- 近所の子どもとも遊ばせたいけれど、近所としての付き合いも必要? | MARCH(マーチ)

近所の子どもとも遊ばせたいけれど、近所としての付き合いも必要?

2014/09/26

まだ幼稚園や保育園に行っていない子どもにも、家の外で近所の子どもと遊ばせたいと思いますよね。「外に出たい」と言えば、何だか親としても嬉しくなるのですが、近所付き合いが苦手で、中には外に出さないようにしているお母さんもいるとか…。

子ども同士が楽しく遊ぶだけならいいのですが、そこのお母さんとも付き合いをしなければならないとなると、腰が引けてしまう人もいるようです。実際、面倒だと思っているお母さんも少なくありません。

子どもにとっては?

子どもは歩けるようになると、外から聞こえてくる元気な声につられて、自分も外へ出たがるようになります。子どもって、赤ちゃんの時から、同じようなトーンの子どもの声に敏感なようですね。そこで、お母さんも家の中ばかりでは…と、外へと連れ出して仲間を探します。

ちょっとご挨拶程度に…と出て行くのですが、子どもはあっと言う間に子どもたちのところへと向かいます。お母さんの後ろに隠れるようにしている人見知りの子も、恐る恐る他の子の様子を伺っています。

恥ずかしいけれど、仲間に入りたい気持ちは充分にあるのです。少し離れたところから、他の子が遊ぶ姿を見ているだけでも、一緒に遊んでいる気持ちになれるのが、子どもの凄いところだな…って思います。

どんどん仲間のいる所に入っていける子も、陰から見ている子も、関わりたい気持ちは同じです。大人が考える『一緒に遊ぶ』というのとは、ちょっと違う場合もありますが、それは年齢によって変わってきます。

自分より大きい子が走り回っているのを見て、ついて回ろうとする事が関わりの始まりであり、見ているだけの子も輝いた目で追っています。集団に入る前の段階として考えれば、それは子どもにとって必要な体験だと言えます。

せっかく近くに子どもたちが集う場があるのであれば、ぜひ利用(?)したいですね。幼児期では、まだ1歳だからとか、もう3歳だからとか、特に年齢は関係なく関わることができます。年齢を気にするのは大人だけです。

近所付き合いは難しい?

必要な体験なら、ぜひさせてやりたいと思うのが親心。でも、なかなか勇気が出ないお母さんもいます。外に出るのは好きだし、子どもにも遊び相手がいてくれた方がいいと思っているのですが、お母さん同士の会話やお付き合いが苦手…と言うお母さんもいます。

確かに色んな人がいるので、ためらってしまう気持ちも分かります。「社交的ではない自分は浮いてしまうんじゃないか」とか、「何を話したらいいか分からない」といった思いが、行動の邪魔をしているようですね。

自分では気づかないうちに人を不愉快にさせたり、ちょっと失敗をすると陰で何か言われてるんじゃないかと、不安になったりする場合もあります。様々な性格の人達と上手に付き合うのは、簡単なことではありませんよね。実は私も苦手です。

『上手に付き合う』のは難しいのですが、『適当に付き合う』のは何とかできると思いませんか?まずは、何のために勇気を出して外に出るのか考えましょう。子どもにとってよい事だと思うから…ということであれば、中心はそこですよね。

でしたら、大人同士は『適当』でも構わないと思います。ただ、周りに振り回されたくないと思うのであれば、自分の気持ちをしっかり確認しておくことです。私は、「必要以上に深入りしないぞ!」「無理してまで好かれる必要はないんだ!」と、自分に言い聞かせていました。

近所付き合いに限らず、幼稚園などによくある『ママ友』の関係でもそうですが、無理してまで『上手に付き合う』必要はないと思います。「嫌われたらどうしよう」って思っても、自分自身を押しつぶしてまで上手に付き合おうとすると、ストレスが溜まって、結局は子どもに悪影響が及びます。

これでは、本来の目的から外れてしまいます。挨拶がきちんとでき、いつも笑顔で見ているだけでいいんです。話しかけられたら、答えればいいんです。何かに誘われて、「嫌だな」って思ったら、ちょっとだけ嘘をついても笑顔で断ったらOKです。

「私が嫌われたら、子どもにも…」と、心配しているお母さんもいました。確かにそんな態度をとる親もいるようですが、そんな親に育てられる子ども自身が悲惨ですよね。きっと、いつか誰からも相手にされなくなる、可哀想な人だと思いましょう。

ご近所さんやママ友と、自分の友達は区別してもよいと思います。あくまでも『子どもから始まった関係』ですから。その後、大切な友達に発展していく場合もありますが、嫌な相手とは友達にはなれませんよね。

私は『社交辞令』という素敵な逃げ道を、目一杯利用してきました。相手もきっと気づいています。でも、大人なら「それもアリだな…」と、大きな心で受け止められるはずです。周りを気にせず、自分を大切にすることも大事な子育て法の1つだと思います。

みんなのコメント
  • えりりさん

    本当に仲良くしようと思いすぎると疲れると思います。挨拶程度でも十分です。

  • ああさん

    近所で浮いていますが、堂々としていようと思いました。

  • 匿名さんさん

    挨拶程度で十分かな
    深入りすると面倒だし

あなたの一言もどうぞ