- 子供と車でお出かけ。渋滞にハマったときの対処法・アイデア | MARCH(マーチ)

子供と車でお出かけ。渋滞にハマったときの対処法・アイデア

2015/05/09

96shutterstock_109991492

子連れでお出かけや旅行をするとき、やはり便利なのが車。荷物をたくさん積めて、子供が騒いでもOK、予定変更がききやすい車は、子連れの強い味方です。

でも、車のお出かけで気を付けたいのが渋滞。きちんと対処法を考えておかなければ、予定は狂い、食事を食べそびれ、子供は車内でお漏らしをして、親も子供ぐったり・・・なんて、最悪の結果にもなりかねません。

ここでは、車でのお出かけで役立つ、渋滞への対応方法とアイデアをご紹介します!

渋滞のときに気を付けたいこと

出かけた先で渋滞に巻き込まれたり、渋滞予想が出ていたりするときは、早め早めの対応が肝心です。まずは、やっておきたいことをご紹介しましょう。

食事は早めに時間をずらして

渋滞のときは、もれなくSAやPAなどの休憩スポットも混雑します。お目当てグルメにたどりつけないこともありますし、SAに着いたものの、駐車場すら空いていない・・・なんてことも。

食事は「早め」に済ませておくのがポイント。ランチなら11時、夕食なら17時くらいをめどに考えておけば、「食べそびれる」ことは回避できます。子供はお腹がすくと不機嫌になってしまいますので、おにぎりやパンなどを用意しておくのも大切ですね。

トイレはこまめに、早めに!

子供が多少嫌がっても、トイレはこまめに早めにが鉄則。事故渋滞などの場合は、ぴったりと車が動かなくなってしまうこともあります。たとえその時行きたくなくても、SAなどで休憩したときは、必ずトイレに行くことを習慣づけて。

いざというときのために、携帯トイレやおむつを用意しておくのもひとつ。たとえ使わなかったとしても、心の安心のために役立ちますよ!

長期戦にそなえて心のゆとりを

渋滞で嫌なのが、先の予定が変更になること。ゆったり構えて渋滞をやり過ごすのと、「間に合わないかも・・・どうしよう」と焦りながら過ごすのでは、まったくストレスが違ってきます(そして、親のイライラは子供にも移ります)。

渋滞にハマりそうなときは、宿泊予定の宿やホテルに早く連絡を入れたり、会う予定の人に一言断っておいたり、レジャーの時間変更をするなど、早め早めに対処して。それが、心の余裕につながります。

車内で楽しく過ごすコツ

長い渋滞の場合、大人も子供も飽きてきます。特に、子供が飽きて騒ぎ始めると、どうしても大人のほうもイライラしてしまいがちですよね。では、社内で楽しく過ごすコツはあるのでしょうか。

DVDを解禁

子供向けのDVDをいくつか持っておくと、いざというときに子供に見せることができ、便利です。普段は車で見せていないという方でも、このときばかりは解禁してみてはいかがでしょうか。

車内をフラットにする

後部座席をフラットにできるタイプなら、思い切ってフラットにしてみると子供は大喜び。ゆっくり体を伸ばして寝られますし、非日常の面白さを感じられるでしょう。ただ、もちろん年齢や安全面を考慮する必要はありますので、ご注意を!

食事、おやつ

子供が時間を持て余すなら、食事やおやつを車の中で済ませる、というのもひとつですね。食べている間は気が紛れますし、食べながら移動ができるからです。運転手さえ大丈夫なら、休憩で時間をロス、ということもなくなります。

家族でしりとり、歌を歌う

小さい子なら歌を歌ったり手遊びをしたり。少し大きくなれば家族でしりとり、などもオススメ。手軽にでき、大きい声で歌っていれば意外にストレス解消にもなりますよ。

そのほか、ひらがなや数字を覚えたてなら、ナンバープレートで好きな数字やひらがなを探す遊びも。子供は、意外に喜んで時間をつぶせます。

あきらめて時間をつぶす

車が混んでいるときは、思い切って発想を転換してみるのも方法のひとつ!夜になったら渋滞がマシになる、という見通しがあるなら、いっそのこと寄り道をしてみてはいかがでしょう。

お風呂に入る

周辺に温泉地やスーパー銭湯があるなら、家族でゆっくり休憩してから出発という方法が取れます。帰宅してからお風呂に入る手間が省けますので、ある意味では一石二鳥!

地域の名物を食べに行く

旅行中なら、高速を降りて地元のお店に行ってみるのはいかがですか?SA/PAより本格的な名物が食べられて、しかもお安い!なんて嬉しいことがあるかも。思い切って周辺観光してみても良いですね。

備えあれば憂いなし

上記の対策を踏まえたうえで、もともと準備しておきたいものや、事前に考えておきたいことを、まとめとして記してみたいと思います。

積んでおきたい持ち物

渋滞に備えて、車に積んでおきたい持ち物は下記のリストを参考に考えてみてくださいね。

  • 携帯トイレ、おむつ
  • 家族全員のお風呂セット
  • 子供が楽しめるDVD
  • 周辺のガイドブック
  • お菓子やおにぎり、パンなど
  • バスタオル(毛布がわりにも、お風呂にも)
  • 着替え(長丁場になっても安心)

幸い、荷物が多少多くなっても大丈夫なのが車の利点。しっかりした用意があれば、ハプニングも良い思い出になりますよ!

渋滞はなるべく回避

渋滞に巻き込まれたときの対処法をメインにご紹介しましたが、やはり、一番良いのは渋滞にハマらないこと。渋滞予想をチェックして道を考えたり、有給休暇を上手に使って日程をずらしたり、できる工夫はしておいた方が無難です。

また、オススメなのが夜中など空いている時間に走ること。子供は寝たまま移動できますし、渋滞知らずで楽チン。また、ETCの深夜割引が適用されるなどのメリットもありますよ!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ