- そのかゆみは乾燥から?!子供のフケや頭皮のカサカサトラブル | MARCH(マーチ)

そのかゆみは乾燥から?!子供のフケや頭皮のカサカサトラブル

2014/12/26

shutterstock_170696915_

「ママ、頭がかゆいよー。」と子供が自分から訴えてきたり、よく頭を掻いている仕草を目にすることがあったり、子供の肩の方にフケのようなものが落ちているのに気が付いたりすることってありませんか?

フケや「頭がかゆい」なんて、なんだかきちんと洗えていないような不潔なイメージがあるので、「ちゃんと洗えていないんじゃない?」「よく洗いなさい!」とつい言いたくなってしまいますよね。

でも実はそのかゆみ、乾燥が原因かもしれません。子供の頭皮の状態をちょっとチェックしてみましょう。

健康な頭皮って?

健康で理想的な頭皮は、ほんのり青みがかっている頭皮です。赤っぽかったり黄色っぽかったりしているときは、乾燥や血行不良の状態であると考えられます。

「真冬でもないし、乾燥なんて…。」と半信半疑の方もいるかもしれませんが、実は髪の洗い過ぎや間違った洗い方やシャンプーの種類によって頭皮に必要な皮脂をとりすぎてしまっている場合があるんです。ご存知でしたか?

不潔にしているとフケが出る?

通常、私たちがフケというと連想するのは、髪の毛を何日も洗っていない場合などに見られる脂性フケ。皮脂の過剰な分泌によるもので、頭を触るとベタベタしているのが特徴です。

でも実際によく見かけるのは、粉のような細かい白いフケ。ベタベタしている脂性フケとは違い、触るとサラサラしており乾性フケと呼ばれています。このフケの正体はというと、頭皮の角質細胞がはがれ落ちたものなんです。

子供に多い乾性フケ

子供においてはこの乾性タイプのフケがほとんど。乾性フケは頭皮の乾燥によるものなので同時に頭皮のかゆみを訴えることも多く、頭をかくたびに大量のフケが粉をふいたように飛び散ることがあります。

色の濃い洋服を着ていると肩のところにフケが降り積もって見えることもあり、ママたちはきっと「何とかしなくては!」と思うはずです。

頭皮の乾燥には…

子供の頭皮が乾燥していることに気が付いたら、とにかく保湿第一!おすすめは「椿油」です。シャンプー前の頭皮に適量の椿油をつけてマッサージをしてあげましょう。

そうすることで、シャンプー時に必要以上の皮脂を取ってしまうのを防ぐことができます。シャンプー後につけてあげると頭皮の水分を逃がさない効果がありますし、洗い流さないトリートメントとしても使えるので大活躍です。

また、小児科や皮膚科で保湿剤として処方されることの多いヒルドイドも使えます。ヒルドイドには、主にさらっとしたローションタイプと保湿力に優れたクリームタイプがあります。

「保湿クリーム(ローション)を頭皮になんて…。」と若干抵抗を覚える方もいるかもしれませんが、頭皮だって皮膚の一部。髪の毛をかき分けて地肌に塗り込むようにしましょう。べたつきが気になる方にはローションタイプをおすすめします。

頭皮の保湿をしてやるようになったら、数日で頭皮のカサカサやかゆみが改善。頭皮の乾燥によるフケも気にならなくなってくるでしょう。

シャンプーも見直してみよう

頭皮の乾燥がひどい時は、洗浄力の強いシャンプーは控えましょう。アルコール系シャンプーや石けんシャンプーは洗浄力が強く皮脂をとりすぎてしまう恐れがありますので、アミノ酸系シャンプーに変えてみるといいかもしれません。

「肌に優しい」「無添加」「弱酸性」など、様々な謳い文句でいろんなタイプのシャンプーが市販されているので選ぶのも一苦労ですが、頭皮のトラブルに気づいたら改善の余地ありです。

頭皮(汗)の匂いが気になる夏と、乾燥が気になる冬とでシャンプーを使い分けてもいいかもしれませんね。

みんなのコメント
  • 石井愛里さん

    とっても、頭皮とフケのことがよくわかりました⁉️

あなたの一言もどうぞ