- 子供の熱が下がると機嫌が悪くなった!まだ調子が悪い証拠なの? | MARCH(マーチ)

子供の熱が下がると機嫌が悪くなった!まだ調子が悪い証拠なの?

2015/04/20

2shutterstock_223829905

子供はよく熱を出しますね。高い熱で赤い顔をして寝ている我が子を見ると心配で、どう看病してあげるのがいいのか、何か重い病気だったらどうしようと精神的に疲れてしまうママも多いのでは?

でも熱が下がって「やった!」と安心したのに、今度は子供の機嫌がとっても悪いことってよくあることなんです。これって何が原因なのでしょうか?対処法も併せてご紹介します。

ご機嫌ナナメの理由

では考えられる不機嫌の理由を挙げていきましょう。

熱のストレスを発散!

熱を出して寝ている間はじっとしていますが、体はとても疲れていますよね。これって自分の状況を把握できない子供にとって精神的に非常に大きなストレスなわけです。

我が家の子供たちも熱が下がった日には超機嫌が悪いことが何度もありました。熱が出ている間は病気であるストレスを溜めこんでいて、それを一気に発散しているような感じに思えました。

何となく病気というものを理解してきた頃から少しずつ、この超不機嫌が出てこなくなっていきましたね。

甘えている?

熱を出している間は優しく看病してくれていたママが熱が下がった途端に「もう大丈夫ね!」とあまり自分の世話をしてくれなくなった…。

ママの愛情を独り占めしていたように感じていた子供は「もっとこっちを見て~!」と甘えてアピールしているのかもしれません。

熱を出して病気をやっつけた体は体温計の数字には表れてきませんが、とても疲れています。まだまだいつも通りには動けないんです。今までは自分でできていたことも「出来ない!」「ママがやって!」となってしまっても仕方ないんですよね。

まだ何かある!

たとえば突発性発疹のような病気では熱が下がってから発疹が出ますので、かゆくなって(かゆくならない方が多いのですが)機嫌が悪いということは十分にあり得ます。インフルエンザの場合でも体力の回復にはかなり時間がかかりますよね。

またとても多いのが中耳炎。最初は風邪でも鼻から耳へと病原菌が移ってしまいやすい子供の場合、熱の後に耳に症状が出ることがとてもよくあります。

中耳炎は夜中に痛くなることが多いので、いきなり号泣する、何をしてもなかなか泣き止まないような場合には中耳炎を疑うと良いでしょう。次の朝になると平気になっていることもありますが、受診して耳の中を調べてもらいましょう。

どうすればいいの?

ではこんな不機嫌な子供を前に、ママはどう対処すればいいのでしょうか?

まだ病人だと思うこと

熱ってハッキリと数字で表れてしまうので、ついつい上がった下がったと一喜一憂してしまうものです。

でも病気の状態ってそれだけで測れるものではありませんよね。「熱が下がる=治った」というわけではないんです。

お子さんの体の状態や機嫌の変化、ちょっとした仕草から「もしかしてここがまだ調子悪い?」というところが見えてくるかもしれません。熱が下がるとつい安心してしまいますが、まだどこかに症状が残っているはずという気持ちでお子さんを見ましょう。

気持ちに余裕を持って

「熱が下がったのに何でこんなに機嫌悪いの?」とママが思ってしまう、イライラしてしまうことで子供の機嫌はもっと悪くなっていきます。

「こんな小さな体で熱を出して頑張って病気をやっつけたんだな」また「熱が出ていたのに本当によく頑張ったな」という気持ちでお子さんを見ることで気持ちに余裕が生まれてきます。

そうするとお子さんの不機嫌にも大らかな気持ちで対処することが出来るものです。「まだどこか痛いの?しんどいの?」と不安げに話してしまうとお子さんはもっと不安になって機嫌はますます悪くなるでしょう。

「お熱しんどかったけど、よく頑張ったね。今日はお家でゆっくりしようね」と優しく話しかける、甘えさせてあげることでお子さんはとても安心することが出来ますよ。

熱の間に覚悟して

熱を出している間って夜中も気になって何度も目を覚まして、解熱剤を使うべきか悩んだり、のんきにぐ~ぐ~寝ている旦那さんにイラッとしたりして、ママもとってもストレスを抱えて疲れてしまっているものです。

熱が出ているんだから私は睡眠時間を削って、頑張って看病する!と意気込むのは当然なんですが、お子さんが落ち着いて寝ているなら日中に家事がたまっていても一緒に寝るようにしましょう。

私も数回熱が下がってからの不機嫌を経験してから「下がったらアレが来るな」と覚悟して、熱が下がる日に向けて体を休めるようにしていました。心構えをしておくだけでも機嫌の悪い我が子に余裕を持って接することができるものです。

またこれには看病疲れで体力が落ちてお子さんの病気が移ってしまうことを避けるという大事な意味もあります。ママが寝込んでしまったら大変!少しずつでも眠って体力を温存しておきましょう。

一緒にイライラしないで

お子さんの看病って本当に疲れてしまいますよね。熱の他にも症状があったり、複数のお子さんが病気になってしまったりするともうぐったりしてしまいます。

そこに追い打ちをかけるような不機嫌な時がやってきても、少し我慢してイライラせずによく様子を見てしっかり甘えさせてあげてください。

そうすれば早く元気になっていつものかわいい笑顔を見せてくれるようになりますよ!あと少し、頑張りましょう!

みんなのコメント
  • かずとままさん

    大変参考になりました☆

  • 無記名さんさん

    参考になりました!ありがとうございます☆彡

  • れいままさん

    大変参考になりました(^^)
    今まさにその時で、検索していたところ
    こちらを拝見しました。
    ありがとうございました(^^)

  • 無記名さんさん

    いままさに不機嫌真っ只中です
    上の子も似たようなことがあってお医者さんでみてもらっても異常なしで私が不安を訴えてもあまり相手にしてもらえなくて💦
    2人目も同じになるとは思いませんでした こちらをみてもう少しと言ってもらえて、ホッとして泣きそうになりました😭

あなたの一言もどうぞ