- 子供の健康に良い食べ物を選択するためにジャンクフードを知ろう | MARCH(マーチ)

子供の健康に良い食べ物を選択するためにジャンクフードを知ろう

2014/05/07

ジャンクフードとは?子供の健康にいい食べ物を見分けることができますか?

ジャンクフードと聞いて思い浮かぶものは何でしょう。インスタントラーメンやファストフード、スナック菓子など色々ありますね。では、マヨネーズたっぷりのサンドイッチや、テイクアウトのピザはどうでしょうか。

こう考えると、何がジャンクフードに当てはまるのか少し困惑してしまいます。ケンブリッジ大学のスーザン・ジェブ博士は、栄養問題について25年研究されており、彼女によるとジャンクフードとは“高カロリーで脂肪が多い割に、他の栄養素が著しく少ない食品”と定義できるそうです。

ジャンクフードができる様子

ポテトチップスやファッジ等の「これは迷うことなくジャンクフードだろう」と言いたくなるようなお菓子に限って美味しいですよね。栄養のバランスが悪いけれども、美味しくて食べてしまう。そんな多くのジャンクフードは、どのようにできているのでしょうか。

ジャンクフードの製造過程を見てみると、企業がどれだけ熱心にお菓子を作っているのかが分かります。例えばスニッカーズ。扱いにくいファッジを高温に熱し、それから伸ばしてキャラメルと合体させます。そしてそれをカットし、最後のチョコレートでコーティングしていきます。

さらには手で持っても溶けず、口にいれた瞬間に溶けだすよう工夫がされているのです。こうして製造過程を考えてみると、こういったジャンクフードは美味しいけれども、“高カロリーで脂肪が多い割に、他の栄養素が著しく少ない食品”だということを、改めて実感できるかと思います。

食品の選択

ジャンクフードは、企業が美味しく手軽に食べることができるようにと、努力して編み出された食べ物です。しかし、ジャンクフードの多量摂取はなるべく避けたいですよね。健康を考えた食品選びが大切です。

食品表示

食品の選択をする時に、食品表示を参考にしてみてはどうでしょう。消費者庁による食品表示基準の1つに“栄養成分の量の順に記載すること”とあります。市販の商品だけでなく、大手のファストフード店でも食品の栄養成分を公表しています。

ジャンクフードを購入する時でも、食品表示を参考にして、なるべく体の負担にならないものを選ぶことができます。子供のために、健康に良いものを与えたいと気をつかっていらっしゃるお母様方は多いと思います。ジャンクフード以外の物を購入する時にも、食品表示を確認することは、その選択の手助けとなることでしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ