- 赤ちゃんも料金は必要?カラオケで日頃のストレスを発散しよう | MARCH(マーチ)

赤ちゃんも料金は必要?カラオケで日頃のストレスを発散しよう

2015/03/04

shutterstock_178249892
カラオケはすっかりレジャーというか、趣味の一つとして定着している気がします。今のママたちが若い頃からカラオケボックスもあったので、カラオケが生活の中にあるのが当たり前なのかもしれませんね。

そしてよくカラオケでストレスを発散していた、なんて方もいて不思議ではありません。

そういったママたちが出産して、さてどこにストレスを発散しにいこうと考えた時に、例えばパチンコでしたら赤ちゃんを誰かに託させなくてなりませんが、カラオケなら赤ちゃんを連れても行けるのでハードルが低い気がします。

赤ちゃんの料金はいくら?

そんな赤ちゃん連れで気軽に行けるカラオケですが、気になるのは赤ちゃんに料金がかかるのか、です。これは多分全てのカラオケ店が統一しているものではないと思うのですが、大概のお店では料金は必要ないと思って間違いがないでしょう。

チェーン店などではどこでも同じ内容なので安心なのですが、そのお店だけしか存在していないとなると、独自のルールで決まっていますので、もしかすると料金がかかる場合があります。一応事前に確認されたほうが安心です。

未就学の子供の場合

ちなみに赤ちゃんだけでなく、小学生になるまで無料というお店は多いようです。

小学生になれば平仮名は読めますので、普通にカラオケを堪能することが容易に出来ますが、未就学の子供たちには平仮名が読める子、読めない子という幅がありますし、あまり歌が歌えないと判断されているのでしょうか。

こちらに関してもお店によって判断が異なるケースもありそうなので、きちんと確認されたほうが無難だと思います。未就学の子供が無料だと、親としてはありがたいですよね。

ドリンクオーダーは当たり前か

さて、赤ちゃんのお金は無料としても、お店によっては「必ず1ドリンクの注文を」とお願いされる場合があります。

そうなったら基本、赤ちゃんの分も頼む方向で考えます。もちろん母乳やミルクしか飲めない赤ちゃんには難しいでしょうが、ジュースなど飲める子供に関してはオーダーが必要になるかもしれません。

兄弟と一緒に入店して、その子たちがドリンクを頼んでいたら、赤ちゃんだって「飲み物が欲しい」と思うでしょう。オーダーの義務がなくても、頼む傾向が見られることだけは事前に知っておくと安心です。

お座り出来ないと抱っこは必須

カラオケは赤ちゃん連れのママが友達と利用することが多いようです。というのも赤ちゃんが泣いたりしても、カラオケ店という元々騒がしいというか音の大きな空間であることから、赤ちゃんの声が気にならないという点があるからです。

赤ちゃん連れにはキッズルームつきのお店が人気になっていますが、キッズルームがなくても比較的入りやすい環境でしょう。ただしまだ歩くのが出来ない子とかお座りが完璧じゃない子には、椅子がたくさんあるカラオケだと面倒です。

しっかり座れるくらいならば、赤ちゃんも楽しく過ごせるかもしれませんね。

ママはゆっくり歌えない?

幼児と赤ちゃんとママと過ごすには、カラオケはなかなか快適です。幼児でいろいろな歌を知っていると、カラオケをかなり楽しめます。

が、反面機械の操作は難しいので、ママがやらなくてはならず赤ちゃんのお世話もあるとなれば、自分はなかなか寛げないと思います。出来ればお友達など大人が一人でもいるとぐっと楽になります。

何回かカラオケへ通うようになってくると、幼児くらいになれば機械の操作を少し覚える子供もいますが、まずは字が読めないと難しいと思います。

おすすめはレジャーシート

本格的に赤ちゃんとカラオケで楽しみたい場合には、レジャーシート持参で行くといいかもしれませんね。そこで靴を脱いで過ごす、という作戦です。

とはいえ赤ちゃん連れだと長時間楽しむことは難しいので、ストレスがたまったと思ったら短時間楽しむ、という感じでカラオケを楽しんだら良いと思います。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ