- 子供に絶対音感を身につけさせたい!ベストな方法教えます | MARCH(マーチ)

子供に絶対音感を身につけさせたい!ベストな方法教えます

2015/07/24

加工後 shutterstock_46386304
テレビなどで話題になり、すっかりと認知されるようになった言葉のひとつに「絶対音感」があります。

この絶対音感。特に赤ちゃんが生まれた人を中心に、話題になっているようで私も第一子を出産した際に義理の妹から「絶対音感を身につけさせるといいみたい」と言われました。

小さいうちからならば身に付けるのが非常に有効だと言われている絶対音感ですが、どんな方法が一番良いのでしょうか。具体的な方法をご紹介します。

「絶対音感」って何?将来の活躍にも期待できるものです!

絶対音感とは何かについて、ここでは触れたいと思います。絶対音感とは、音を聴いただけで「この音はこれ」と頭で理解し、楽器を確かめずに譜面に書けるような人のことを言います。楽譜に関する内容を、瞬時に自分の耳と頭で理解するというものです。

音楽はもちろんのこと、芸術面などで活かされることが出来ますから、将来少しでもそちらの分野で活躍したいと考えているのならば、思い切ってトレーニングを始めたら良いと思います。

絶対音感を身につけさせるためにできること

「よし、それならば我が子に」と考えた場合、できることは何があるのでしょうか。こちらではポイントを分類してご紹介します。

専門サイトを利用してみよう

取っとり早く絶対音感を身につけるためには、インターネットで検索してみるといいでしょう。無料でトレーニング出来るサイトで、まず我が子にやらせてみるという方法はあります。

ただし親である私達に絶対音感があるのでしたら比較的簡単なのだと思いますが、そうではない場合にはどうしても限界があります。

実際にはどのくらい身についているのか、という判断が難しいのでサイトはひとつだけ利用するのではなく、複数のものを活用していくやり方がベストです。

素人には限界が…プロにお願いできる専門スクールに通わせてみる

一番お勧めなのが、絶対音感に関することを謳っているスクールに通わせることです。お金がかかるのは当然のことですが、プロはどうやったら絶対音感がマスター出来るかを知っています。私達素人がいくら頑張っても残念ながら限度があるのです。

スクールへ通って、効率よく学ばせることは子供にとっての負担も軽減出来ます。しかも一部の子供しか身につかないものではなく、ちゃんと学ぶと全ての子供がマスター出来るということもわかってきていると言われています。

プロに習っていけば確実に絶対音感が身につく、最短距離の学び方だと思います。経済的に余裕があるご家庭には一番お勧めしたいやり方です。

とにかく早いうちからスタートする

全ての子供がマスター出来るものとは言われていますが、年齢が非常に関係しているのも事実です。一般的には3歳から7歳という限られた時間しかありません。幼稚園から小学校2年生くらいまでの間です。

小学生になったばかりのお子さんならば、すぐにでもトレーニングが必要でしょう。幼稚園くらいのお子さんならば、どこのスクールにするのか、最初は独学でやってみるとか考える時間はあります。

迷っているくらいならばとにかく一歩踏み込んで学ばせてみましょう。

いつも耳から入る音についても考えてみて

自宅で過ごす時間は一日の中で半分以上あります。この時間を無駄にしないためにも、自宅にいるときにできることはないのか考えてみると、自宅で使う音楽機器を値段で選ばずに音の良さで選ぶという方法があります。

いつも耳からいい音が入るのと、雑音ばかりの毎日では耳の鍛えられ方が変わってきます。耳を自然に鍛えましょう。

もし楽器を買うならば「ピアノ」がおすすめ

「では何か音楽をやらせようか」と考えて、何から学ぼうか、何を買おうか迷う方もいると思います。その場合には基本とも言われている、ピアノがお勧めです。ピアノを買う余裕がないのならば、おもちゃのピアノのような楽器で構いません。

常に音楽、音に触れさせる環境を作ってあげましょう。

他人任せだけではダメ…親はどう向き合っていくべきか

加工後 shutterstock_147712748
どうしても他人に全てを任せて自分は楽になりたいと思いがちですが、本当にそれで良いのかは疑問です。子供だけに苦労を押しつけてはいないのか、親としては習い事をさせたときに考えていきたいことだと思います。

子供が音楽が大好きで勉強したいと頑張るのならば、応援してあげればいいと思います。反面、嫌がっている場合には冷静に考える時間を作りましょう。たまにはお休みさせる、という時間を作ることもときに必要になるかもしれません。

そして子供だけにやらせるのではなく、さりげなく大人もサポートしてあげて下さい。たまに大人もトレーニングすると、子供は喜んでくれると思います。

絶対音感は確かに音楽などの分野では身につけていたら有利な点はあると思います。しかし、音楽活動をして成功している方がみんな絶対音感を身につけているかは不明ですし、音楽をする上では絶対音感以外にもいくつもクリアしたい条件があります。

絶対音感だけマスターすれば完璧というわけではなく、音楽にはいくつも学んでおきたいこと、もともと自分たちが持っているセンスなども必要です。

「これだけ出来たら後はなんとかなる」のではないことだけは、子供に絶対音感をマスターして欲しい保護者の方は認識して欲しいと思います。

とにかく大事なのは、子供が楽しく学んでいるか、でしょう。親である私達も強制的になりすぎていないのか、いつも振り返る必要があります。楽しい雰囲気で絶対音感を身につけてもらう、縁の下の力持ちでいるように頑張って下さい。

みんなのコメント
  • 音屋さん

    ひどい記事だな。

あなたの一言もどうぞ