- 喜んで持ってくれる!子供に人気の鞄にはこんな秘密がある | MARCH(マーチ)

喜んで持ってくれる!子供に人気の鞄にはこんな秘密がある

2015/07/22

shutterstock_196097840
子供がある程度の年齢になってきたら、子供用の鞄を購入する方は多いと思います。自分専用の鞄は子供にとっても嬉しいものですし、自分で自分の荷物を管理するという経験は、子供のためにもなります。

鞄は服のようにたくさん買うものではなく、一つを大切に使うもの。それだけに、子供が喜んで持ちたがる人気の高いものを購入して、長く使わせたいものですね。子供が持ちたがる鞄って?親がチェックすべきポイントと共にご紹介します。

子供が「持ちたがる」鞄について知ろう!

子供が喜ぶ鞄なら、「自分で持ってくれない」と悩むこともありませんし、人気の鞄にはそれなりの理由があります。では、子供が持ちたがるものの特徴とはなんでしょうか?

子供にも好みがある!子供が好きなデザインを選ぼう

まず、子供が確実に喜ぶのは、デザインや色が好きな鞄。子供にも好みがありますから、好きなキャラクター物や人気のデザインのものは喜んで持ってくれるでしょう。

楽しく持ってもらうために子供の好みのデザインを買ってあげるのは手っ取り早い方法なのですが、もしも長く使うことを想定しているなら、これだけで飼ってしまうと後悔してしまうことも。

シンプルで数年後の年齢でも使えるものを買ってあげるのも大切なことなので、そのあたりは親がチェックしてあげましょう。

好きなものだけではダメ!体に合っているかをチェック

いくら好きなデザインでも、大きすぎる・小さすぎるなど体に合わないものは、結局は使わなくなりがちです。購入する時点で、ある程度体に合っているものを選びましょう。

例えばリュックやショルダーバッグなら、肩ひもの調整ができるものを選んでおくと安心です。

常にジャストで使えるように、子供の成長や季節に合わせて(冬はアウターを着る為)ぴったり使えるように調整を。

買う前に子供に触らせて「使いやすさ」を確認しましょう

鞄を買う時は、実際に子供に鞄を持たせたり、ファスナーやボタンを開けたりさせてみましょう。使ってみると、実は背負いにくい、ファスナーが開けにくい、入れ口が小さくて物が入れにくい・・・など、意外な盲点に気づくはず。

「使いやすさ」は、親子どちらのストレスにも直結します。くれぐれもシビアな目で確認しましょう

また、「使っていて負担にならないか」も、大切なチェックポイント。具体的なチェックポイントは、鞄自体が重くないことや、肩ひもが食い込まないことなど。

日々使っていくことを想定し、心地よいであろうと感じるものを選ぶようにしましょう。

年齢に合った「人気(トレンド)の鞄」をチェック!

購入前には、その年頃で人気の鞄をひととおりチェックしておくのがオススメです。

ポイントは、「人気の理由」も合わせてチェックすること。機能性が高いのか、デザインがお洒落なのか、理由も踏まえて見ておくと、何を重視すべきか、我が子に合ったものがどんなものかが見えてきます。

子供目線だけでは決めないで!親が押さえたいポイント

加工後 shutterstock_288431597
「子供が持ちたがる」以外にも、選ぶポイントはいくつかあります。ここでは、親が見てあげたいポイントをご紹介しましょう。

用途をイメージする


鞄を購入するときには、しっかり用途をイメージしておくことが大切。
たとえば、活発な子がアウトドアで使うリュックと、おしゃれ目的で女の子が使うポシェットは全く異なります。

まずは、どんな用途で使うのか考えてから購入しましょう。アウトドアに使うリュックなら丈夫で汚れの目立たない、軽いものが便利。おしゃれ目的のポシェットなら、可愛さ重視で子供の好きなデザインやキャラクターものでもOKでしょう。

どれくらいの期間それを使うかを考える

用途とともに考えておきたいのが「どれくらいの期間使うのか」ということです。

なるべく長く使いたいなら、シンプルで飽きの来ないデザインが良いですし、短い期間なら、子供の好みに合わせた「今」好きなものを選んであげると良いですね。

それによって予算も変わってくるはず。上手に使い分けてくださいね。

自分の鞄は、子供に管理能力をつけるのに最適!

以上、子供用の鞄を選ぶポイントについてご紹介しました。

自分の鞄を持たせると、子供自身のものを持ってもらえるなど、親にとってもメリットは大きいです。そして、それよりも大きなメリットが、子供に管理能力がつくこと。自分の持ち物を考え、管理することはきっと子供自身のためになるでしょう。

喜んで持ってくれる鞄を見つけて、楽しいお出かけに生かしてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ