- 教えて!赤ちゃん服の「ミルク汚れの黄ばみ」を簡単に落とす方法 | MARCH(マーチ)

教えて!赤ちゃん服の「ミルク汚れの黄ばみ」を簡単に落とす方法

2015/10/09

加工後 shutterstock_243213718
赤ちゃんの服を二人目が生まれた時や誰かにお下がりで使ってもらおうと久しぶりに出してみると、ちゃんと洗ってからしまっておいたはずなのに首回りが黄ばんでいてビックリ!ということはありませんか?

これは赤ちゃんが吐き戻したミルク汚れが原因。この黄ばみをキレイに落とす方法をご紹介します!

洗った時はキレイになっていたのに…黄ばんでしまう理由

加工後 shutterstock_268267781
母乳にしても粉ミルクにしても、赤ちゃんの飲むミルクには意外と脂質が多く含まれています。そして赤ちゃんはどうしてもミルクを吐き戻して首回りについてしまうんですよね。

このミルクによる脂質汚れは、普通に洗濯しただけでは完全には落とし切れていないんですね。そして時間が経つにつれて酸化して黄色くなってしまうんです。リンゴを切ってそのままにしておくと茶色く変色するようなものです。

こんなに黄色くなるなんて、もう諦めるしかない…と肩を落とされているかたいらっしゃいませんか?いえいえ、少しの工夫で家で簡単に黄ばみを落とすことができるんですよ。

諦めないで!家庭で簡単に黄ばみを落とす方法

加工後 shutterstock_161637755
ここからは実践編。いつものお洗濯とはちょっと違ったものを使って黄ばみを落としていきましょう。

最初はこの方法を試して!油汚れに強い台所用洗剤を使おう

まず最初に試して欲しい、台所用洗剤を使った方法をご紹介します。

と、その前に。水でもみ洗いしてどうなるかチェックしてみてください。もし汚れが薄くなっていくようなら、普通に洗えばキレイになる可能性もあります。

汚れが落ちないようなら、毎日台所で油汚れをせっせと落としている台所用洗剤を使ってみましょう。

使うもの

  • 台所用洗剤
  • 歯ブラシ(固さは普通のもの)
  • 40℃くらいのお湯と洗濯用の洗剤orせっけん

1.歯ブラシに少量の台所用洗剤をつけて汚れた部分をトントンとたたく
(ゴシゴシこすらないこと!)

2.汚れに洗剤が馴染んだら40℃くらいのお湯で普通に洗濯する
(お湯ではなくてもOK。ただ汚れ落ちが全く違います!すすぎは水でOK)

食器を洗う時にもお湯の方が油汚れは落ちますよね。出来ればお湯で洗いましょう。頑固な汚れでなければ、この方法でかなりキレイになっているはずです。

頑固な汚れは漂白剤・重曹・クエン酸で徹底的に落とす!

上でご紹介した方法でもダメだった場合には、もっと強力な助っ人に登場してもらいましょう。酸素系漂白剤に重曹+クエン酸がミルク汚れに威力を発揮します。

使うもの

  • 酸素系漂白剤(ワイドハイター、ブライトなど。ベビー用もあります)
  • 重曹(ドラッグストア、ホームセンターなどで手に入ります)
  • クエン酸(ドラッグストア、ホームセンターなどで手に入ります)
  • 小さじ計量スプーン
  • ドライヤー

1.酸素系漂白剤(小さじ2)と重曹(小さじ1)を混ぜ合わせたものを、歯ブラシで汚れ部分にトントンとつけて馴染ませる

2.馴染ませた部分にドライヤー(温風)を2分程当てる
(服から10~15cmくらい離して。熱くなるのでやけどに注意)

3.クエン酸(小さじ2)を100mlの水に溶かして汚れ部分にかける
(重曹と反応してブクブクと泡が出てきますが驚かなくて大丈夫)

4.水ですすいで、普通に洗濯する。漂白剤が残らないようにしっかりすすぎましょう

この方法は汗じみにもよく効きます。パパの服の首回りや脇の黄ばみにも効果的。どんどんキレイにしちゃいましょう!

重曹は私もキッチンの油汚れの掃除にいつも使っています。ビックリする程よく落ちて、手も荒れないのでオススメ。お風呂掃除にも大活躍ですよ。重曹だけでお洗濯する方もいらっしゃるほど、汚れに強いので常備しておくといいですね。

クエン酸も電気ポットや洗濯機の洗浄に使えて、肌にも優しいんです。シンクに白く残った水はねもクエン酸を溶かした水を使うといいですよ。重曹と混ぜて使うこともできるのでこちらも常備しておきたいですね。

ただし、重曹はアルミ、クエン酸は大理石と鉄には使えません!素材をしっかり確認の上、注意して使ってくださいね。

生地が傷みやすい「煮洗い」はベビー服にはオススメできない

今回ご紹介した他にも、頑固な汚れには漂白剤+重曹を入れてグツグツと煮てしまうという方法もあります。

この方法だとカビの黒いポツポツ汚れや酵母やバクテリアによるピンク汚れも結構キレイに落とせます。タオルやガーゼの消毒にはいいですよね。

ただ、どうしても生地が傷んでしまうんですよね。赤ちゃんの服はとても繊維が細いので、出来れば煮洗いは避けた方がいいですね。

しつこい黄ばみも諦めないで!汚れに合った洗濯を楽しもう

加工後 shutterstock_232722580
ベビー服も洗える洗剤ってどうしても汚れ落ちが良くなくて、後で黄ばみが出てきてしまうことは珍しくありません。

でも「こんなに汚れてちゃ使えないな…」と処分を考えずにご紹介した方法をぜひ試してみてください。赤ちゃんの服なんてそんなに長く着るものではありませんから、二人、三人と使わないともったいないですよね。

それに、少しの工夫で汚れがキレイに落とせると洗濯が楽しくなってきますよ。重曹やクエン酸は環境にも優しいので普段の掃除や洗濯に上手に使っていきたいですね。

汚れに合った方法を普段のお洗濯にプラスしていくことで、赤ちゃんの服をキレイに保つことができます。ぜひ試してみてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ