- むくみ解消でダイエット。産後に食べて欲しいフルーツと生野菜 | MARCH(マーチ)

むくみ解消でダイエット。産後に食べて欲しいフルーツと生野菜

2014/03/21

妊娠、出産、産後生活の間にむくみで悩むママ。多いのではないでしょうか。赤ちゃんを産んだ後に太ってしまう要因の一つに、この「むくみ」という問題を挙げることもできます。

さて、それでは「むくみ」とはなんでしょう??それは体の中に水分がたくさん取り残されたまま、外に出て行かないという状態です。そしてそれと同時に体内に水分が足りていない状態でもあるのです。どういうことでしょうか???

つまり、塩分です。体内の塩分の濃度の問題なのですね。私たちの体は、常に自分の中で塩分の濃度が丁度良くなるように自然にバランスをとっています。

食事で取れる塩分の量と、同じく口から入ってくる水分の量を調節して体液の濃度を最適に保っているのです。

ですから、濃い味の食事が続いて体内の塩分量が多くなり、それに対して入ってくる水分の量が少ないままだと、代謝のバランスがくずれ、かつ体液の濃度を安定させるために、体が水分をがっちり抱え込んで外に排出しようとしなくなってしまいます

なので体がぱんぱん。これがむくみということなのですね。なのでむくみを解消するためにすべきこと。まずは水分をしっかり摂って体内の塩分濃度を緩和する。そして余分な塩分の排出を促すこと。この二つが大切です。

そしてそれらに対して一つで効果を出してくれるのが、フルーツです。生のフルーツには塩分の排出を促してくれるカリウムが豊富です

それに果物それ自体にに水分が多く含まれているので生で食べればおのずと水分の補給にもなるというまさに願ったりな食べ物です。

なのでむくみでお悩みの方は、朝ごはんは季節のフルーツと一緒にお水をゆっくりといただく、という方法をお勧めしたいです。火を使わずに皮を剥いただけ、あるいはそのままさっと水洗いですぐ食べられる。

準備が簡単ですので赤ちゃんのお世話をしながらさっと口に入れるのにぴったりです。眠っていた体に朝の糖分は、脳に即エネルギーとなって気持ちをしゃきっとさせてくれます。

生のフルーツは物によっては赤ちゃんの離乳食にも非常に適した食べ物ですから、離乳食の始まったお子さんのお昼やおやつを準備するかたわら、自分用にカットフルーツをまとめて準備しておいても楽ちんでいいいですね。

その場合、色落ちや風味が悪くなるのを防ぐためにレモン汁や蜂蜜を振りかけておく。2、3日は冷蔵庫で保存が利きますのでこばらが好いた時にも重宝しますよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ