関西の屋内スケート場!子供と寒い日でも一緒に楽しめるスポット

コメント0
2017/02/08

冬はどうしても家にこもりがち。でも、子供がいると「運動をさせなくては!」と思いますよね。

今年の冬は、親子でスケート場に出かけてみませんか?屋内スケートリンクなら、屋根付きで天候に左右されず遊べ、親子で運動不足も解消できますよ!

スケートは年齢を問わずできる有酸素運動。クリスマスやお正月に体重が増えてしまった…という方にもおすすめです!

関西エリアのスケートリンクをご紹介します。


アクセスのしやすさが魅力!浪速アイススケート場

平成28年4月に旧:大阪市立浪速スポーツセンターから生まれ変わった、明治スポーツプラザ浪速アイススケート場。

60m×30mの国際規格である通年型リンクです。

最寄駅は難波駅!アクセスのしやすさが魅力です。なんばパークスの目の前にあり、スケートの後は買い物や映画も楽しめます。

初心者から上級者、子供から大人まで、レベルと年齢に応じたスケート教室もありますよ。

6歳未満の子供には、保護者の同伴が必要です。(大人1名につき2名まで)

スケート用ヘルメット・ひじあて・ひざあての無料貸し出しもあります。

明治スポーツプラザ 浪速アイススケート場

  • 住所:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目8−8
  • 電話番号:06-6643-6449
  • アクセス方法:南海線「難波」中央改札より徒歩5分
    地下鉄「なんば」5番出口より徒歩7分
    近鉄線「なんば」より徒歩12分
    JR線「難波」より徒歩17分
    駐車場は30分200円
  • 営業日:通年営業 10:00~19:00(受付18:30まで)
  • 定休日:12/31、1/1
  • 利用料:大人1,400円 中高校生及び65歳以上800円 小学生以下600円 貸靴料400円
  • 公式ホームページ:https://meijisp.jp/naniwa-sc/

赤ちゃん連れに優しい!大阪プール・アイススケート場

八幡屋スポーツパークセンター内にある、大阪プール。冬季はアイススケート場に大変身します!

こちらのリンクは、赤ちゃん連れに優しい施設です。上の子をスケートで遊ばせたいけど、下の子が小さいから無理かな…と思っている方、ぜひ検討してください!

立地も地下鉄中央線「朝潮橋駅」の目の前。電車を降りてから歩く距離が短く、子連れにはありがたいですよね。

車で出掛ける場合は、大阪プールすぐ横にタイムズ駐車場を利用します。受付に駐車券を持っていくと、1時間分を無料にしてもらえますよ。

スケート場内は上級者が少なく、授乳室・おむつ交換台もある!

スピンやジャンプが練習禁止のため、上級者は少なめ。ヘルメット・サポーター・ソリの貸し出しもあります。

ソリを補助具として滑ると転びにくくお勧めです。

親子連れや初心者がゆっくり楽しめる環境が整っています。

場内には授乳室とおむつ交換台もあります。パパとママが交代で下の子の面倒を見ながら、上の子とスケートを楽しめますよ。

一般的に冬季のスケートリンクは5℃以下です。スケートができない下の子には、防寒対策をしっかりしてくださいね。

また、リンク内は、スケート靴についた氷が溶けて濡れている場合があります。観覧のみのお子さんも、着替えを持参してくださいね。

スケートリンク以外に、芝生広場や展望台も!

八幡屋スポーツパークセンターは、大阪プール(冬季はアイススケート場・夏季はプール)と八幡屋公園・大阪市中央体育館がある総合スポーツ施設です。

子供が走り回れるような広い芝生広場や、多目的広場もあります。

大阪市中央体育館はメインアリーナ・サブアリーナ・柔剣道場・トレーニング室など、すべての施設が地下にあります。

体育館の屋上は樹木や芝生等の植栽と遊歩道が整備されていて、その先には展望台があります。

スケート場で待ちくたびれた赤ちゃんの気晴らしにもなりますね。

大阪プール アイススケート場

  • 住所:〒552-0005 大阪府大阪市港区田中3丁目1-20
  • 電話番号:06-6571-2010
  • アクセス方法:地下鉄中央線「朝潮橋駅」徒歩1分
  • 営業日:11月上旬~4月上旬 9:00~18:45
  • 定休日:月曜日(不定)、年末年始
  • 利用料:16歳以上1,400円 6歳以上16歳未満800円 6歳未満無料 ※保護者の付き添いが必要です。(保護者1名につき2名まで)
    貸靴料400円
  • 公式ホームページ:http://www.yahataya-park.jp/osakapool/index.html

初心者に優しい!大阪府立門真スポーツセンター

東和薬品RACTABドーム(旧:なみはやドーム)の愛称でおなじみの、大阪府立門真スポーツセンター。

全日本選手権や四大陸選手権など、大きなフィギュアの大会も開催されたことがあります。

60m×30mのメインリンクと、30m×18メートルのサブリンクの二つがあります。

国際大会も開かれたけど、一般開放時は初心者向き!

国際大会も開けるほどの大きな施設なのに、一般開放時はとても初心者に優しいのが特徴。

一般開放時は原則ジャンプ・スピンの練習は禁止です。そのため、クラブ等に所属し本格的に練習している上級者は少なく、初心者を主体にゆっくり楽しめます。

氷上ソリの貸し出しや、無料ワンポイントレッスンの開催があります。

子供を氷上ソリに座らせて大人が押してあげれば、氷に立つのを怖がるお子さんでも楽しめます。

無料ワンポイントレッスンは、土日祝日の12:30と15:00の初心者を対象とした内容です。

多くのリンクにスケート教室はありますが、無料で受けられるレッスンはなかなかありません。

パパやママにスケートの経験がなくても安心ですね。親子でレッスンを受けて、滑れるようになりましょう!

小さい子供連れに嬉しい、広々とした施設

夏季はプールということもあり、更衣室が広いです。また、リンクサイドには採暖室やフリースペースがあり、休憩や飲食もできます。

土日祝はリンクサイドで軽食の販売もしています。ラーメン、カレーライス、肉まん、ホットドッグ、フライドポテト、から揚げ、飲み物など温かいものが豊富です。

子供が二人以上いると、一人は「もう止めたい」もう一人は「もっと滑りたい」と言って、困ることがありますよね。

休憩を挟みながらスケートができ、気分屋の子たちでもストレスなく楽しめます!

近くには花博記念公園鶴見緑地もあります。スケート後に立ち寄って、大自然や遊具を楽しむのもいいですね。

東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)

  • 住所:大阪府門真市三ツ島3丁目7-16
  • 電話番号:072-881-3715
  • アクセス方法:地下鉄長堀鶴見緑地線 門真南駅2番出口すぐ
    有料駐車場300台あり(普通車 1時間380円)
  • 営業日:冬季の一般開放時のみ
    9:00~12:00、12:30~17:00、17:30~21:00 ※一時退場可能
  • 定休日:不定期
  • 利用料:大人1,600円、子供930円
  • 公式ホームページ:http://www.namihayadome.gr.jp/index.html

サファリパークと遊園地も楽しめる!姫路セントラルパーク

甲子園球場48個分の広大な敷地の姫路セントラルパーク。

セントラルパーク内のプレイゾーンに建つ、まるでお城のような石材の建物「風の城」。冬季はこちらがアイススケートリンクに変わります!

スケートリンクの他にサファリパーク、遊園地など、1日楽しめるレジャー施設です。

初心者向け無料レッスンや、ツインエッジのシューズもあり!

毎週土日祝には、初心者向け無料レッスンがあります。安全な滑り方、安全な止まり方、安全な曲がり方などを教えてもらえます。

大人も子供も受けられます。

スケート未経験のパパやママの家庭でも、安心して出かけられますよ。

開催時間は12:30~13:00、14:30~15:00の2回です。

初めてスケートをする場合は、無料レッスン開始時間の1時間前にリンクへ入るのがお勧めです。

慣れていないと、お子さんの着替えやスケート靴へ履き替えさせるのに、結構時間がかかります。

いつもと違うスケート靴で陸や氷の上を歩く練習をしてから、親子でレッスンを受講しましょう!

子供用に、ツインエッジのスケートシューズもお勧めです。通常一枚のスケート靴の刃が2枚あり、初心者のお子さんでもバランスが取りやすいですよ!

サファリパークや遊園地も楽しめる!

姫路セントラルパークでは、肉食動物・草食動物たちが自然に近い状態で過ごしています。

チーター、ライオン、トラ、キリン、シマウマ、カバ、シロサイ、ラクダ、ゾウなど、子供が知っている動物もたくさんいます!

サファリバスで回れば間近に見られ、親子ともに大興奮間違いなしですね!

イヌやネコ、ヒツジなどに触れ合えたり、餌やりやポニーの乗馬(3歳以上)ができる
チャイルズファームもあります。

また遊園地は約40種類のアトラクションがあります。小さな子供でも楽しめる乗り物も複数ありますよ!

姫路セントラルパーク

  • 住所:〒679-2121 兵庫県姫路市豊富町神谷1436-1
  • 電話番号:079-264-1611
  • アクセス方法:山陽姫路ICより5分
  • 営業日:冬季のみ 平成28年度は11/23オープン予定
    10:00~16:30
  • 定休日:不定期
  • 利用料:姫路セントラルパークの入場利用料金で、滑走及び貸靴利用ができます。
    入場料金 大人3,100円 小学生以上1,900円 3歳以上1,200円
    ※入場料金でサファリパーク、遊園地、プール(夏季営業のみ)、アイススケートへ入場できます。
    ※ツインエッジの貸靴は別途500円が必要です。
  • 公式ホームページ:http://www.central-park.co.jp/

やっぱり、近所のスケートリンク!

子供連れの場合、移動時間は短くしたいですよね。

みなさんの自宅近くにも、スケートリンクがあるかもしれません。ぜひ確認してください!

大阪南部や和歌山の方はここ!大阪府立臨海スポーツセンター

ソチオリンピック代表の町田樹さんも練習していた、大阪府立臨海スポーツセンター。

大阪府内では最南部のスケートリンクです。南海電鉄からのアクセスが良好のため、和歌山方面から通う方もいらっしゃいます。

年中滑走可能なアイススケートリンクを始め、2つの体育室を有する複合スポーツ施設です。

バスケットボール・バレーボール・テニス・卓球・バドミントン・フットサル等の練習や大会も行われています。

りんスポ専属のコーチ陣がインストラクターを務める、週1回のスケート教室も好評です。(週1回の練習。中学生以下4,600円/月)

大阪府立臨海スポーツセンター

  • 住所:〒592-0006 大阪府高石市高師浜丁6-1
  • 電話番号:072-268-8351
  • アクセス方法:南海電鉄高師浜線「高師浜駅」徒歩3分。
  • 営業日:通年営業 
  • 定休日:毎週木曜日(木曜日が祝日の場合はその翌日)
    年末年始期間(12/29~1/3)
  • 利用料:高校生以上1,330円 4歳以上中学生以下890円
  • 公式ホームページ:http://www.mizuno.jp/facility/osaka/rinkai/

守口市周辺の方はこちらも!守口スポーツプラザ

大阪府・守口市にある守口スポーツプラザ VIVAスケート。

実はこちらのリンク、平成28年度で閉鎖してしまいます。最後のスケートを楽しんでくださいね!

守口スポーツプラザ VIVAスケート

  • 住所:〒570-0096 大阪府守口市外島町4-18
  • 電話番号:06-6993-2825
  • アクセス方法:地下鉄谷町線守口駅から徒歩7分
    京阪守口市駅から徒歩15分
    スケートリンク利用者は無料の駐車場100台あり
  • 営業日:通年営業 10:00~18:00 ※H29/3/31で閉館予定
  • 定休日:毎週木曜日
  • 利用料:高校生以上1,400円 3才~中学生1,000円 
    ※16時以降は200円割引
    貸靴500円
  • 公式ホームページ:http://moriguti.homepagelife.jp/index.html

京都にお住まいの方はここ!京都アクアリーナ

宮原知子選手、本田真凛選手、白岩優奈選手など、今、京都出身のフィギュアスケーターが国際大会で大活躍しています。

本田選手の妹の本田望結さんは、女優としても有名ですよね。

そんな京都府内で唯一の屋内リンクが、京都アクアリーナです。

きょうと子育て応援パスポートを窓口で提示すると、スケート利用料が割引されますよ。お持ちの方は、忘れずに持参してくださいね。

スケート以外にプール、アーチェリー場、トレーニング施設、芝生広場や多目的広場もあります。

また、平成28年5月からボルダリング(ロープなしのクライミング)もできるようになりました。

京都アクアリーナ

  • 住所:〒615-0846 京都市右京区西京極徳大寺団子田町64番地
  • 電話番号:075-315-4800
  • アクセス方法:阪急京都線「西京極」駅 徒歩5分
    専用駐車場あり(1時間250円)
  • 営業日:冬季営業のみ(11月~3月) 
  • 定休日:毎週火曜日 ※年末年始(12月29日〜1月3日)
    ※祝日の場合は翌平日 ※7・8月は無休営業
  • 利用料:高校生以上1,640円 小中学生820円 幼児無料 
    ※幼児1名につき保護者(大人料金対象者)1名の付添が必要
    貸靴料410円
  • 公式ホームページ:http://www.kyoto-aquarena.com/

神戸唯一のリンク!神戸市立ポートアイランドセンター

フィギュア・スピード・アイスホッケー等の国際競技ができ、初心者も楽しめるスケートリンク。メインリンクとサブリンクと二つのリンクがあります。

ジャンプやスピン等の上級者向けの練習は禁止で、初心者や親子連れ向きです。(17:00以降は状況により解禁されます)

神戸市立ポートアイランドスポーツセンター

  • 住所:〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6-12-1
  • 電話番号:078-302-1031
  • アクセス方法:ポートライナー「市民広場駅」下車すぐ
    施設周辺に有料駐車場複数あり
  • 営業日:冬季のみ(平成28年度は10/30 12:00より営業)
  • 定休日:毎週水曜日、12/30~1/1
    ※祝日、冬・春休み期間は営業
  • 利用料:高校生以上1,400円 中学生以下750円
    親子(大人と未就学児1人)1,400円 親子(大人と小中学1人)1,800円
    ※17時以降入場の場合は割引あり
  • 公式ホームページ:https://www.kobe-spokyo.jp/psc/

子供向けの遊具もある!尼崎スポーツの森

尼崎スポーツの森(尼崎の森中央緑地スポーツ健康増進施設)は、様々なスポーツが楽しめる、西日本最大の総合スポーツ施設です。

こちらのスケートリンクは、とても明るく清潔感があるアイススケート場です。

メインプールは可動床システムを採用しており、プール床の水深を0~3mまで上下に変動できます。

アイススケートリンクの時は水深を0mにし、プールサイド面とプール床高さをフラットにしてスケートを楽しめます。

スケートの他に、プールやフィットネス、フットサル、グラウンド・ゴルフ、ウォーターパークなどのスポーツ施設もあります。

森のこども広場には、吹き抜けの空間に張り巡らされたネット遊具や、ビニールボールのプールがあります。子供達が夢中で遊べる広場です!

パパやママも周囲にある見守りデッキから、子供たちを見守れますよ。

阪神甲子園駅、JR立花駅等から乗れる、無料シャトルバスもあります。

尼崎スポーツの森

  • 住所:〒660-0096 兵庫県尼崎市扇町43
  • 電話番号:06-6412-1643
  • アクセス方法:阪神高速5号湾岸線 尼崎末広IC出口から約3分 
    無料駐車場1,000台分あり
  • 営業日:冬季のみ 平成28年度は10/1~4/9まで
    平日10:00~18:30 土・日・祝・長期休業期間等10:00~19:00
  • 定休日:施設により異なる。アイススケート場は原則なし
    ※大会・貸切などで一部利用制限される場合があります。
  • 利用料:大人1,200円 中高生800円 3歳以上小学生以下600円
    65歳以上800円 貸靴料400円
  • 公式ホームページ:http://www.a-spo.com/

兵庫県東部の方にお勧め!ピュアスポーツ柏原

兵庫県柏原市にあるスケートリンク、ピュアスポーツ柏原。

11月~3月はアイススケートリンク、4月~9月はインラインスケートリンクとして楽しめます。

平成28年度のアイススケートリンクは、11/12~4/2営業予定です。

ピュアスポーツ柏原

  • 住所:〒669-3315 兵庫県丹波市柏原町大新屋449
  • 電話番号:0795-73-0102
  • アクセス方法:北近畿豊岡自動車道「氷上IC」から約10分
  • 営業日:11月~3月…アイススケートリンク 
    4月~9月…インラインスケートリンク
    平日15:00~19:00 土日祝・冬春休み10:00~17:00
  • 定休日:平成28年度は毎週水曜日(祝日の場合は営業)、12/31、1/14
  • 利用料:大人1,500 中高校生1,200円 小学生1,000円
    幼児(貸靴料込)1,000円
    小学生以上は貸靴料別途500円
  • 公式ホームページ:http://tamba-psk.com/

滋賀県の方はここ!滋賀県立アイスアリーナ

滋賀県内唯一のアイススケート場です。

初心者のお子さんでも楽しめる貸しソリがあります。

また、授乳室もあります。上の子にスケートをさせたいけど、下の子はまだ赤ちゃんというご家族も、安心して楽しめますよ!

滋賀県立アイスアリーナ

  • 住所:〒520-2123 滋賀県大津市瀬田大江町17-3
  • 電話番号:077-547-5566
  • アクセス方法:車の場合:【草津方面から】名神瀬田東ICから車で3分
    【京都方面から】名神瀬田西ICから車で10分
    電車の場合:JR琵琶湖線瀬田駅よりバスで10分、県立アリーナ前下車
  • 営業日:一般利用は9月~5月 ※平成28年度は9/22~5月予定 
  • 定休日:毎月第3木曜日、年末年始
  • 利用料:大人:平日1,200円/土日祝1,600円
    3歳以上高校生以下:平日550円/土日祝700円
    3歳未満は滑走不可。
    貸靴料400円
  • 公式ホームページ:http://www.bsn.or.jp/ice/

高槻市民は、関大リンクを利用できるかも!

大阪・高槻市にある関西大学のスケートリンク。

関西大学は高橋大輔さん・織田信成さん・町田樹さん等、オリンピックにも出場した有名選手を輩出しました。

現在も宮原知子さん等、有名フィギュアスケート選手が練習しています。

基本的に利用できるのは、関西大学の大学生や付属学校の生徒や他校の部活動などで、一般の利用はできません。

しかし、リンクがある高槻市民には、高槻市民ウインタースポーツデイ等で利用できる日があるようです。

開放日の情報は、高槻市ウェブサイトや、広報たかつき(市報)で案内されます。高槻市内にお住まいの方は要チェックです!

高槻市ウェブサイト:http://www.city.takatsuki.osaka.jp/

関西大学たかつきアイスアリーナ

スケート場での服装やマナーは知っていますか?

スケートリンクの温度は、冬は5℃以下、夏でも15℃と言われています。

季節によっては外との温度差もありますので、スケート場に来た服装そのままで滑るのはお勧めできません。

また、予め知っておきたいスケート場でのマナーもまとめました。

ぜひお出かけの前に確認してくださいね。

薄くて暖かい服と、厚手の靴下が基本!

アイスリンクは寒いですが、スケートは動きやすさが一番!

薄手で温かい素材の長袖・長ズボンにヘルメット・手袋・靴下を履くのが基本です。素肌が出ないようにします。

以下を参考に持ち物を用意してくださいね。

  • ジャンバー(動きやすいよう腰丈のものを。)
  • 長袖シャツ(ヒートテックなど、薄手で暖かい服が理想です。)
  • 長ズボン(氷の上で転ぶと濡れるため、防水性が高い生地がお勧めです。スカートは絶対NG!)
  • 厚手の靴下(スケート靴は硬いです。靴擦れ防止のため厚手のものを。重ね履きでも大丈夫です。)
  • 手袋(基本的にどのリンクも手袋着用必須です。)
  • ヘルメット・プロテクター(転倒時の怪我防止のため。)
  • 帰宅用の服(氷上で転ぶと服が濡れます。子供は下着も替えがあると安心です。)
  • タオル(汗をかいたり転んで濡れた時に拭くものがいります)

スケート場によっては手袋の販売をしていたり、ヘルメット・プロテクターの貸し出しをしています。しかし、着替えや防寒具の販売はありませんから、必ず持参してくださいね。

以下の記事も大変参考になりますよ。ぜひご覧ください!

子供とスケートの楽しみ方!持ち物や服装、靴の履き方も紹介
http://maternity-march.jp/ice-skating-kodomo34865/

スケート靴の履き方を間違えると、怪我をしてしまうことも。スケート靴の履き方で迷ったら、必ずリンクのスタッフの方に教えてもらいましょう!

見学がメインの方はダウンコートとひざ掛けをお忘れなく!夏場でもダウンコート羽織られている方もいます。

ケガを防ぐために!知っておきたいスケート場のマナー!

スケート場ならではのマナーもあります。まずは大人がルールを理解しましょう。

  • リンクで定められた方向に滑る
  • 大勢で手をつないで滑らない
  • スケート靴のエッジ(刃)等で、わざと氷を削らない

スケートリンクでは全員同じ方向で滑ります。車と同じで、逆走すると衝突の危険が高まるからです。

また、一人で氷の上に立てないと、他の人に支えてもらいながら滑ろうと思いがちですよね。

しかし、これはとても危険な行為です。初心者同士が手をつなぐと、バランスを崩して共倒れしてしまいます。

自分のスケート靴のエッジ(刃)で、相手の手や体を踏んでしまう可能性もあります。

一人で氷の上に立てない場合は、壁に掴まりながら滑ります。

エッジで氷を削る行為も、穴でつまずく元になって大変危険です!滑るのに飽きてくると、氷を削って遊びたがる子がいますので気を付けてください。

なお、リンクの中央は選手を目指す上級者が使っていることが多いです。ジャンプなどの高度な練習もしていますので、初心者の方は近づかないほうが無難ですよ。

出掛ける前に、営業日と営業時間の確認を!

スケート場は営業日・営業時間が日によりバラバラなところも多いです。

夏場はプール、スケートは冬季のみ営業という施設もあります。

また、スケートの競技会や、選手がリンク全面を貸し切って練習していることもあります。休日でも、一般客が終日利用不可という事もあります。

さらに、スケート場は閉鎖に追い込まれることが多く、昔遊んだリンクへ出掛けたらなくなっていることも珍しくありません。

必ずホームページで営業状況を確認してから、出掛けてくださいね。

スケートリンクで楽しく、運動不足解消を!

全国的に大人気のフィギュアスケート。

親子で見やすい夜の7時代にも、試合が中継されますよね。事前にテレビでスケート競技を見せておくと、お子さんもスケートのイメージがわきやすいですよ。

今年の冬は是非、親子でスケートにチャレンジしてみてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ