神奈川周辺の大きな公園。子連れで1日楽しめる人気スポット

コメント0
2017/01/15

晴れた日は、ちょっと足を延ばして大きな公園に出かけてみませんか?大きな公園には、季節を感じる事のできる植物が沢山植わっています。

公園を訪れる度に違う表情で迎えてくれるので、年間を通して楽しむことができます。また、小さな公園では味わえないような大きな複合遊具があるのも魅力の一つ。

珍しい遊具に子供もきっと、ワクワクしてくれる事でしょう。

楽しいイベントに参加したり、家族でのんびり休日を過ごしたり。みんなでバーベキューをするという楽しみ方もできます。

大きな公園は訪れる人ごとに、好きな楽しみ方ができるのも魅力の一つです。

ここでは家族みんなで楽しむ事ができる、神奈川県周辺にある大きな公園情報を紹介いたします。

大型遊具が人気!蛍の生息する こども自然公園(旭区)

横浜市旭区にある「こども自然公園」は、横浜最大級の広さを持つ公園です。6600㎡の「大池」という池を中心に広がる公園なので、「大池公園」とも呼ばれています。

歴史も古く明治の終わり頃には、河童が住んでいたという伝説もあったそうです。

池のほとりには弁財天をまつるほこらがあるなど、歴史を感じる事の出来る.公園です。

園内には桜や梅の名所などもあり、四季を感じながらバーベキューを楽しむこともできます。

また小動物と触れ合う事のできる動物園や、立派な大型遊具も設置されているので大人だけでなく、子供も1日楽しむことができる公園です。

「横浜旭ジャズまつり」など、大きなイベントも企画されている事もあるので、予めHPを確認してから足を運んでみてくださいね。

大型遊具でいっぱい遊ぼう!

園内には、無料なの?と思うくらい大きな複合大型遊具が設置されています。こちらは、6歳~12歳向けの遊具です。見ているだけでも、楽しい気分になります。

特にロングローラー滑り台が子供たちに人気!少し大きくなったら、遊ばせてあげたい。そんな遊具です。

小さな子供たち用には、幼児用の大型複合遊具が設定されています。

こちらには、ふわふわトランポリンがあったり、お店屋さんごっこができる遊具がったりと、夢中に慣れそうな遊具が沢山あります。

年令の離れた兄弟がいる場合には、それぞれが楽しめる遊具があり、1日楽しむことができできます。

好きな広場で、のんびり家族と過ごす休日

こども自然公園には、「ピクニック広場」「芝生広場」「自由広場」「ドーナツ広場」があります。

それぞれのんびりできそうな広場なので、お弁当をもって日常の時間を忘れ、自然の中で家族とのんびりお昼を食べるのはいかがですか?

せっかくの広い広場なので、ボールや縄跳び・バドミントンのような遊び道具を持って行くとより楽しめます。

各広場へは、第2駐車場を利用すると行きやすいので、お弁当を広場で食べようと考えている方は、駐車場をチェックしておいてくださいね。

圧巻の桜にゲンジボタル・・・季節を彩る生き物や植物たちに会いに行こう!

冬が終わり少しずつ春の気配を感じる頃、梅林では220本の梅の花を楽しむことができます。

少し暖かくなり、外に出たくなる季節です。子供と一緒に、梅の花の香りを楽しんでみてはいかがですか?

そして春になると、1000本の桜が咲き誇る桜山があります。そこには、毎年多くの花見客が訪れ、圧巻の桜を見る事ができます。

圧巻の桜をバックに、子供の写真を撮影するのも良い思い出になります。

またこちらの公園は、天然のゲンジボタルの生息地にもなっており、横浜指定文化財に指定されています。

ホタルの見ごろは6月頃です。親子で楽しめるのでぜひ、その季節の夜に家族でホタルを見に行ってみてはいかがですか?

今では多くの子供がホタルの存在を知りません。特に小さな子供にとっては良くわからない生き物だと思います。

行く前に「ホタルってどんな生きものなの?」「どんなところで生きられるの?」「どのくらいの期間光る事ができるのかな?」「大人になったら、水しか飲まないんだって。」など子供との会話を楽しみながら、ぜひホタルについて一緒に調べてみてくださいね。

調べてから行くことで、本物のホタルを見た時の感動が更に増します。その感動が生きものへの興味を持つきっかけとなるかもしれません。

なかなか天然のホタルを見る事ができない時代だからこそ、美しい光景を子供にも見せてあげたいですよね。

こども自然公園(北部公園緑地事務所) 

とにかく広い!季節を感じながら遊べる昭和記念公園

東京都立川市にある昭和記念公園は、年齢を問わずとても人気のある公園です。川崎市からも行きやすいスポットなので、ご紹介します。

昭和記念公園は、昭和天皇の即位50周年を記念して作られました。面積は、180万㎡というとても広い公園です。

敷地内には音楽ホールやプールがあり、バードウォッチングやバーベキュー・サイクリングも楽しむことができます。

また日本庭園や緑の文化ゾーンがあり、お天気によっては富士山を見る事もできます。

一年を通して自然を楽しむことができ、四季の移り変わりを味わう事が出来る公園です。

とても広い公園なので歩いて一周するのは、大変です。予めHPを確認して、行きたい場所に近い駐車場や駅を確認してから遊びに行くことをお勧めします。

自然が美しい公園。季節を感じる子供の写真を撮りに行こう!

昭和記念公園では、1年を通して四季を楽しむことができます。美しい花々を子供と一緒に見に行くのは、いかがですか?

園内には桜のスポットもあり、そこには200本の桜が咲いています。園内には合計1500本もの桜を見る事ができ、春を満喫する事ができます。

また秋には銀杏並木が美しく、黄色に染まった美しい光景を見る事ができます。

時期 植物
3月~ フクジュソウ・ウメ・桜・チューリップ・ポピー・フジ・スイレンなど
6月~ スイレン・ハナショウブ あじさい など
8月上旬~9月上旬 ひまわり・スルスベリ など
9月中旬~10月上旬 きんもくせい
9月上旬~11月上旬  コスモス
10月下旬~11月下旬 紅葉類
11月下旬 いちょう
10月下旬~2月下旬 さざんか・ソシンロウバイ・ふくじゅそう・ウメなど
季節によって見せてくれる公園の表情が変わりますので、子供を連れて写真を撮りに訪れるのもお勧めの公園です。

それぞれの季節の美しさをバックに、子供のその時を映してカレンダーなどを作るというのも、良い思い出になります。

子供が自分で遊びを見つける場所「こどもの森」

星のゲートをくぐると、そこには不思議なものや遊具がたくさん。

ピラミッドがあったり、季節によって水の量がかわる不思議な泉。「地底の泉」や石の谷・大きなドラゴンの遊具が出現したりと、まるで冒険の世界に来たかのような場所です。

子供がワクワクしながら、1日遊べるスポットです。

そこには「雲の海」という日本最大級のトランポリンがあります。中学生以下専用の遊具なので、安心して小さい子供でも遊べます。

15歳以上でも付き添いであれば利用できるで、親が一緒に付き添えるので安心です。

お子さんと一緒に、冒険の旅にでてみませんか?

子供が大好き!「水遊び広場」でいっぱい遊ぼう

暑い日には、お着換えをもって水を浴びはいかがですか?水深30cm以下という浅い水遊び場。ここなら小さな子供も安心して遊べますね。

可愛らしい大きなお魚のオブジェもあり、見ているだけで子供たちもワクワクしてきます。

園内のプールが営業期間は有料となってしまいますが、4月末~6月末頃、9月中旬~下旬あたりは、無料で自由に入る事ができます。

時には大人も子供と一緒に、水の中に足をいれてみてはいかがですか?

「みんなの原っぱ」でお弁当を食べよう

まるで絵本やテレビのCMででてきそうな、広い原っぱです。

どこまでも続く芝生。美しく晴れた日には、レジャーシートを敷いてお弁当を食べるのがおすすめです。のんびりするだけでも、心が解放されそうな場所です。 

面積が南北に約400m東西に300mととても大きな広場です。

ここであれば子供たちはめいっぱい、思う存分走り回る事ができます。ボールなどを持って行くと更に子供と楽しい時間を過ごせますよ。

行くたびに楽しい!イベントが盛りだくさん

昭和記念公園では、常に何かの展示やイベントが開催されています。イベントの中には、花火大会から、地域の催し物、フリーマーケット・イルミネーションまた、小さな子供向けのイベントまで開催されています。

子供向け体験イベントでは、その季節や園内で行われているイベントをテーマにしたものが開催されています。

秋であれば、どんぐりの種類を当てるイベント等、図鑑だけでは味わう事ができない、本物の草木の香りや手触りを楽しむことのできる、イベントです。

詳しい方のお話がきけるので、ママやパパも一緒に楽しめます。

おうちに帰ってからも、子供に「○○っていうお名前の木の実だったね」とお話ができそうですね。

子供と一緒に身近な世界をより深く広げるチャンスです。どんなイベントが開催されているのか?ぜひチェックをしてみてくださいね。

国営昭和記念公園管理センター

  • http://www.showakinen-koen.jp/facility/
  • 所在地 〒190-0014 東京都立川市緑町3173
  • TEL 042-528-1751
  • 開園時間 9:30~17:00(3/1~10/31)
         9:30~16:30(11/1~2/末日)
         9:30~18:00(4/1~9/30の土・日・祝)
  • 休園日 年末年始(12/31・1/1) 2月の第4月曜日とその翌日
        その他休みの場合もあるので、HPをご確認ください。
  • 入園料 大人(15歳以上)410円 小人80円 シルバー(65歳以上)210円 ※無料入園日あり
  • 駐車場 あり(有料)
  • ベビーカー 無料貸し出しあり
  • トイレにベビーベッド・ベビーキープ設置あり

スポーツとレクリエーションの公園 大和ゆとりの森

神奈川県大和市にある「大和ゆとりの森」は、スポーツとレクリエーションがテーマの公園です。遊具だけでなく、テニスコートやサッカー場 バーベキュー広場もあります。

イベント等も開催されることがあり、小動物との触れ合いができるイベントやフリーマーケット・スポーツをテーマにした企画。サッカー教室や安全教室が開催されることもあります。

小さな子供でも楽しめる企画もあります。ぜひお出かけ前には、ホームページを確認してみてくださいね。

幼児のための、大型複合遊具であそぼう

この公園の大きな複合遊具は、子供に人気があります。子供広場ゾーンと幼児遊具ゾーンにわかれているので、小さな子供も安心して遊ぶ事ができます。

遊具は人気のローラーコースターやネットタワー、ターザンロープなどもあります。大きくて迫力のある遊具をぜひ楽しんでみてくださいね。

そして小さな子供が遊べるような砂場もあります。

スコップやバケツは予め用意されていて、自由に使うことがでます。もしもお気に入りの砂場セットあれば、持って行くと更に楽しめます。

敷地内には、3歳~9歳まで遊べる「ふわふわドーム」があります。

ふわふわドームは、大きな白い膜を膨らませたトランポリンのことです。小さな子供も、跳ねたり、飛んだり。大はしゃぎで楽しむことができます。

ふわふわドームは、雨や風・気温など天候によって休みとなる事があるので、注意が必要です。

こちらの公園は、あまり日陰が無いという声もあります。雨が降りそうな場合は雨具。お天気がいい日には帽子など、熱中症や日焼け対策を必ず持って行きましょう。

飛行機が間近に見える公園

大和ゆとりの森は、厚木基地がとなりにあるので、飛行機を間近で見る事が出来るスポットでもあります。

芝生も多いので、お弁当を持ってのんびりと飛行機を見るのも良いでしょう。

ただあまりにも近すぎて、飛行機の音がとても大きいというママもいます。赤ちゃんを連れて行く場合は、泣いてしまう可能性もあるので少し注意が必要です。

大和ゆとりの森

  • http://www.nicspark.com/yutori/
  • 所在地 〒242-0024神奈川県大和市福田4112
  • TEL 046-267-6800
  • 入園料 無料
  • 開園時間 特になし
  • 駐車場 あり 有料
  • 授乳室 あり

地下鉄を降りてすぐ!美しいと評判の「岸根公園」

横浜市港北区にある「岸根公園」は、横浜市営地下鉄の「岸根公園」駅からわずか徒歩1分という好立地にある公園です。

140.587㎡という広さの岸根公園は、市街地にありながら緑があふれており「歩いているだけで爽快感がある。」「ごみが無く美しい公園」という声や口コミがあります。

園内には「ひょうたん原っぱ」という広場があります。

広くて美しい原っぱなので、お弁当を食べたり、バドミントンやボールなど遊び道具をもっていって、おもいっきり家族で遊ぶのも良いですね。

ただゴミ箱が無いので、スーパーの袋など、ごみ袋の代わりとなるものを持って行くことをお勧めします。そして出したごみは、家庭に持ち帰るようにしましょう。

また「ひょうたん原っぱ」では、様々なイベントが開催される事があり、多くの人が足を運びます。

「岸根公園感謝day」では公園のゆるキャラと撮影ができたり、子供たちの大好きなヨーヨー釣りやスーパーボールすくいなどができる企画も。

夏休みには、子供向け竹細工コーナーが期間限定で開催されたこともあり、期間限定で子供が楽しめそうなイベントが開催される事もあります。

どの様なイベントが開催されているのか?お出かけ前に予めHPで確認をしてみてくださいね。

忍者気分になれる遊具!「忍者とりで」で遊ぼう

園内には「忍者とりで」と呼ばれる遊具の集まりがあります。忍者になった気分で、色々な遊具にチャレンジしてみましょう。

ただ小さな子供には危険な遊具もあるようなので、遊ばせる時はママとパパが目を離さないようにしておきましょう。

小さな子供には砂場があります。砂場セットをもっていくと、子供も夢中になって楽しむことができます。

ぜひ、お気に入りの型で、面白い形の砂をたくさん作って遊んでくださいね。園内にはスロープが作られており、ベビーカーでも気軽に回れます。

岸根公園 岸根公園管理センター

  • http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/kishine/
  • 所在地 横浜市港北区岸根町725
  • TEL・FAX:045-481-1697
  • 入園料 無料
  • 開園時間 特になし
  • 駐車場 あり
  • ベビーカー 無料貸し出し あり
  • 授乳室 なし(管理センターに声をかけると管理センターを貸し出してくれます。)

歴史を感じる。海と山のレジャーを楽しむ「観音崎公園」

神奈川県横須賀市にある「観音崎公園」は、海と山のレジャーを楽しめる公園です。海の側そして山ならではの遊びができる公園として人気があります。

公園の歴史は古く、もともとは江戸湾警備のための船見番所として使われていたようです。

西洋式灯台が、日本で初めてつくられたのもこの場所です。

公園になる前は、レンガの造砲台まで建設され、防備の要の場所となっていました。そのため当時は一般の人が入る事が出来ない場所だったようです。

その後1975年に公園となり、家族連れなどで賑わう場所へとなりました。そんな歴史深い公園では、歴史のみならず、文化や散策・眺望を楽しむことができます。

アスレチックに散策・・・。家族で公園を楽しもう

園内では植物を楽しむことができます。6月にはたくさんのアジサイが咲き、美しい景色へと変えてくれます。

またクライミングウォールが設置されていたりと、大人も楽しむことができる公園です。

子供の遊具も充実しており、木製アスレチックやローラー滑り台もあります。

ジャングルジムや縄でできたトランポリンもあり、楽しむ事ができます。小さなお子さんの場合、危険が伴う事があるのでパパやママも一緒に遊んであげましょう。

歴史ある灯台に登る事もできるので、訪れたら灯台に足を運んでみてください。灯台の上から海の遠くまで見渡す事ができます。

なかなか見る事のできない灯台です。子供も興味があると思います。

灯台は「海の目印で、海の安全を守っているんだよ。」など、灯台の役割について教えてあげてくださいね。

また遠くまで広がる海を、見る機会が少ない子供もいるかと思います。海水浴では見る事ができない景色なので、海についてお話ができる良い機会にもなります。

「海って大きいね。」「海って広いだけじゃなくて、深いんだよ」「この先にはいろんな国があるんだよ。」「昔は飛行機が無いからみんな船に乗って冒険したんだよ。」

と、灯台のお話と絡めながら海の話をすると、子供も興味が持てると思います。

また、せっかくの海の側という立地です。お弁当もぜひ、船を見ながら食べるのがお勧めです。

子供たちとどんな船が海にでているのか、話をしながらご飯をたべるのもいいですね!

アクアリウムを作るイベントやひまわりを摘むイベント等、子供が楽しめそうなイベントやワークショップも開催される事があります。

写真好きなパパやママには、思い出のワンショットを撮影するチャンスになります。定員に限りがある場合や持ち物が必要な場合もありますので、予めイベント情報を確認しておく事をお勧めします。

観音崎公園

  • http://www.kanagawaparks.com/kannon/about/
  • 所在地 〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1262 
  • TEL 046-843-8316(観音崎公園パークセンター 8:15~17:15)
  • 入園料 無料
  • 駐車場 あり
  • 開園時間 終日開放.
  • 休園日 無休(年末年始を除く:12月29日~1月3日)

個性的な遊具に興奮!小田原こどもの森公園わんぱくらんど

神奈川県小田原市にある、「小田原こどもの森公園わんぱくらんど」は、個性的な遊具や子供列車・動物にも触れ合う事が出来る、子供の大好き!が詰まった公園です。

遊具は、小田原城をイメージした大型複合遊具。まさに小田原ならではの遊具です。

「ごろごろ岩」「くもの巣廊下」「へびの橋」「竜巻滑り台」など、忍者や武士になったつもりで遊ぶことができます。

また、67mもの長さのある「わんぱく大橋」は、スリル満点!大きくなってきたら、チャレンジしてみたい!と思うような遊具がたくさんです。

子供列車やポニーに乗って遊ぼう

園内には子供列車が走っています。「なかよし号」や、ロードトレインの「わくわく号」です。

車いすやベビーカーでも乗る事が出来るので、赤ちゃんと一緒に楽しむことができます。

大人300円 子供100円 未就学児 無料というお財布に優しい値段もうれしいですね。

SL以外にも、ポニーに乗る事が出来ます。小学生以下が対象で1回300円です。 動物情報が記載されているアニマル新聞も発行されています。

小田原子供の森公園ならではの、ユニークで楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

小田原こどもの森公園わんぱくらんど

  • http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/park/wanpaku/park/o-wanpaku.html
  • 所在地 神奈川県小田原市久野4377-1
  • TEL 0465-24-3189
  • 入園料 無料(施設によって有料)
  • 開園時間 午前8時30分~午後5時00分(自販機・便所・売店・管理棟)
  • 休園日 月曜日(祝日を除く)・祝日直後の平日・年末年始(12月28日~1月3日)※GW・夏休みは無休。※休園日も公園に入って遊べます。
  • 駐車場 あり(有料)
  • 授乳室 あり
  • おむつ交換台 あり

大きな公園で、パパもママもリフレッシュしよう。

いかがでしたか?公園によって個性もそれぞれ。様々な遊具が子供たちを楽しませてくれます。

小さな公園とは違い、1日で回り切れないスケールの公園は、何度訪れても発見があり楽しいものです。

公園の景色を見ているだけでも、日常の子育てや仕事の忙しさから解放されるような気分になります。自然に触れることは、大人にとっても良い気分転換になります。

時にはのんびり家族で公園にでかけてみては、いかがですか?公園ならば1日ゆっくりとお金をかけず、家族全員で楽しむことができます。

より公園を満喫するためにも、お出かけ前には口コミ情報や施設情報をチェックしてからお出かけくださいね。

家族のコミュニケーションを取るには、公園は最適な場所です。平日は忙しくて、なかなか子供と遊ぶ時間がないお父さん。

ぜひ公園で子供たちとたっぷり遊んで、たくさんおしゃべりをしてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ