なのです。

パパに必要な栄養素!今日から始められる食生活の勧め

ママと同様に、パパも五大栄養素を意識した食生活が大切なのはもちろんですが、そこに加えて特に意識して取り入れてもらいたいのが亜鉛です。

妊娠の決め手は亜鉛にある?

亜鉛は男性には欠かせない栄養でもあり、精子の形成や働き、前立腺の働きを正常に作用させていくのに必要なのです。

亜鉛が不足していると、生命体としての力が弱まってしまうため、男性の不妊にも繋がるのです。

外食の多い人は特に亜鉛が不足してしまいやすいので、毎日の食事から意識して取り入れるようにしましょう。

仕事を頑張っている人ほど亜鉛が足りてない!

日々忙しく働いていると、どうしても外食やコンビニ食、ファーストフードやインスタント食品を食べる比率が高くなってしまいます。

こうした食生活には亜鉛の含まれている量は極端に少なく、亜鉛が不足しがちなのです。

それに加えて、忙しい毎日のストレスを緩和しようと、お酒を飲むことも増えるでしょう。
アルコールを分解するには亜鉛が必要になります。

つまり、日頃から亜鉛不足の所、ストレス解消でお酒を飲むことで亜鉛は不足どころかマイナス状態になってしまうのです。

亜鉛にはアルコールを分解するだけでなく、血糖値を下げる役割もあります。亜鉛が不足すれば、血糖値は安定を保つことが出来なくなり、低血糖症にも繋がるのです。

栄養バランスの摂れた食生活を心掛けることが基本ですが、男性はそこへ、特に亜鉛を意識して食を取るようにしていきましょう。

外食の多いパパでも無理なく亜鉛を取る方法

亜鉛を意識し、栄養バランスの取れた食生活を意識するといっても、仕事で忙しい人にとって、外食を無くすことは現実的にとても難しい問題です。

そこで、外食しても亜鉛や五大栄養素を上手く摂れる方法があるのです。それはメニュー選びです。

お昼にラーメンやうどんなど麺類で済ませてしまう人は多いと思いますが、麺類は炭水化物ばかりで他の栄養素が摂りにくいのです。そこで、麺類など単品料理を選ぶのではなく、定食や単品料理に副菜をプラスするようにしてみましょう。

また、ファーストフードやインスタント食品を食べる機会の多い人は、メインはそのままでサブメニューを変えることを意識してみましょう。

メイン料理はそのままで、サブメニューとしてポテトや揚げ物を選んでいた人はサラダに変える。インスタント食品だけでなく、サラダや果物も追加する。

このように、外食生活を大きく変えなくとも、メニュー選びを工夫することで、栄養バランスを整えていくことはできるのです。

少しずつでも良いので、パパも日々の食べ物を意識して改善していきましょう。

妊娠しやすい体作りは食事の仕方にもポイントがある!

妊娠するには、ママとパパの毎日の食生活を改善し、妊娠しやすい体作りを考えていくことが大切です。

その上で、さらに意識してもらいたいのが、食事の仕方です。

食べる順番で血糖値の上がり方は変わる

栄養バランスの良い食事をしていても、食べ方を間違えては効果が半減してしまいます。

良く噛んで栄養吸収率を高め、血糖値を急激に上がらないように食べる順番を考えていきましょう。

良く噛むことは簡単に出来そうですが、実際はとても難しいものです。特に、普段から慌ただしく食事をしている人は噛まずに食べる癖がついているので、意識していても、気づいた時には食事が終わっていたということが少なくありません。

まずは、食事の時間にゆとりを持たせることから始めましょう。

そして、血糖値を急激に上げない食べ方ですが、食物繊維から食べるようにしてみましょう。食物繊維を多く含まれる食材から食べ、その後タンパク質を含む食べ物、最後が炭水化物など糖質の多い食材を食べるようにするのです。

食べる順番を変えるだけで、血糖値の急上昇を防ぐことができるのです。

良く噛んで時間を食べること、食べる順番を意識すること。今日から、この二つを意識して食事をしてみましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ