- 幼稚園時代、ちょっとしたことで起こる女の子の仲間はずれ乗り切り術 | MARCH(マーチ)

幼稚園時代、ちょっとしたことで起こる女の子の仲間はずれ乗り切り術

2014/04/25


幼稚園生活にも少し慣れ、仲の良いお友達もでき始めると、遊んでいる子供たちの中で自然発生的にちょっとした「仲間はずれ」が出てくることがあります。

男女ともに見られますが、男の子の場合はまだおもちゃの取り合いなどによるトラブルの方が多く、人間関係は至ってシンプル。でも女の子は年長にもなると、人間関係もだんだん複雑になってきます。

自己主張がはっきりしている子が始める「仲間はずれ」

自己主張がはっきりしている子、気の強い子が「あの子嫌い」「あの子は入れてあげない」と言い出すと、いとも簡単に「仲間はずれ」が行われるようになってしまいます。そしておとなしくて気の弱い子が「仲間はずれ」の標的になったり、あるいは気の強い子に取り込まれてしまい、一緒になって「仲間はずれをしてしまう」ということに陥るようです。

なぜわざわざその子について行くんだろう?

子供たちを見ていて思うのが、やはりリーダー格の子への憧れがあるということ。いつもその子についてまわり、嫌な事をされたり、我慢ばかりさせられたりすることも多いのに、それでもそばにいたい。なぜなら、その子と一緒にいると刺激があって、楽しいのです。

自分にない何かを持っているその子に、子供も惹かれてしまうのでしょうね。

自分の子供が「仲間はずれ」をしている場面を見かけたら..

もし、ふとした時に自分の子供が「仲間はずれ」のような言動をしているのを見かけたら、親としてはとにかくやめさせようと必死になると思いますが、「どうしてそんなことをしたのか」をまず聞いてあげてください。

もしかしたら「あの子は意地悪をするから嫌い」なのかもしれませんし、「○○ちゃんは思い通りにならないとすぐ泣くから嫌」という理由からかもしれません。子供には子供なりの理由があって、その意思表示の仕方が結果的に「仲間はずれ」を引き起こしてしまっていることもあります。そんな子供の気持ちに共感をしてあげた上で、「そういうときはどうしたらいいのか」を一緒に考えてあげましょう。

またよくあるのが、「プリキュアごっこをするのに、もう役がないんだもん。」「○○ちゃんと遊ぶ約束をしたからダメ。」というような場合。そんな時に大人が教えてあげられることは、子供が「こうでなければいけない」と思い込んでいるものを取っ払ってあげること、そして選択肢を与えてあげることだと思います。

「プリキュアごっこに同じ色の子が二人になってもいいんだよ!」「新キャラを作っちゃえ!!」と言ってあげたり、「今度遊ぶお約束をしよう!と言ってみたら?」とか「人数が増えてもいいように公園で遊ぶのはどう?」と声をかけるだけでもきっと違います。

そして、どうしても3人で家などで遊ぶ約束をしたいなら、それを聞いてて寂しく思う子がいないように、他の子のいる前でわざわざ約束をしないということも伝えましょう。

自分の子供が「仲間はずれ」にされたら..

「今日は3人で○○ちゃんちで遊ぶんだ~。」と言っているお友達の仲間に入れてもらえなかったときや、「入れて!」と言ったのに「ダメ!」と言われたとき、親としては本当につらく悲しい気持ちになることと思います。でも子供と一緒になって落ち込んでしまうと、子供にもそれが伝わってしまいますし、子供が実際に感じていた以上の出来事として子供の心を傷つけてしまいます。

そんなときは我が子に「今日は残念だったね。」と言ってあげましょう。そして「お友達は、ダメな理由をまだ上手に言葉で伝えることができないんだよ。」「○○ちゃんだったら、こんなときはどうやって伝えたらいいかなぁ?」と話をしてあげてほしいと思います。

子供のチャレンジを見守って!

我が子が意地悪をされて泣いていたり、きついことを言われて傷ついたりしているのを見ると、親はいたたまれない気持ちになりますし、その友達と「どうして離れないのか?」と思うでしょう。わざわざ苦労する道を選ばなくてもいいのに、と思ってしまうからですよね。

でも、友達関係で器用にできなくて悩むことも、子供の成長には必要なことです。痛い思いをしながら、子供自身が友達との関係の作り方や距離の取り方を自分の力で学び取り、乗り越えていかなくてはなりません。

だからこそ、「困ったことがあったらいつでも相談してね。」といつも後ろで待機していてくれる親の存在が子供たちにとっては何より大きいのです。この頃の子供たちは比較的頻繁に、そして相互に「仲間はずれ」に似たようなことをしてしまいがちだということを踏まえて、あまり過敏な反応にならないように心がけたいものです。

そして、家庭ではできるだけ、「もし自分がそんなことをされたらどういう気持ちになるのか?」を想像できるような声かけをしてあげたいですね。

みんなのコメント
  • プーさんさん

    幼稚園のお話をすると○ちゃんが仲間いれてくれんと言う娘。○ちゃんは娘と性格がにてる感じで逆に気があわないのかな?って思います。遠足などで一緒に写真とろうって言うと嫌だって言われます

  • ほのぼのさん

    延長保育でうちの娘とAちゃん、Bちゃんはいつも一緒。リーダー格のAちゃんはなぜかうちの娘を仲間はずれにしたり、Bちゃんを巻き込んでいつも2対1の形になります。二人に責められるとわーっと責められると言い返せないそうです。
    Aちゃんに関わらせてもいいことないので、距離をおきたいけれど、私の仕事上いつも延長保育で預けるしかなく、、。
    悔しい気持ちと悲しい気持ちでいっぱいになります。

    • みみみーさん

      >>仕事の都合上いつも延長保育で預けるしかなく

      これすごい分かります。でも私と娘の人生を考えた時に、これから色々吸収していく娘を優先して、延長保育をしなくてもいい仕事にかえました。

      意外とそういう仕事も多いので検討してみてはどうでしょうか?

  • かなままさん

    春に今の幼稚園に転園してきてから、仲良くしている二人組の片方の子と親しくなってきたのをきっかけに、もう一人の子に悪くないのに強い口調でキツいことを言われ落ち込んで帰って来ることが増えました。親も必要以上に厳しい人らしく…我が子には強くなってもらうしかないです。

あなたの一言もどうぞ