リスクだけではない!高齢出産の知られざるメリット8つ

コメント0
2017/07/31

高齢出産の妊婦さん

高齢出産は、妊娠トラブルや先天異常などマイナス要素が注目されがちですが、実は嬉しいメリットが多いのも事実です。

35歳以上の成熟した女性の人生観や経験を活かして子供に素晴らしい影響を与えられたり、母親自身の精神的な余裕をもたらす事もあります。

さらに最近では科学的に証明されている女性ならではのメリットもあります。高齢出産の知られざる意外なメリット8つをご紹介いたします。

1.高齢出産した女性は長生きする

高齢出産は、女性の寿命を延ばすと言われています。

ハーバード大学医学部の研究で、100歳の女性78人と73歳の時点で亡くなった同世代の女性を調査し、100歳まで生きた女性は40代で高齢出産した女性が4倍も高いと報告しています。

高齢出産できたのは若さを維持できていた事も理由ですが、それ以上に子供が産まれてから、健康を意識し長生きしようと努力していたからではないか、と言われています。

実際に高齢出産した女性は、健康診断を受ける頻度も多く健康に気遣っている方が多いようです。

2.子供の知能発達が良好である

高齢出産で生まれた子供は、言語の発達や社会情緒的発達においても比較的優れているという研究結果があります。

イギリスのロンドン大学の研究で、20代の母親から生まれた子供に対し、30代40代の母親から生まれた子供の方が知能の発達が良好である事が分かりました。

また、30代40代の母親の子供の方が、事故やケガの頻度も少なく外傷経験も少ないと言われています。

この結果から「高齢出産の子供は生まれつき知能が高い」という事ではなく、高齢出産の母親の方が子育てに熱心である事、母親自身が経験・知識豊富で子供に対する教育や指導の質が良い事が原因ではないかと考えられています。

さらに、高齢出産と20代の母親の教育態度を調査すると、子供に読み聞かせをしている割合は、20代の母親では57%に対し40代以上では76%にも上ると言われています。

3.子宮体ガンのリスクが低下する

30代・40代で出産すると子宮体ガンが発症する割合が低下するという研究報告があります。

アメリカ南カリフォルニア大学医学部で行われた、子宮体ガン患者8,671人と病気ではない6,562人を対象にした研究で、25歳までに出産した女性と比べて30代・40代で出産した女性は子宮体ガンのリスクが歳を重ねるごとに減少するとされました。

30~34歳で出産した女性は子宮体ガンリスクが17%減少、35~39歳で出産した女性は32%、40歳以上になると44%も減少すると言います。

理由としては、出産によって分泌された女性ホルモンが影響しているのではと推測されています。

さらに、出産することで悪影響を及ぼすガンの発生因子を取り除く事ができるのではないかとも言われているそうです。

4.アンチエイジング効果がある

妊娠中は、たくさんの女性ホルモンを分泌します。この女性ホルモンは胎児を育てる役割の他、女性らしい身体を形成したり、肌のツヤや弾力性をもたらす役割もあります。

高齢出産すると、本来は加齢と共に減少しがちな女性ホルモンがたくさん分泌されるため、同世代の女性よりもより多くの女性ホルモンの恩恵を多く受ける事ができるのです。

高齢出産を経験した女性の中には「肌ツヤがよくなった」「冷え性が治った」「元気になった」など嬉しい変化を感じた方が多くいらっしゃいます。

そして、女性ホルモンは出産後も授乳のために分泌を続けます。長い期間、アンチエイジング効果の高い女性ホルモンを大量に取り入れる事ができるのです。

関連記事:高齢出産して良かった!出産で若返るアンチエイジング効果

5.貯金がある、経済的余裕がある

高齢出産をする女性は、最低でも35歳まで着実に仕事をこなし経済的に安定している女性が多いようです。

ほんの数年仕事をしただけの20代の母親よりも、十何年も仕事をしキャリアを積んで貯金もしてきた…そんな母親は経済的な余裕が十分であると言えます。

経済的な余裕があれば、ゆっくりと子供と二人の時間を楽しむ事ができますし、体力的な負担を感じたら家事や子育てをベビーシッターさんに任せて休息を貰う事も可能です。

お金の余裕は大きな心の余裕に繋がります。

6.人生経験が豊富で精神的に安定している

高齢出産の母親は歳を重ねている分、若い母親よりも知識が豊富で仕事で鍛えた忍耐力や柔軟性を持ち合わせている女性が多いようです。

そのため、ストレスが多い子育てにおいても精神的余裕があるため、衝動的な言動や行動が控えられ良い子育てができると言われています。

20代前半の母親は「育児に自信がない」と思っていたり、まだ独身である同世代が多い中で「もっと遊びたい、もっと働きたい」と不満に思う事もあり、心のゆとりを持てない女性が多いのも確かです。

しかし30代後半、40代に入ると同世代の友人も母親になって落ち着いている事が多いですし、これまでに思いっきり仕事をして自由な時間がたくさんあったからこそ、気持ちがひと段落して安定した子育てライフが楽しめるようです。

7.自信がつく

不安とトラブルが多い高齢出産を無事に乗り越えた女性は、「自分の体を信用できるようになった」「まだ大丈夫だと自信に繋がった」と感じる事が多いようです。

不妊治療から戦ってきたご夫婦にとってはとても長い道のり。さらに流産などの経験をしてしまうと「高齢だから…」と悲観的になったり、妊娠高血圧症候群などのリスクを知るたびにショックを受けてしまったり…。

精神的にも体力的にも負担の大きい高齢出産だからこそ、子供と出逢えた時の喜びと乗り越えてきた自分自身には特別な思いがありますよね。

様々なトラブルを解決できた自分に対して自信を持ち、前向きな子育てができるのも高齢出産ならではのようです。

8.友人や知人に出産経験者が多く相談しやすい

高齢出産を迎えるタイミングは、周囲の友人が先に出産し子育てをしている事が多いと思います。

出産や子育てに対する不安や悩みは誰もが経験する事。自分の悩みに共感してくれる先輩ママが多ければリアルな意見を聞く事ができます。

高齢出産であればあるほど友人の子供は年齢が大きくなっている場合も多く、様々な悩みを乗り越えてきた先輩ママが多いはず。

すると「そんなの気にすることないよ!」「全然大丈夫だよ!」と大らかでたくましい母親の意見を聞く事もできます。

優しくも力強い先輩ママのサポートを得る事で、精神的にも楽になれるようです。

ポジティブに高齢出産と向き合おう

リスクばかりが注目されてマイナスイメージが強い高齢出産ですが、これだけ多くのメリットも存在します。個人差はありますが、科学的視点でメリットが報告されているものまであります。

高齢出産は、母親として立派に活躍できる他、女性としての魅力もアップできます。子供が産まれた後も健康を維持する意欲が湧き、子供に元気をもらいながらハツラツとした生活が送れる事でしょう。

そんなメリットを味方につけて素敵な妊娠・出産・子育てを迎えたいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ