- 長時間のドライブを子どもと楽しく過ごす為に出来る4つの工夫 | MARCH(マーチ)

長時間のドライブを子どもと楽しく過ごす為に出来る4つの工夫

2015/03/09

shutterstock_157283420

連休は、家族で外出する機会も増えますよね。子供がまだ小さいうちは、新幹線などの公共交通機関を利用するよりも、車で移動した方が融通がきくので便利です。

しかし長時間の移動は、子供にとってはなかなか我慢できないものです。長時間の移動でも子供が飽きることがないような、お役立ちグッズをご紹介します。

大好きなキャラクターものは、王道である

お子さんが大好きなキャラクターは、何でしょうか。毎日の生活の中でも、子供が大泣きしてグズってしまった時、大好きなキャラクターを目にした途端、たちまち機嫌が直ってしまった、なんていう経験はありませんか?

子供にとって大好きな存在のキャラクターものは、ママにとっても救世主となります。外出先に持っていって支障のない物は、できるだけ持って行きましょう。当然のことですが、壊れやすかったり、尖っている箇所がある物、あまりにも細かい物は避けましょう。

車での移動は、時に急ブレーキや急カーブなど思わぬ動きが生じます。その際、子供が怪我をしてしまったら大変なことです。危険だと思われる物は、あらかじめ車内に持ち込まないように注意しましょう。

皆で盛り上がれる音楽CD

子供が好きで、家族の皆でも盛り上がれる音楽CDも重宝します。一緒に歌えば、気分も晴れて楽しくなりますね。最近では、「妖怪ウォッチ第一体操」が我が家では定番の盛り上がりソングです。小さい子供もその子なりに、一生懸命歌って踊っています。

それこそ子供がグズッた時、これを聞けば不思議とパッと泣き止んで踊りだすので、我が家では必需品です。

ポータブルDVDプレーヤー

これは、我が家でもかなり重宝しています。車載搭載タイプでしたら電源を心配することなく楽しめますが、そうでない場合には、充電器や電池は忘れずに持っていきましょう。カーナビよりも画面が大きく、子供の膝の上に置いて観る事もできます。

ディスクもあまり荷物になりませんから、多く持っていっても大丈夫です。その際には、ディスクを収納するセミハードケースが幅も取らず、子供が落としても丈夫で軽く、便利です。100円ショップで、お手頃で可愛い物が多数手に入ります。

空腹を満たしましょう

お腹が空くと不機嫌になるのは、大人も子供も同じですね。キャラクターものと同様、これさえあれば!という商品が1つでもあれば助かりますが、ない場合は子供が普段から好きなお菓子や、軽食を多めに持ちましょう。

万が一、渋滞にはまってしまって途中でサービスエリアに寄ることができないという非常事態にも、役に立ちます。

ポロポロとこぼれない物を

子供は食べ物をこぼしやすいので、崩れやすいお菓子は避けましょう。狭い車内で拾うのも大変ですし、後の掃除もママにとってはストレスになってしまうかもしれません。おせんべいやクッキーなら、あらかじめ一口で食べられる小さい物を選びましょう。

茶巾風ミニおにぎり

軽食として、おにぎりも持っていくと安心です。少なめのご飯をラップにのせて、そのままくるっと茶巾しぼりのように丸めます。手を汚さずに作れますし、食べる時もそのままパクッと口に入れられるので、車内でも便利です。

お好みの具材をちょこっと入れたり、夏場ですと保冷材を一緒に入れておけば、保存もある程度できます。

子供を主体は当たり前

長時間運転するパパやママも疲れて大変ですが、慣れない長時間の移動で座りっぱなしの子供も相当疲れています。まして、狭い車内となれば上手な気分転換が必要です。

子供が普段よりもわがままになって、ママを困らせてしまうこともあるかもしれません。ある程度のことなら、大目にみてあげましょう。大人は我慢できても、子供はなかなか我慢できないものです。

せっかくの楽しいドライブです。怒ることは、ママのストレスにもなります。この日ばかりは子供を極力叱らず、頑張るママをお休みして、子供と思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ