- 子供が天然パーマ!くせ毛を生かした髪型やお手入れ方法 | MARCH(マーチ)

子供が天然パーマ!くせ毛を生かした髪型やお手入れ方法

2016/10/26

shutterstock_398036869

天然パーマのお子さんをお持ちのパパやママは、毎日髪の毛をどのように手入れすればいいかお悩みではありませんか。

髪は膨らむし、絡まったり切れやすかったりしますよね。

ヘアアレンジをしても束ねた髪からぴょんと出てきてしまうし、なかなか思い通りの髪型にできなくて、毎朝四苦八苦されている方も多いと思います。

美容院で縮毛矯正やストレートパーマをかける手段もありますが、お子さんの髪へのダメージや学校で校則違反にならないかも気になりますよね。

髪型やお手入れ方法を見直して、くせ毛を生かしたヘアスタイルにすることもできます。

男の子向け・女の子向けのおすすめの髪型やアレンジ方法、ヘアケア方法をご紹介します!

「天パーだからまとまらないのは仕方ない」と諦めていた方もぜひ、こちらを読んで参考にしてください!

男の子にお勧め!トップは長め、サイドとバックは短めで

shutterstock_125907854

男の子の場合は、女の子のようにヘアゴムで結んだり、ヘアアクセサリーをつけたりが難しいですよね。

天然パーマの場合、スタイリング剤の効果を維持しずらい髪質の方も多いです。くせを生かしながらも、長時間スタイルが維持できる髪型が理想です。

そんな男の子には、サイドと襟足を短く刈り上げ、トップを残してクセを生かす「ツーブロック」がおすすめです。

サイドとバックが短いため、天然パーマ特有の広がりがなくスッキリして見えます。トップはワックスなどでクシャクシャっと無造作にスタイリングもできます。

サイドとバックはバリカンを使って短くすると、カットも楽ですよ!

ちなみに、天然パーマの大人もこちらの髪型がおすすめです。天然パーマのお父さんとお子さんでお揃いのヘアスタイルにするのも、いい思い出になりますね。

女の子にお勧め!髪の毛は短めで、ヘアアクセサリーを活用!

shutterstock_14039332

女の子は髪の長さをショート、セミロング、ロングと選べますよね。

「バブーシュカ風ヘアバンド」など、髪がまとまりにくい箇所にはヘアアクセサリーを付けてカモフラージュできるのも魅力です。

筆者は、天然パーマはロングヘアで三つ編みや編み込みをするイメージがありました。でも、天然パーマはとにかく髪が絡まりやすいです。

幼いお子さんでは、天然パーマのロングヘアは自分でお手入れしきれないので、おすすめしません。

髪の毛は思い切って、ショートヘアやセミロングがおすすめです。髪がまとまりにくい箇所にはリボンやヘアバンドなどをつけて、カバーします。

また、人気のボブヘアは髪が広がりやすい髪型で、天然パーマの人たちには難しいとされています。

しかし、中には天然パーマのボブスタイルが得意な美容師さんもいらっしゃるようです。どうしてもボブにしたい方は、近所の美容院のホームページで探してみてくださいね。

前髪はねじってピンで止める。毛質が柔らかければ編みこみも!

前髪もクリクリしていると、おでこ周辺がうねった髪で膨らみうまくセットできませんよね。

前髪はねじってピンで止め、ポンパドール風にするのが一番です。大きいアクセントがついたヘアピンで止めると、前髪の膨らみをカモフラージュできます。

柔らかい毛質であれば、編み込みもできます。

注意点は髪をほどくときに絡まりやすく、上手くヘアゴムを取らないと大量に髪が抜けます。ほどくときはお母さんにお願いした方がよさそうですね。

自宅で髪を切るときは、髪量は減らさず短時間でカット!

お子さんの髪だと、ご自宅で親がカットしている家庭も多いですよね。

筆者宅は息子はストレートヘアで、娘が天然パーマです。息子はカットスタイルのイメージがわきましたが、娘のくせ毛ヘアをどうすればいいのか思い浮かばず悩みました。

初めて髪を切った日は午前中にカットに挑戦しました。「失敗したら午後からキッズカットの美容室に連れて行こう」と割り切って行ったくらいです。

親がカットするときのポイントをまとめましたので、参考にしてくださいね。

髪量を減らすのは厳禁!更にまとまらなくなる原因に

クセ毛は広がりやすく、膨らんで見えますよね。「髪の量を減らせばいいんだ!」と思い、すきばさみでトップ部分やサイド部分をチョキチョキと減らしていませんか?

筆者の娘の髪は、外側はかなりウェーブがきつく、逆に内側はゆるめです。

最初は「外側のきついウェーブを全部切ろう!」と思い、外側の髪をひたすらカットしました。しかし、今度は内側のウェーブが強くなり、見た目は変わりませんでした。

クセ毛にはこんな特徴があります。

  • クセ毛は重さを取りすぎると、うねるばかりで余計にクセが目立ちます。
  • クセ毛をすきすぎると長さがバラバラになり、更にまとまらず広がってしまいます。
娘の内側部分の髪も、重さがあったからウェーブが緩かっただけで、外側の髪を切って重みを除けばウェーブは強くなるばかりでした。

その為、特に毛先はある程度の毛束感(髪の毛がある程度まとまって束のようになった状態)を残しカットするのがいいようです。

重くて暗い印象を避けたいときは、髪はすかずに短くして調整してくださいね。

ヘアクリームやワックスでスタイリングする時も、クセが束になりやすく毛先アレンジができます。また毛束感を残すことでツヤ感も生まれやすく、パサつきも改善されます。

くせ毛は個人差がとても大きく、プロの美容師さんでもわかりにくいそうです。

最初から完璧なスタイルを目指さず、色々試しながらベストなヘアスタイルを探すつもりでカットしていきましょう。

くせは霧吹きで伸ばしながら、短時間で切っていく

うねりを手で伸ばしながら切っても、その手を離した途端うねってしまい、長さがまちまちになった経験はありませんか?

しかも、切る前に櫛でといだのに切っている途中で絡まり出して、本当に大変ですよね。

天然パーマのお子さんは、髪を霧吹きで濡らしながら短時間で切るのがポイントです。毛先がクリクリするので、長さはきっちり揃えなくても見苦しくなりません。

家で癖毛のお子さんのカットをするときは、以下の点を重視してください。
  • 毛束感を残すこと
  • 極力すかない
  • 長さを揃えることより、短時間で切ることを優先する

地毛を生かせるかは、毎日の小まめなお手入れで決まる

癖毛は度合いが人それぞれ違います。ただ、髪が傷むと生かせる癖も生かせなくなります。

お風呂上りの髪の乾かし方やシャンプーの選択は、生まれ持った髪質に関わらず自分の心がけでできますよね。

毎日ちゃんとお手入れすることで、癖毛ともうまくお付き合いできるようになります!

くしが通らない!こまめなブラッシングとヘアダメージの軽減を

髪が絡まりやすいのは、天然パーマの悩みの一つです。くしが通らず、やむを得ず絡まった部分をハサミで切るなんてこともありますよね。

こまめなブラッシングは勿論ですが、ヘアダメージの軽減も心掛けてください。以下は幼少期からトライできる内容ばかりです。ぜひ確認してくださいね。

  • シャンプー時は正しくすすぎ、汚れや洗浄成分が毛穴に残らないようにする
  • お風呂の後は、必ずドライヤーで乾かす
  • しっかりタオルドライしてから乾かし、ドライヤーをかける時間が短く済むようにする
  • マイナスイオンドライヤーを使う。(髪がしっとりしやすくなるため)
  • 栄養バランスのとれた食事をとる

くせ毛に適したシャンプーもあります

「アミノ酸系シャンプー」のように、癖を和らげる効果のあるシャンプーもあります。

「アミノ酸」は髪を構成している成分です。アミノ酸をベースに作られているため肌に優しく、美容室などのサロンでも採用されています。

少し癖がゆるくなれば、髪型に選択肢が増えるお子様もいると思います。ぜひトライしてみてください。

おすすめのアミノ酸系シャンプーをご紹介します。
 
【REMAYU (リマーユ)】

REMAYU (リマーユ-1026-1

https://www.libatape.jp/order/form/a8/sts/

【Sizuka 雫髪(シズカ)】

Sizuka 雫髪1026-2

http://4960.com/shamp/sizuka_sp.html

【Uruotte (ウルオッテ)】

Uruotte (ウルオッテ)1026-3

https://goo.gl/c6RujZ

個人差が大きい天然パーマ。髪質に向き合いながら色々試して!

天然パーマは個人差がとても大きいですよね。髪質に向き合いながら、色々と試してみるのが一番です。

今は本人は気にしていなくても、小学校に上がると周りの友達から「なんで髪の毛ぐるぐるなの?」と言われ、嫌な気持ちになるかもしれません。

天然パーマを理由に自分自身にコンプレックスを感じたり、いじめ問題が起きるのは避けたいですよね。

赤ちゃんの髪は柔らかく一時的に癖がついている子もいますので、2歳くらいまでは様子見でもいいかと思います。

幼児期になっても癖が強い場合は、両親がお子さんの天然パーマに向き合って色々試してみてください。

幼児期から髪質に合った髪型やお手入れで、天然パーマを「他の子ができないアレンジができる髪質」にしてあげてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ