- 超マイペースな性格の子供に効果的な親も楽になる声掛けのコツ | MARCH(マーチ)

超マイペースな性格の子供に効果的な親も楽になる声掛けのコツ

2014/07/29

いつものんびりマイペースの子って、普段は微笑ましくていいんですが、急いでいる時はイラッとしてしまいますよね。でもこっちのイライラなんて、全然通じてない様子でやっぱりマイペース…。

親としては、集団行動がちゃんとできるのか、もう少しさっさと動いてくれるようにならないのかと心配な部分も多いのでは?そんなマイペースな子には、どのように声を掛けていくのが効果的なのでしょうか。

そもそもマイペースって?

マイペース(my pace)は、直訳すると自分の歩調・速度ということになりますが、そこから自分に合った速さを崩さない人、他人に左右されない人の性格を表す時に使われますよね。

つまり、我が道を行く人という意味では、自分のペースがとても速い人にも当てはまることにもなってしまう気もしてしまいますね。でもペースの速い、ちょっとせっかちな人というと、他人にもその速さを求める人が多いものですね。

というわけで、ここでは「マイペース=のんびり自分のペースを崩さない人」という定義で、話を進めていきますね。

マイペースって直さなきゃいけないもの?

自分の子がそんなマイペースな性格だとすると、それは短所であり、直さなければいけないものだと感じますか?母親の口癖ナンバー1は「早く!」だと言われますが、相手がマイペースだとなると、ますます言ってしまいそうですね…。

でも、周りに惑わされずに自分のペースで何かを進めていけるというのは、素晴らしいことでもありますよね。この「惑わされず」が「気を配らずに」という感じに見えてしまう時には、これが短所となってしまうのです。

周りにというのは、周囲にいる人というだけではなくて、今何時で、どういう状況で、自分がやるべきことは何か、ということも含まれてくるとすると、それを全く気にしないというのは困りものですね。

では、自分のペースを守っていていいのかどうかを、判断できるようにしていけばいいということですよね。自分のペースでしかできないのであれば、それにどのくらい時間がかかるのかを先読みするとか、周囲に知らせておくとか。

でも子供って、いつもみんなのペースに合わせていけるというものではないと思うんです。特に忙しいお母さんのペースは速すぎてしまって、ついていけなかったり…。

だいたい子供のうちから周りがよく見えていて、気を配って行動していたらビックリですよね。そういう目で気楽にお子さんを見てみると、この子なりにちゃんとやってるんだと思えてきませんか?

いつでも自分のペースで進められるなら、それはリラックスして生活できている証拠でもあると思います。では、それをお尻をたたいてせかすのではなく、そっと背中を押してあげられる声掛けについて考えていきましょう。

気分を乗せることが1番効果的

子供の大切な時間なので、自分のペースをできるだけ守ってやらせてあげたいものです。特に忙しい朝にイラッとしてしまうものですが、そんな怖いお母さんの顔は、子供のスピードをどんどん遅くしていくんですよね。

朝から気分よく過ごすことができれば、その日とてもいいスタートを切ることができます。ぜひ朝「早く」を言わないことを心がけてみてください。「~しなさい!」ではなく「次は何するんだっけ?」「あと〇分で出来たらすごい!」と、言ってみてください。

マイペースと言われる子は、やることが遅いというよりやり始めるのが遅い、途中で止まっていることが多いんですよね。また止まってる…とイライラをためて「もういい加減に早くしなさい!」と怒鳴らずに、早目に次にすることを一緒に考えてみましょう。

そうではなくて、頑張っていても遅い場合は、せかすことなく少しずつでも進んでいることを褒めていきましょう。決して「のろまなんだから!」と、人格を否定するようなことを言ってはいけませんよね。

「早く」を言わずお母さんが機嫌がいいだけで、子供って生き生きしてきて何でも頑張っていくようになるんです。イライラしているとできないことばかり目についてしまう普段と違って、頑張る姿を素直に褒めることができるようになっていきます。

そうなると、子供はどんどん自信がついてくるので、周りに気を配る余裕も生まれてくるんですね。好循環が続いて、親子の関係もとてもよくなっていきます。

誰でも自分のペースがあるものです。マイペースな子はのんびりだとしても、自分のしていることに集中できる子が多いんですよ。そこは伸ばしていきたい長所ですよね。

急がなくていい時には、思う存分自分のペースで、好きなことに取り組める環境を整えてあげましょう。だんだん自分のペースで、いいところとそうでないところがあることを、理解できるようになっていくはずですよ!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ