- 神奈川県周辺で子供お出かけ!動物と触れ合える人気スポット | MARCH(マーチ)

神奈川県周辺で子供お出かけ!動物と触れ合える人気スポット

2016/10/21

shutterstock_107363126

せっかくの休日。お天気も良いしどこかお出かけしたい!そんな時、お弁当をもって動物に触れあえるスポットを訪れてみてはいかがですか?

動物園は、小さな子供から大人まで楽しめるスポットです。動物園によっては、直接動物にエサをあげたり、抱っこしたりできる場所もあります。

動物と触れ合う時お子さんによっては、ちょっと怖がる様子が見られるかもしれませんが、それも子供にとっていい経験です。

めったに見られない、今の子供の表情を動物を通して見てみるのも楽しみの一つです。

動物園によって触れ合える動物も違うので、子供が好きな絵本に出てくる動物の本物ってどんなのだろう!と会いたい動物に会いに行くのもたのしいですね。

ここでは、気軽に楽しめる小さな動物園から、一日ガッツリ遊べる動物園まで!神奈川県周辺で動物と触れ合えるスポットをご紹介します。

乳しぼり体験やチーズ作り体験ができるスポット「こどもの国」

shutterstock_435156646

神奈川県横浜市青葉区にある「こどもの国」は、平成天皇のご結婚を記念して1965年5月5日に開園しました。広さ約100ヘクタールもあり、110mものローラー滑り台・ミニアスレチック・湖でボートを楽しめたりもできます。

園内には、こども動物園があり、乳牛約40頭・羊約30頭を飼育しています。動物たちと気軽に触れ合う事ができるスポットとしても人気です。

また、バーベキュー場もあり、夏はプール。冬になればスケートを楽しむことができる施設も用意されています。

季節を感じながら、家族だけでなくお友達とも1日楽しめるスポットとしても人気です。

株式会社雪印こどもの国の牧場

こどもの国の園内にある、どうぶつと触れ合う事ができるテーマパークです。

動物へのエサやりけだけでなく、乳しぼりやバター・チーズ作り体験もできるのが人気の理由。

また、そこで売られているソフトクリームは、一度食べたらやみつきになると、名物になっています。

牛や羊にエサをあげる事もできますが、大きな動物はちょっとまだ怖い・・・という小さなお子さんには、モルモットやうさぎも飼育されているので、安心して動物との触れ合いを楽しむことができるスポットです。

乳しぼり体験が魅力・バターやチーズづくりも 牛に餌を与えることも!

ここでは、乳牛や羊に餌をあげる事ができます。また、2歳~小学校6年生までであれば、ポニー牧場で乗馬にチャレンジする事ができます。

こども動物園(有料)では、どうぶつにおやつを購入してあげる事ができます。おやつ時間は、15時までで売り切れ次第終了です。

もっと触れ合いたい!という時は、うさぎやモルモットを抱っこする事もできます。

こどもの国牧場には、牛や羊も飼育されています。餌を購入してあげる事もできます。

4歳以上から先着50名ですが、土曜・日曜・祝日に1日2回「乳しぼり体験」ができます。(11月は1回)毎週日曜日には、バターやチーズづくり体験(有料)もできます。バターづくりは先着12組。チーズ作りは、先着8組になります。

110mの滑り台は、圧巻!小さな子から遊べる遊具が充実

子供の国には、動物と触れ合いができるだけでなく、110mの長さの滑り台やドラム缶いかだ・キュービックランドなど、いつもの公園では遊べないような、大型複合遊具が設置されており、動物と触れ合った後も、一日子供と一緒に楽しむことができます。

正面玄関の入り口広場では、チョークが置いてあり、地面に落書きだってできちゃいます。

中央広場では、様々なイベントが開催され、ワークショップなどの他にも、縄跳びやフラフープ・ホッピングの無料貸し出しが行われることもあります。

園内には、お手軽な金額であそべる乗り物もたくさん

広い園内には、子供が遊べるのりものもあり、「ミニSL太陽号」に乗る事もできます。

特に充実しているのが、自転車。面白い自転車の体験ができるのも、ここならでは!の遊び方です。

ヘリコプターの形をした、「へリサイクル」。みんなでこぐ事で進む、ジェットコースターのような、「ローリングサイクル」。ユニークな形の「おもしろ自転車」などもあります。

年齢によっては、パパやママと一緒なら乗る事ができる自転車もあります!
また、広い園内。疲れた時は、「あかポッポ号」で園内を一周する事ができます

施設名:こどもの国

公式サイトURL:http://www.kodomonokuni.org/

  • 住所:〒227-0036 神奈川県横浜市青葉区奈良町700
  • 電話:総合案内 045-961-2111(受付時間9時~17時)
  • 開園時間: 9時30分~16時30分(15時半最終入園)
    7月~8月は、最終入園時間16時。閉演時間17時
  • 休園日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)12月31日・1月1日
  • 入園料:一般0~2歳児無料・3歳~100円 中学生・小学生 200円 大人高校生600円
  • 年間パスポート:あり
  • オムツ交換所・授乳ブーズ:あり
  • ベビーカー貸し出し:あり(有料)

ラクダに乗ってコブに触れよう。「よこはま動物園 ズーラシア」

神奈川県横浜市旭区にある「よこはま動物園ズーラシア」は、「生命の共存・自然との調和」をテーマにつくられている動物園です。

7つの気候帯・地域別にゾーンがつくられており、動物の生息環境が再現されています。1歩園内に入場すると、動物園というよりはテーマパークのようなつくりが、一層ワクワクさせてくれる動物園です。

また、展示方法にも工夫がされており、動物の生活を様々な角度から観察する事ができる展示は、とても興味深く楽しむことができます。

オカピなど、日本ではあまり見かける事のできない動物の飼育がされており、繁殖にも力を入れているので、かわいい赤ちゃんに合えるチャンスの多い動物園です。

日本で見られるのは数か所。ズーラシアは、オカピが人気!

ズーラシアといえば、オカピ。子供から大人までオカピのファンは、いっぱいいます。ズーラシアに行ったならば、一度は見ておきたい動物です。

shutterstock_171053591

オカピの発見は、意外にも最近の出来事です。1901年にイギリスの探検家が発見されました。シマウマのようなキュートな足が印象的で、キリンの様な長い舌を上手に使って、木の葉や新芽を食べます。

レストランでもオカピをモチーフにしたメニューや、売店では可愛いグッズもたくさん売られています。

いつの間にかオカピのファンになり、帰りに「オカピの人形がほしい!」とおねだりされるかも!?ぜひ、ズーラシアに行ったら本物のオカピに会ってきてくださいね。

飼育員から動物たちのお話がきける時間を狙おう!

ズーラシアには、「飼育係のとっておきタイム」というのがあり、飼育担当者さんから、直接動物についてお話を聞くことができます。

飼育係さんしか知らないような、面白い話を聞くことができるチャンスなので、興味がる動物は、時間を確認して各動物の展示場前に行きましょう!

天候や、動物の体調によって急遽中止や変更がある可能性があるので、当日動物園で予め確認をとる事をお勧めします。

ラクダにも乗れる!貴重なふれあい体験は、ズーラシアならでは

ズーラシアでは、モルモットやパンダマウスに触れられるだけでなく、5歳以上(体重・身長規定あり)であれば、有料でラクダに乗る事もできます。

ラクダの説明を聞きながら、乗る事ができ、めったに触る事のできないコブに触れる事もできます。

また、小型ヤギであるピグミーゴートにも触れる事ができるのも楽しみの一つです。パカパカ広場では、エサやりや引き馬の体験もできます。

ズーラシアならではの、貴重なふれあい体験をぜひお楽しみくださいね。

施設名:ズーラシア

公式サイトURL:https://goo.gl/R8G5LW

  • 住所:〒241-0001 横浜市旭区上白根町1175-1
  • 電話:045-959-1000
  • 開園時間:9時30分~16時30分(16時半最終入園)
  • 休園日:毎週火曜日(祝日の場合は開園・翌日休園)12月29日~1月1日
    5月・10月は無休(年間開園カレンダーを確認してくだい)
  • 入園料:小学生未満 無料 中学生・小学生200円 高校生300円 大人800円
  • 年間パスポートあり
  • ベビーシート:あり
  • 授乳室:あり
  • ベビーカー貸し出し:あり(有料)

希少な動物に出会える場所「金沢動物園」

神奈川県横浜市金沢区にある「金沢動物園」では、世界でも希少な草食動物を中心に飼育しています。

アメリカ区・ユーラシア区・オセアニア区・アフリカ区に分けて展示しているのが特徴です。

オセアニア区では、「コアラのランチタイム」を見る事ができます。コアラは、なかなか動いている様子を見る事ができないので、13時半~のランチタイムは、必見です。

アフリカ区では、希少なアラビアオリックスにも会う事ができます。野生では一度絶滅をしているだけに、とても希少な動物です。

ユーラシア区では、四季の植物を楽しみながら、スーチョワンバーラルやニホンカモシカ・タンチョウを見る事ができます。

アメリカ区では、金沢動物園でしか見る事のできないプロングホーン・シロイワヤギに会う事ができます。

景色も良く、海の公園や八景島・東京湾・観音崎・房総半島などを、「しいの木山展望台」より眺める事ができるので、珍しい動物を楽しみながら、子供とお散歩も楽しめます。

ほのぼの広場で動物と触れ合おう

やぎ・羊・ポニー・ミニブタが展示されています。柵越しで、動物と触れ合う事ができ、「ヤギさんにおやつをあげよう」のイベントでは、おやつを直接あげる事ができます。

一日2回行われており、各回とも先着30名がおやつをあげる体験ができます。天候や動物の体調によって中止になる事がりますので、時間などを園内案内で当日確認する事をお勧めします。

施設名:金沢動物園

公式サイトURL:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

  • 住所:〒236-0042 横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
  • 電話:045-783-9100.
  • 開園時間:9時30分~16時30分(16時 最終入園)
  • 休園日:毎週月曜日(祝日の場合は開園・翌日休園)12月29日~1月1日
    5月・10月は無休
  • 入園料:一般500円 高校生・中人300円 小学生・中学生200円 小学生未満 無料
  • 年間パスポート:あり
  • トイレにベビーシート:あり
  • 授乳室:あり
  • ベビーカー貸し出し:2歳まであり(無料)

動物だけじゃない!充実の施設「長井海の手公園ソレイユの丘」

神奈川県横須賀市にある「長井海の手公園ソレイユの丘」は、三浦半島にある、農と海を楽しむことができる体験パークです。

アスレチックやじゃぶじゃぶ池もあります。15種の面白自転車や、730mのゴーカートコースまであります。

体験教室では、パンやピザ・お菓子作りなど食事づくりの体験する事ができ、クラフト体験では、オカリナづくりや万華鏡・オルゴールなど、他にも様々な制作を楽しむ事ができます。

手ぶらでのバーベキューや旬の食べ物を収穫できる収穫体験も充実しており、疲れた体を癒す温浴施設も完備されています。

動物だけでなく、大人から子供まで1日楽しむことのできるレジャー施設です。

カピバラ・カンガルー・うさぎなどの動物とふれあえる

ふれあい動物村では、「カピバラ・カンガルー広場」があり、カピバラとカンガルーが共同生活をしています。タイミングがよければ、プールで泳ぐカピバラを見る事ができるかも!

「メエメ」広場では、羊ややぎとの触れ合いが楽しめます。

また、タカ・ミミズクなどの珍しいバードショーが見られれるのもここならでは!天候や曜日によってショーの時間が異なるので、予め確認をするのをお勧めします。

小さな子供でも遊ぶことができる「ワンワン広場」や「ぴょんぴょん広場」もあります。ここでは、小型犬やうさぎ・モルモットたちとの触れ合いを楽しめます

会える時間がきまっていますので、開催時間を確認しておくと安心です。

施設名:長井海の手公園ソレイユの丘

公式サイトURL:http://www.seibu-la.co.jp/soleil/

  • 住所:〒238-0316 神奈川県横須賀市長井4丁目地内
  • 電話:046-857-2500
  • 開園時間:9時00分~18時(3~11月)
    9時30分~17時(12~2月)変更する場合があるので確認要
  • 温浴施設営業時間:10時~21時
  • 休園日:年中無休
  • 入園料:無料(ふれあい広場は有料:4催場310円)

手軽にポニーに乗れる!「相模原麻溝公園ふれあい動物広場」

神奈川県相模原市南区にある、「相模原溝麻公園」。園内には、動物と触れ合う事の出来る小さな動物園「ふれあい動物広場」があります。

小さいけれど様々な施設があるのが特徴です。「ちょっと時間ができたし。遊びに行こう!」という時には、気軽に行けるのが魅力的なふれあいコーナーです。

リーズナブルな金額でポニーに乗る体験ができたり、リスザルやアライグマの展示コーナーもあります。

気軽にウサギやモルモット・ヤギ・羊などに会えるのも魅力的です。

ふれあい動物広場は、アスレチックや芝生広場が美しい大きな公園内にあるので、お天気の良い日はお弁当を持ってお出かけもできます。

公園で遊びながら、動物にも会える。のんびり子供と遊べる穴場スポットです。

施設名:相模原麻溝公園ふれあい動物広場
公式サイトURL:http://www.e-sagamihara.com/nature/museum/0131/

  • 住所:相模原市南区麻溝台2317-1
  • 電話:042-778-3900
  • 開園時間  9時30分~1 7時(4~9月)
    9時30分~1 6時(10~3月)
  • 休園日 月曜日(祝日の場合は翌日休園)
  • 利用料金 ポニー乗馬(100円)餌やり体験(100円)モルモットふれあいコーナー(無料)

子供も大好き!リスと触れ合える、リス専門動物園「町田リス園」

shutterstock_405038299

東京都町田市にある「町田リス園」は、1988年にオープンしたリスの動物園です。

200匹のタイワンリスが放し飼いにされています。歩いていると、リスちゃんがササっと通り過ぎていきます。

ひまわりお種(有料)を手に乗せて差し出すと、お腹をすかせたリスちゃんが取りに来てくれます。その姿は、可愛らしく小さなお子さんでも楽しむことができます。

また、園内にはリスだけでなく、ケヅメ陸ガメがいます。園内を自由に練り歩く大きなカメの姿は愛らしく、子供達にも人気です。

モルモットやウサギを抱っこする事もでき、エサを購入すれば餌付け体験も気軽にできます。

園内は小さな子供が一周するのに、丁度良い広さです。一日ガッツリ遊ぶというよりは、短時間で楽しむ事のできるスポットです。

施設名:町田リス園

公式サイトURL :http://www.machida-risuen.com/

  • 住所:〒195-0071東京都町田市金井町733-1
  • 電話:042-734-1001
  • 開園時間:10時~16時(4~9月の日曜・祝日のみ17時閉園)
  • 休園日:火曜日(祝日の場合は翌日休園)年末年始・園内整備にて休園日あり
  • 入園料 : 3歳以上~小学生200円 大人400円

「万騎が原ちびっこ動物園」に行ったら、天然記念物に会おう!

神奈川県横浜市旭区にある「こども自然公園」の園内にある動物園です。コンタクトコーナーでは、モルモットやハツカネズミなどの小動物に触れる事ができます。

小さな動物園ですが、動物好きの子供であればしばらくここで楽しめます。という声もあります。

園内では、絵本にでてきそうな天然記念物のニワトリやクジャクバトの飼育もされていて、珍しい生き物に会えるのもちびっこ園の魅力の一つです。

コンタクトコーナーは、午前の部1回と午後の部2回で、20分ごとの入れ替え制になります。予め時間を確認して出かける事をお勧めします。

施設名:万騎が原ちびっこ動物園

公式サイトURL :https://goo.gl/iwkUWW

  • 住所:〒241-0834横浜市旭区大池町65-1
  • 電話:045-351-5442
  • 開園時間:9時30分~16時30分     
  • 休園日 :毎週月曜日(祝日や振り替え休日の場合は開園・翌日休園)
  • 12月29日~1月1日 5月10月は無休
  • 入園料:無料

無料なのに満足!約90種の動物に会える「横浜市立野毛山動物園」

神奈川県横浜市西区にある「横浜市立野毛山動物園」は、3.3ヘクタールの広さがあり、そこで飼育する動物は、約90種。動物を身近にかんじられる展示になっているのが特徴です。

キリンやライオンなどの大きな動物を見る事もでき、半日から一日楽しむことができる動物園です。

「なかよし広場」では、モルモットやハツカネズミなどに触れ合う事ができます。ふれあい時間が決まっているので、予めご確認ください。

駅から動物園は坂になっていて、園内もアップダウンが目立つようです。ベビーカーママは、少し気合がいりそうですが、無料なのに、大満足。楽しかったという口コミが多く見られる動物園です。

園内や付近に売店が少ないようなので、お弁当をもってお出かけしてみてはいかがですか?

施設名:横浜市立野毛山動物園
公式サイトURL :http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

  • 住所:〒220-0032 横浜市西区老松町63-10
  • 電話:045-231-1307
  • 開園時間:9時30分~16時30分(16時 最終入園)
  • 休園日:毎週月曜日(祝日の場合は開園・翌日休園)12月29日~1月1日
  • 5月・10月は無休
  • 入園料:無料
  • トイレにベビーシート:あり
  • 授乳室:あり
  • ベビーカー貸し出し:あり(無料)

「平塚市総合公園 ふれあい動物園」には、餌を持っていこう!

神奈川県平塚市にある「平塚市総合公園」内に、動物に触れたり餌を挙げられるコーナーがあります。ポニーの乗馬など、子供に人気の体験コーナーです。

ヤギ・羊・犬・うさぎ・モルモット・七面鳥・アヒル・鶏・チャボ・ハムスター・ひよこに会う事ができます。

一部の動物以外であれば、持参した餌を与える事ができるのが、面白い動物園です。

動物にあげる餌を持参する事ができるので、「どんな草をたべるのかな?」と子供と相談しながら、餌になる草を探すと、良い勉強にもなりそうですね。

与えて良い餌は、ハコベ・タンポポ・イネ科の草(ススキなど)・キャベツ・大根・ニンジン・リンゴ等です。

悪天候の場合、中止になる事があるので心配な時は直接動物園へ問い合わせてみましょう。

HPに、正しい動物の抱き方が掲載されているので、子供と動物をどうやってだっこしたらいいのか?を練習してから遊びに行くと、より動物に会う楽しみが増えそうですね。

施設名:ふれあい動物園

公式サイトURL:https://goo.gl/JAU6eO

  • 住所:〒254-0074 神奈川県平塚市大原1-1
  • 電話:0463-35-3592
  • 利用可能時間:10時~11時30分・13時30~16時(4~9月)
    10時~11時30分・13時30~15時30分(10~3月)
  • 休園日:毎週月曜日(祝日の場合は開園・翌平日休園)年末年始
  • 料金:ふれあいコーナーは、無料

動物と触れ合って命の大切さを知ろう

shutterstock_31699696
子供を初めて動物園に連れて行ったとき、動く大きな動物に興味をもって「じーっ」っと見ていたことを覚えています。

帰宅してからも絵本を見て「見たよ」と指をさして興味を持っていました。子供にとって、実際に動く動物を見る事は、とても刺激的な様です。

絵本の中やテレビに出てくる動物と、実際に生きている動物では全く異なります。本物の動く姿を見たり、触れ合う事で、子供たちの世界はとても広がります。

また実際に抱っこしたり、触れる事で、動物の暖かい体温を感じる事ができます。動物の暖かい体温や重みを感じる事は、命を感じる事でもあります。

小さな命の大切さや、小さな命も、人と共に共存している。という事を、知るのに良い機会になるでしょう。

何度か触れ合っているうちに、子供たちの中で学ぶことも多いはずで!子供が小さい今だからこそ感じられる事を、ぜひ動物園で体験させてあげてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ