- 休日の”トドパパ”を素敵なイクメンに変えてしまう魔法の言葉集 | MARCH(マーチ)

休日の”トドパパ”を素敵なイクメンに変えてしまう魔法の言葉集

2014/04/08

昭和を代表する歌手の忌野清志郎さん。その清志郎さんの「パパの歌」の歌詞に「家のなかではトドみたいでさ、ゴロゴロしてて、あくびして・・・」というのがあります。

確かに、昭和のお父さんは、企業戦士だの、男は外で働いて・・・、だの言われていましたが、平成のお父さんはそうはいきません。なんていったって、共働きなんですから。

お休みの日も働く日も、仕事と同じように家事も育児もこなさなくちゃ。とは言いつつ、やっぱり共働きとは言え、ほとんどの家事や育児をしているな~、と思っている世の妻はかなり多く、皆さん、夫の操縦方法(?)に頭を悩ませているようです。

そこで、今回は、これを言われちゃどんなパパも一瞬で起き上がり、駆け付けて家事や育児を手伝いたくなる、そんな魔法の言葉を集めてみました。

①私今これやっていて手が離せないから、こっちやってくれると助かるんだけどな~。

実はコレ、筆者がよく使う手です(笑)。例えば自分がご飯の準備をしている間に、子どもがおむつを替えないといけない状況になった場合など、です。

もし、拒否されたら、「じゃあ私がおむつ替えるから、ご飯の準備してくれる?」つまり二者選択、どちらかは選ばないといけないのです。

この場合、料理を選択されたらシメタものです。大まかなメニューと手順を伝えましょう。おむつを替えたら、そのまま静かに子供の周辺に着席して「子供をみているから、そのままご飯の準備してね」オーラを出し続けましょう。

②パパがやった方が〇〇(子供の名前)が喜ぶんだよね~。

子供をダシに使って、と思われがちですが、事実なら、子供も喜ぶしママだって大喜び。家のなかのパパの株だってあがるんですから、どんどんアピールしてパパがやった方が喜ぶ項目を増やしていきましょう。

その内、「これは俺じゃないとだめだ。」と本人自ら登場するようになったら大成功です。

③私よりパパの方が上手だってママ友が褒めてたよ~。

これは一度お願い事をした後に、効果的な一言です。例えばお掃除。お掃除を頼んだ後に、昼間ママ友を呼んで遊びます。

夜、夫が帰宅してから「今日は一段と家のなかが綺麗ね~」って言われたよ~。パパが掃除してくれたんだよ、って言ったら、友達が、「あなたよりご主人の方がお掃除上手なんじゃない」って言ってたよ~。

夫だって、ママ友の間で掃除上手な夫として話題に出るのはちょっと嬉しいモノ。というかかなり嬉しいですよね。ハイ、その心理、上手に利用させていただきます。

誰だって「どうして、〇〇してくれないの!?」と突然怒られたら、やりたくなくなるものです。問題は、どうやったら、双方が気持ちよく家事や育児を分担できるか、なんです。

それなら笑顔全開で、褒めまくるとか、ちょっとかわいくお願いモードはどうでしょうか。それくらいで妻の負担が減るなら、お安いもんじゃないですか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ