- まだ小さい赤ちゃんがいる主婦にお勧めの内職の仕事の探し方 | MARCH(マーチ)

まだ小さい赤ちゃんがいる主婦にお勧めの内職の仕事の探し方

2014/09/28

赤ちゃんがいますと、なかなか外で仕事ができませんよね。私も3人の子供がいるので、子連れで仕事をする大変さはよく分かります。子供たちが幼稚園に行くくらいの年齢になりましたら、比較的お休みすることも減るとは思うのですが、まだ赤ちゃんの頃にはすぐに熱を出す。鼻水がひどくて咳が出る。吐く。下痢が続く、などなど。

幼児や小学生が同じ風邪に感染したとしても、数日で改善するようなことが赤ちゃんではどうしても時間がかかります。ですから主婦の方は内職でも探してみようか、ということになるのではないでしょうか。

内職の求人を出している会社は少ない

実は私も、最初の子が赤ちゃん時代に内職らしいことをしたことがあります。内職は自宅でできるからということで、赤ちゃんがいる方や介護をしている方など、主婦を中心に内職が人気になるのでしょう。

金額はやっぱり正直微々たるものかもしれませんが、それでも続けていけば家計の足しになりますし、何よりもやりがいとなります。

不況のせいなのと、高齢化ということもあって、内職は大人気となっているのですが、残念ながら内職を斡旋している会社が本当に少なくて、探すのに苦労するのが現実です。でも今はネットもありますので、見つけることは可能です。

自治体で内職を紹介してくれることがある

では実際にどうやって主婦の方が内職を見つけているのかと言えば、例えば私の住む自治体では、内職希望者がとある機関を尋ねると、内職の求人をしている会社を教えてくれるシステムがあります。

主婦や高齢者などに人気のようで、やはり求人数と希望者の数がずいぶんと違うようです。ただし赤ちゃんがいる場合に、できる内職とできない内職があるようです。小さい部品を扱うものだと、赤ちゃんが誤飲してしまう可能性もあり、責任問題を問われたらいろいろと大変なんだろうと思います。

ただし物件によって内職が難しい所も

免許がないとできない内職も昔見たことがあります。どうも古本などをオークションで売るという内職なのですが、現地から毎週1度は本を取りに行かなくてはならないという決まりです。

赤ちゃん連れでも大丈夫なのですが、運転ができないとなると、誰かに運転してもらわなくてはいけないのでこれも大変。エレベーターのある物件なら良くても、階段しかない所に住んでいると、荷物を運ぶのに苦労します。

実際、会社が届けてくれる内職の中にも、2階以上でエレベーターなしの方はお断りという内職も見たことがあります。他にも内職の品をしっかりと保管できるスペースがないといけない所もあります。

ネットで探す時は信頼できるのかをチェック

たまに求人誌などに内職は掲載されていますが、今はネットで探したほうが新しい情報なのでいいと思います。しかしネットには詐欺まがいの会社もあるので、少し慎重になるほうがいいでしょう。

できれば知り合いがやっている、というような既に取引のあるものをやれるといいですね。パソコンを使った内職などは赤ちゃんがいても大変やりやすいものかと思いますが、中にはお金だけ取って仕事がないということもあります。問い合わせをする前に、会社名の検索をするといった下調べは必須です。

内職だからという甘えは禁物

WEB系で在宅で仕事ができるような技能があれば、思い切って内職というか在宅で仕事をさせてもらうことも、自分の実力と信頼性があれば可能です。

ただし赤ちゃんがいるからとはいえ「赤ちゃんが病気で納期に間に合いませんでした」などといったことがないように、赤ちゃんの頃は、自分でどのくらいの量を内職でこなせるのか、把握しておきたいものです。

万が一納期に遅れそうならば、パパやおばあちゃんなどの力を借りるため、家族の協力も必要です。赤ちゃんが寝ている数時間だけできる量を引き受けられるのが、1番の理想ですけれど。

みんなのコメント
  • ににさん

    赤ちゃんを見ながら可能な在宅ワークは限られています。
    お勧め内職の見つけ方というより、赤ちゃん持ちは内職する事自体が難しい…という結論ですね。

あなたの一言もどうぞ