- 気になる子供のぬりえ・・黒ばっかり使っていても心配ありません。 | MARCH(マーチ)

気になる子供のぬりえ・・黒ばっかり使っていても心配ありません。

2014/03/24

子供が絵を描いている姿ってとっても可愛いですよね。そして2歳の今、3歳の今の彼らにしか描けない絵だと思うと、ただの落書きのような絵でも親にとっては宝物です。

それなのに、気が付くとなぜか子供が真っ黒の絵ばかりを描いていたり、せっかくの可愛いキャラクターのぬりえを真っ黒に塗りつぶしていたら..?

「何かに悩んでいるのかしら?」とか、「心に何かストレスのようなものを抱えているから?」と、心配になってしまうことも多いと思います。

「黒」の持つ意味?!

「子供が描いた絵から子供の心を読み解く」などの色彩による心理学的アプローチや、またそれを治療法として確立させたカラーセラピーという言葉を耳にされたことがおそらくあるのではないでしょうか?

色彩心理学では、「黒」というのは全ての光を吸収するという、他の色にはない特別で神秘的な雰囲気を持つものであると同時に、コンプレックス、葛藤、反抗、悲しみなどのマイナスイメージに捉えられているようです

また、独立心や孤独、自分の弱さや不安、悲しみなどを隠したいときに「黒」を欲する傾向があると言われています。そのため、「黒」の色を使って絵を描くというのは何か、心の闇や抑圧されたものを連想させてしまうことが多くなります。

「黒」を使う理由とは?

ただ、実際は子供にとって「黒」が必ずしもマイナスイメージであるとは限りません。クレヨンセットで一番右端に入っているものも多いため、右手で取りやすく、何となく使っている場合もあります。

白い紙に「黒」で描くと「一番はっきり描けるから好き!!」と、好んで使っている場合も多いようですし、真っ黒に塗りつぶして「いないいないばあをしているんだよ!」と子供自身が教えてくれることもありました。

さらに、自分の大好きなお母さんが黒い洋服を好んで着ているため、その子にとって洋服を描くときは「黒!」というイメージが出来上がっていることもあります。

○○ばっかりの絵..は、よくあること!

我が子も幼稚園の年少の頃、黒のクレヨンばかり使っていた時期がありました。幼稚園でも黒ばかり使っているようで、クレヨンの減りもダントツです。

「もしかしたら幼稚園生活で何か不安があるのではないか?」とか、「お友達同士でうまくいっていないんじゃないか?」、「下の子もいるから愛情が満たされず寂しいのかもしれない。」など、私なりに思いつく限りの理由を考えてみたりもしました。

でも、黒ばかり使っていた時期が過ぎて気がつくと、今度はパステルカラーの絵ばかり描いています(笑)そしてある時は、鉛筆で描くだけで満足なようで、頼んでもなかなか色を塗ってくれません..。

子供の気持ち・親の気持ち

小さい頃からお絵かきに親しめるようにとせっせとお絵かきセットを買い揃え、親が一緒にしてやっていても、ぬりえやお絵かきをしたがらない子というのはいます。

「上手に描けないから」というのも理由の一つですが、興味を持つかどうかもその子の個性です。

でも親としては、「子供」というと「ぬりえやお絵かきをするもの」というイメージがありますし、「子供の絵」というと、「色とりどりのクレヨンを使ってのびのび自由に描いたものであって欲しい。」と思ってしまいます。

そして欲を言えば、「明るい色を沢山使って、画用紙からはみ出すくらい大きく、そして楽しそうに笑ったり遊んだりしている絵を描いて欲しい。」と心の中で願っているものです。

だから、一緒に遊んでいたはずのお友達の姿は描かずに自分だけ大きく描いていると、「お友達とあまり関わっていないからなの?」と思ったり、お友達は大きく描いているのに自分だけ小さく描いていると「自己主張できていないのかしら?」と気になってしまうママもいるのでしょうね。

中には、重大なストレスを抱えている場合もあり、子供の絵がサインになることもありますが、その時は日常生活の他の場面でもあらわれているはずです

他にも気になる言動がある場合は、絵が子供の心を読み解く糸口になることもありますので、気を付けて様子を見てあげてください。

でも多くの場合、その子の中での小さなブームであることがよくあります。制約がなく何でも自由にできることが「お絵かき」や「ぬりえ」の良さです。あまり気にしないであげてくださいね。

みんなのコメント
  • 森ねえさん

    黒ばかりの塗り絵をする5歳孫男児。心の闇と言われても環境が変わらない時どうすればいいですかねぇ?

あなたの一言もどうぞ