- 赤ちゃんと一緒に楽しむための遊びながらできる言葉の教え方 | MARCH(マーチ)

赤ちゃんと一緒に楽しむための遊びながらできる言葉の教え方

2015/06/05

11shutterstock_2885315

赤ちゃんに教えていくことはたくさんありますが、中でも特に難しく感じるのが言葉の教育です。赤ちゃんに言葉を教えるにはどうすればいいのか?

初めて子育てする人は特に、不安も大きいことでしょう。しかし、赤ちゃんに言葉を教えていくことは決して難しいことではないのです。

言葉の教え方

大人が、英語や中国語など外国語を勉強するようなイメージで、赤ちゃんに言葉を教える事を考えると、確かにとても難しいことのように思えます。

しかし、赤ちゃんに言葉を教えるとは、特別なことではなく、日常生活の基本を教えるのと同じことです。食べること、寝ること、遊ぶことを、経験を通して教えるように、言葉を教えてあげましょう。

まずは聞かせる!

言葉を教える第一歩は、言葉を聞かせてあげることです。

赤ちゃんが言葉を話せるようになるのは、単語を一つずつ覚えて使っていくのではなく、知らず知らずのうちに覚えていった言葉が、溢れてくる時に話せるようになるのです。

普段の生活の中でたくさん言葉をかけてあげるのはもちろんのこと、絵本やテレビ、他人との関わりなど、言葉に触れる機会をたくさん用意してあげましょう。

コミュニケーションを大切に

言葉を話すということは、コミュニケーションを取るということです。

赤ちゃんが言葉を話せずとも、ママやパパは赤ちゃんが話せるものとして、大人同士で話すようなイメージで赤ちゃんとコミュニケーションを取りましょう。

初めは一方通行のように感じますが、次第に態度で反応を示すようになり、いつの日か自然と言葉でコミュニケーションが取れるようになるのです。

言葉をたくさん聞かせながら、コミュニケーションを取り、赤ちゃんに「言葉を話すイメージトレーニング」を体感させてあげましょう。

たくさんの人と関わらせよう!

言葉を教える秘訣は、言葉をたくさん聞かせること、コミュニケーションを取ることです。その上で是非取り入れてもらいたいのが、他人との関わりです。

ママやパパ以外の人との関わりは、いつもとは違う言葉やコミュニケーション法に触れる機会になりますので、赤ちゃんにとって良い刺激となるのです。

ママやパパ以外の大人の人と関わらせてあげるのはもちろん、公園やキッズルームに連れて行ってあげ、赤ちゃん同士のコミュニケーションの機会を増やしてあげるなど、たくさんの人と関わる機会を用意してあげましょう。

効果のある関わり方

赤ちゃんに言葉を聞かせ、コミュニケーションを取る時に意識してもらいたいのが、大人に話しかけるように話すということです。

言葉が話せず、コミュニケーションの取れない人として話しかけてしまうと、一方通行を前提とした話しかけ方になってしまいます。これでは、コミュニケーションを学んでいるとは言えません。

赤ちゃんに話しかける時は、大人に話しかけるのと同じように、返答が帰ってくるのを前提とした話しかけ方を意識してみましょう。

絵本を読んであげたり、テレビを見せるときも同様です。一方的に言葉を聞かせるのではなく、必ず対話するようにコミュニケーションを取りながら読み聞かせをしてあげましょう。

言葉が遅い子への対処法

言葉が話せるようになるタイミングは、赤ちゃんによって大きく変わります。その為、なかなか話せるようにならない我が子に対して、不安になったり、焦る気持ちも出てくるでしょう。

しかし、ママやパパの焦りが、かえって言葉を遅くしてしまう危険があるのです。

ストレスを与えない

言葉を話すタイミングは赤ちゃんによって違いますので、1歳になる前に話せるようになる子もいれば、2歳を過ぎてやっと言葉を話すようになる子もいます。

周りの子と比べて、言葉が遅いからといって不安になったり、焦る必用はありません。ママやパパが焦り、不安になると、自然と赤ちゃんにプレッシャーを与えてしまいます。

「早く話せるようになってよ」といったママやパパの気持ちは、赤ちゃんのストレスになり、かえって言葉を遅らせる原因となるのです。

言葉を話すということは、人とコミュニケーションを取るということであり、ポジティブな行動です。しかし、言葉を話すことにストレスを感じてしまうと、赤ちゃんにとってはネガティブな行動になってしまい、「話したい」という意欲を削いでしまう危険があります。

言葉を話してもらいたいからこそ、「言葉が話せなくてもいい」という、ゆとりある態度で接してあげることが大切なのです。

言葉教えも遊びの一環

初めて子育てする人にとって、言葉の教育は早急に向上させなければならない、とても深刻な事と捉えてしまいがちです。

しかし、言葉を話せるようになることも遊びの一環です。

遊びを通して人とコミュニケーションを取るように、赤ちゃんにとっては言葉もおもちゃの扱いも、同じコミュニケーションツールなのです。

焦って頑張るのではなく、遊び道具を増やしてあげるイメージで、楽しく言葉を教えてあげましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ