- 子供は意外と便秘になりやすい!するっと出るようになる解消法 | MARCH(マーチ)

子供は意外と便秘になりやすい!するっと出るようになる解消法

2015/01/14

gf1420255515l

子供が便秘になる?!

便秘というと大人の女性に多いイメージですが、小さな子供にも意外と多くて本当に可哀想になります。うちの子たちも1~3歳くらいの頃に便秘でつらい思いをした経験があります。便秘になってしまったら、どうやって解消してあげればいいんでしょうか。

また予防するにはどんなことに注意したらいいのでしょうか。

原因はいろいろある

便秘というとまず食事が原因だと思うのが当然だと思います。もちろんあまり食物繊維を摂らなくなったとか肉をたくさん食べるようになったとか、腸内環境がよくないというのは大きな原因だと言えるでしょう。

特に子供は便秘になるからといって頑張って野菜を食べたりしてくれるわけではないので、困ってしまいますよね。

その他には大人の場合は運動不足が便秘の大きな原因になってきますが子供の場合はそれはあまりなくて、タイミングを逃すというのがとても大きな原因になっているようです。

便意があっても少し我慢してしまうと引っ込んでしまって、もうその日は便意が起こらなかったという経験ありませんか?スムーズな排便にはタイミングを逃さないことがとても大事、これは大人も子供も同じです。

たとえばまだおむつが外れていない子の場合、親にとってあまりしてほしくないタイミングで出てしまって嫌な顔をされたりおむつを替える時になかなかキレイにならずに不快だった、文句を言われたというような経験をするとします。

すると子供はウンチが出ることが嫌な経験としてインプットされてしまい、便意を我慢するということが起きてしまうんですね。おむつが外れてからは我慢できずに漏らしてしまったりして怒られたりすると、もっと我慢してしまいます。

こうやって我慢してしまうことでウンチはどんどん硬くなってしまい、排便時に痛みを感じることも出てくるでしょう。一度痛い思いをしてしまうと今度は排便自体に恐怖心を持ってしまい、さらに我慢するようになってしまいます。

嫌な経験がなくても、何か熱中していることがあってトイレに行って中断したくないという我慢が続くだけでも簡単に便秘になってしまいます。子供の便秘は意外と心因性のものだと言えますね。

どうやって解消するの?

我が家の子たちも二人そろってかなりひどい便秘だった時期があり、いろいろ調べてみた結果オリゴ糖を試してみることにしました。普段の牛乳やヨーグルトに混ぜるだけ、少しでもましになればいいかと思っていたんですが。

特に効果が大きかったのは当時1歳くらいだった下の子でした。ウサギのフンのようにぽろぽろしたウンチを少しずつということが続いていたのに、いきなりいいウンチがどっさり。これには本当に驚きました。

オリゴ糖は便秘にいいというのは有名ですが、腸内環境を整える効果が抜群なんだそうですね。とにかく早く解消したいという場合には効果があると思うのでおすすめです。子供に飲ませても安心というのもいいですね。

こうやって腸内環境が整って少しでも出そうなら、とにかく頑張ってトイレに座らせてみましょう。痛い思いをしたことがあれば嫌がるかもしれませんが、大丈夫と安心させて応援してあげましょう。我慢せずにすぐに出してあげることが一番大事です。

あとは子供がどういうタイミングでよく便意を感じるのかということをよく思い出してみて、そういう環境を作ってあげるといいと思います。

うちの上の子はなぜかベランダに一人でいるとすぐに行きたくなるようで、ちょっと便秘気味?と思ったらベランダに行かせて放っておくと「トイレ~!」と言って慌てて中に入ってくることが何度かありました。

朝ごはんの後というのが理想ですが、まずその子のタイミングを見つけてうまくトイレに誘ってあげられるといいですね。とにかく行きたいときに行くということを習慣付けることで便秘知らずになれると思います。

リラックスしていいウンチ

今の子たちはトイレでいいウンチをすることはとてもいいことだといろんなところで教えられていますから、恥ずかしいと我慢してしまうことはあまりなくていい傾向だと思います。

もう出かけるとか急いでいるとかいう時にやたらと「ウンチ!」というのが子供。本当に困ってしまうことが多いですが、ちょっと遅刻しちゃってもいいから行きたい時に行かせてあげるくらいの余裕を持ちたいですね。

我慢する子になってしまって痛い思いをするなんて本当に可哀想。自分のタイミングをつかんでスルッと出せるようになるってとても素晴らしいことですよね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ