- 寝かしつけにもう手放せない? つけたままママ続出・エルゴの魅力! | MARCH(マーチ)

寝かしつけにもう手放せない? つけたままママ続出・エルゴの魅力!

2014/02/06

17gf2230148883l
赤ちゃんを育てるというのは、何と言っても大変なものです。ママさんは1日中てんてこまいで、自分のご飯を食べたり、睡眠をとることさえ全くままならない日々が長く続きます。

もちろんママさんには、赤ちゃんのお世話だけでなく、他にもやらなければならないことが数多くあります。家事はできるだけ手を抜いて……と言っても、手を抜ける範囲にも限度がありますよね。

ですので、育児に関する便利グッズは、「使えるものは全て使う!」意気込みでいるママさんたちも少なくないことかと思います。そこで今回は、寝かしつけの強い味方をご紹介したいと思います。

驚くくらいに寝てくれる魔法のようなアイテム「エルゴベビー」

エルゴベビーは、寝かしつけのグッズではなくベビーキャリーです。ベビーキャリーとは、昔ながらの言葉でいうところの「抱っこ紐」です。

例えば買い物に出掛ける時や、もっと遠出だったりイベントだったりで出歩いている時間が長い時、または家事を行う時、赤ちゃんを抱っこしておけるためのアイテムです。

エルゴベビーは、その「疲れにくさ」で大きな評価を得ている大人気商品ですので、街中でも、少し注意して見れば多くのママさんが身につけているのを見ることができると思います。太めの肩ベルトと腰ベルトのある、要はエルゴノミックタイプの、多機能型のベビーキャリーです。

これに赤ちゃんを入れて歩くと、ウソの様に、赤ちゃんが眠りについてくれるのです。

エルゴベビーを新生児から使うには

エルゴベビーは、基本的には首のすわった頃から利用するための抱っこ紐です。しかし別売りで「インファントインサート」というものが用意されていて、これを利用することで、新生児からエルゴベビーを使うことができるようになります。

エルゴベビーでは、どうして赤ちゃんが寝てくれるのか

お腹が空いていたりおむつが汚れていたり、といった場合はもちろん別ですが、そうでない場合エルゴベビーは、まるで「魔法のように」赤ちゃんの寝てくれる抱っこ紐です。なぜ、こんなにも寝てくれるのでしょうか。

一番の理由は「装着者との密着感」でしょう。装着者の肩・背中・腰への負担を軽減させるためにも、基本的には赤ちゃんと装着者は密着する形になります。装着者の体温をしっかりと感じられるこの密着感は、赤ちゃんにとって心地よいものなのでしょう。

また「歩く」というのも赤ちゃんにとって心地よいものなのだと思います。赤ちゃんは10ヶ月間、ママさんのお腹の中で、ママさんの様々な動き・振動を感じて過ごしてきました。歩くことで装着されている赤ちゃんに伝わる振動が、赤ちゃんを心地よい眠りへと誘ってくれるのです。

新生児を過ぎても無駄にならない便利アイテム・インファントインサート

このエルゴベビーを新生児から使えるようにするためのアイテムがインファントインサートですが、インファントインサートは、これ単品だけでも4000円程します。高いとは言いませんが、決して格安の買い物とも言えません。

そのため、エルゴは赤ちゃんの首がすわってから買おうか……と考える方も多くいらっしゃるかと思いますが、その判断は、少しもったいないように思われます。

寝かしつけに苦労するのは新生児のころも首すわり後も同じですが、特に初子の場合、新生児のママさんが精神的にも肉体的にも一番負担の大きな時期にこそ、「すっと赤ちゃんが寝てくれる」アイテムは必要なはずです。

これがあるだけで、少しでも休める時間が増え、「家事ができない」ストレスが僅かでも軽減すれば、産後のママさんには大きな救いとなることでしょう。またこのインファントインサートは、エルゴベビーの中に装着して使うだけでなく、単体でも利用することができます。

インファントインサートは、中につめてあるクッションに赤ちゃんが座る形にしてすっぽりと包み込みます。この「包み込む」形状が、エルゴベビーを使わない、さっと赤ちゃんを抱き上げる時にもその行為をより負担のないものにしてくれるのです。

また、適度に通気性のよいふかふかとした心地よい生地で作られていますので、おくるみとは違いますが、これで包むことによって、それだけでも安心してくれる赤ちゃんもいるようです。

以上、いかがでしたでしょうか。産前にぜひ用意しておきたい、もしくは出産する知り合いにはぜひプレゼントしてあげたいアイテムかと思います。

赤ちゃんを抱っこする、という、しあわせだけれど負担の大きな行為が、少しでも、しあわせなだけのものになって、ママさんも赤ちゃんも笑顔で過ごせる時間を増やせるといいですね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ