- マニュアル育児…初めての育児を本に頼るか否かはあなた次第 | MARCH(マーチ)

マニュアル育児…初めての育児を本に頼るか否かはあなた次第

2014/05/21

私の初めての育児は、育児本を片手にした堅苦しいものでした…。結果、とてもしんどいものとなってしまいました。2人目の時は、まだ上の子が小さかったこともあってかまってあげられず、手順通りには全くいきませんでした。それでも2人とも元気に育ってます!そんな私の経験談をお話します。

違いすぎる!?2人の生活リズム

1人目の時は、育児本通りにいかないとイライラしたものでした。中でも「授乳は3時間おきに」という言葉には、完全にしばられていました。当然赤ちゃんは、そんな時間通りになんていきません。いくはずがないのです。

ですが、3時間経っていないのに泣きだすと3時間経つまでもたせたり、3時間経っても起きないと無理に起こして飲ませたり。ゲップが出るまで背中を叩き続けた日もありました。育児日記もつけていて、授乳した時間やおむつ替えの時間や、うんちの回数までチェックし、睡眠が少ないと心配しました。

これが2人目ともなると、1人目がまだ2歳半だったこともあり、かまってあげられず、当然日記をつける余裕もなく、気がついたら寝たら寝っぱなし、起きたら授乳という風に、回数も時間も全く関係なくなっていました。

離乳食にも差が

1人目の離乳食は、もちろん本通りにおかゆの他、人参やほうれん草や白身魚をすりつぶしたものを小分け冷凍したりしてがんばっていました。出来るだけいろんな食材に触れさせ、味付けも薄くすることを心がけました。

忙しくて作れない時や、外出時はベビーフードを利用して栄養面にも気を配りました。バランス良く全部食べさせようと必死だったこともあって、何度か無理強いし泣かせることもありました。

ところが2人目の時は、ほぼおかゆばかり。大人の食事のついでに、つぶして食べられそうなものがあればあげていましたが、なければ何日もおかゆと豆腐だけ…なんてこともありました。そんなやり方でしたから、大人と同じ物が食べれるようになるのに時間はかかりませんでした。

このあまりの差に、とても2人目には申し訳なかったのですが、気を遣わなかった2人目は、最初から好き嫌いなく何でも残さずよく食べる子になりました。

無理やり断乳・自然と卒乳

1人目の時は、夜泣きに悩まされていました。「断乳すると夜泣きがやむ」とやはり本にあり、1歳過ぎてすぐにしました。無理やり引き離したことを、今でも後悔しています。確かに夜泣きはなくなりましたが、半年後には復活したので意味はなかったと思います。

2人目の時は、わざわざ断たなくても自然と離れていきました。今では卒乳というそうですね。おむつはずしも同様でした。

今となっては笑い話

これらの話は15年も前の話です。今では「授乳は3時間ごと」なんて書いてある本はないでしょう。私の場合は家が実家から遠く、若い出産だったため友人にも育児の先輩はおらず、本に頼る他なかったのです。もちろん本に頼って良かった部分もあります。分からないことがあれば答えを教えてくれる1番近い先生でもありましたから。

最も大事なのは、赤ちゃんのペースを知ることです。1度にたくさん飲めない子は、すぐにお腹が空いて目を覚ます間隔が狭いでしょう。よく眠る子は腹もちがいいのか平気で5時間、6時間と眠ってしまいます。百人百様の子のタイプがあります。

自分の子だけでなく、色んな子やその親にも会って話して、色んなやり方や育て方を学び、その中で、自分と子どもにとって1番やりやすい所を取れば良いのです。本からもイイトコ取りで良いのです。失敗を繰り返して親も成長していきます。焦らずとも成るようにしか成りませんから。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ