- イライラで怒ると子供に影響!親が怒られ経験あり?怒鳴る前の対処法 | MARCH(マーチ)

イライラで怒ると子供に影響!親が怒られ経験あり?怒鳴る前の対処法

2016/07/01

子供を抱きしめる親

子供を怒ることをやめられない、と悩むママは大勢います。なんでこんなことで怒ってしまうんだろう…というほど子供のやる事なす事に怒りを感じてしまうことも。

そういう時ママの気持ちはとても辛いと思います。そしていつも怒られている子供への影響も心配です。

ママはどうしてそんなに怒ってしまうのでしょうか。そこにはママが子供の頃からの意外な理由があるのです。

子供を怒ってしまう理由。それは「子供を支配したい」から!

子供のことをよく怒ってしまうママほど、自分の子供のことに何かと手だしをしたがるというケースがあるようです。

そういったママの場合、本当は自分の子供のことを大切にしたいと思っていて、その気持ちが強くなるからこそ手だしや干渉も強くなるようなのです。

ママが子供を怒ってしまうということ、それはママが子供の生活をコントロールしたい、影響を与えたい、子供を支配したいという思いから生じてしまうのではないでしょうか。

自分の子供を支配したい、あるいは自分の思い通りに育てたいというママの気持ちはどうして生まれてしまうのでしょうか。

愛情表現のつもりが実は子供を支配してしまっていることも

子供を支配したいと思ってしまうこと、その結果日常的に怒る回数が増えてしまうこと、この状態にあるママは自分でそのことを実感しにくいものです。

なぜならママにとっては干渉や支配は愛情表現なのです。あれやこれやと手だしや口出しをしてしまうことが、子供を大切にすることだと思っているからです。

例えば子供のために教育上いいと思うものはどんどん取り入れたいと思ったりします。習い事をいろいろとさせたり、服装もおしゃれにして毎日写真を撮ってみたり。

こうした行動は、あくまで子供が可愛くて仕方ないという気持ちから起こるのです。可愛いと思うからこそ自分の思うことを全部してあげたいと感じているのです。

反面、一人で友達のところに遊びに行くと言い出すと心配で仕方がありません。つい駄目よ! と言って許してくれないこともあります。

ママにしてみれはすべて子供のことを思ってやっていること。子供を自分の思い通りにしようという意識はありません。

あくまで自分の子供だから、大切にしたいと思うから、かつまだまだ小さいと思ってしまうからこそ手だしや口出しが多くなってしまうのです。

可愛がりたい、だから思い通りに行かないと怒りを感じる

このように子供への愛情が深くなにかと干渉をしたいと思ってしまうからこそ、思い通りにいかないことがママのストレスになってしまうのです。

多くの親でも自分の子供には期待して、出来の良い子になってほしい、おりこうに育ってほしいと思うものです。

それ自体はすべての親が子供に持つ自然な愛情です。健やかに育ち優れた人になって欲しい。私も自分の子供にはそれを願ってしまいます。

でもその願いが、「優れた人にならなくてはならない」という風に変化してしまうのではないでしょうか。

だからこそ干渉や支配の欲求が強くなってしまい、その意図が通らなくて子供が思い通りにならなくなると怒り方も一層激しくなってしまうのです。

あまりにも干渉が強くなってくると、子供としてもそれが嫌でかんしゃくを起こしてしまうでしょうから、ママもさらに腹が立つという悪循環に陥ってしまいます。

このようにいつも怒ってばかりが習慣になってしまうと、時に暴力に及んでしまうなど慢性的な虐待に繋がる可能性も出てきて心配です。

些細なことで子供を怒ってしまうのを止められないママは、こんなふうに子供への愛情が少し行き場所を間違ってしまったのかもしれません。

怒鳴ってしまいそうになったときの対処法は、気持ちのリセット

本当は怒鳴りたくないのにストレスが溜まって、大声が出そう…そんな時はとにかく一度その気持ちをリセットしましょう。

子供と一緒にいるからついつい怒りも感じてしまうのです、ダメだ、怒ってしまう、と感じた時は一度子供と離れることが大切です。

子供がいうことを聞かなくてぐずって泣いている時などでも、もし身の回りに危険がないのなら子供だけを一人にしてママが違う部屋に行ってしまうことなどが有効です。

私も子供がぐずってどんなにあやしても泣き止まないときは、もうお手上げで部屋に一人にしてしまうことがあります。

子供はもっと泣いてママはますます自己嫌悪に陥ってしまうかもしれません。でも子供と一旦離れることは気分を変える効果が強いのです。

出来るなら家の外にでて新鮮な空気を吸いながら新呼吸してみてください。近所の家に綺麗なお花が咲いているかもしれません。

いい天気で青空が見えるかもしれません。走り去っていく車につい目が奪われるかもしれません。

このように、子供から離れて違うことを考えるきっかけが必要なのです。ほんのちょっとでも自分一人の時間を作ることで、興奮していた感情が抑えられて、子供に感じていた怒りが収まることでしょう。

また鏡で自分の顔を見ながら、無理にでもいいから”笑顔”を作ってみてください。怒っている時にそんな余裕ない!という意見もあると思いますが、自分の気持ちばかりを前に出すのはどうなのか?と考えてみるのも大切です。

人の脳は笑顔を見ていると、あ、自分は今嬉しいのだと感じることが出来ます。怒りをぶつけりう前にちょっとだけ立ち止まってみて欲しいのです。

腹が立っている時に無理やり笑うのは難しいかもしれません。でもそんな時だからこそ、何怒ってるんだろう、とバカバカしくなって気持ちが治まるかもしれません。

ママ自身も怒られながら成長したのかも?

ひょっとすると怒鳴ることをやめられないママは、子供のころ自分のお母さんやお父さんから怒られながら成長してきたのかもしれません。

もし、ママが子供のころ自分の親に頻繁に怒られながら成長してきたとしたら、ママ自身の自己肯定感はとても低いものになっていると考えられます。

小さな子供にとって親というのはかけがえのない存在です。自分を守り育んでくれる何者にも代え難い存在なのです。

そんな大切な御両親からずっと怒られてばかりいたママの心の衝撃は、どれほどのものだったでしょう。自分の親に恐怖心を感じていたかもしれませんね。

怒られ続けると人は自分が「その程度の人間なのだ」と思ってしまいます。これはとても危険な状態です。

自己評価が低くなってしまう人は感情や衝動をコントロールする力が弱くなり、なんでもないことでも落ち込んだり怒りを顕にしたりしてしまいます。

だからこそ子供に対しても相手の気持ちを考えずに干渉したくなってしまって、毎日毎日怒ってばかりという生活になってしまうのかもしれません。

自分自身が褒められずに子供時代を過ごしたので、自分に自信を持てないで大人になったママは、その不安な気持ちを自分の子供に向けてしまうものです。

子供を支配したい、愛情が出口に迷ってしまう、そんなママは自己肯定感が低く不安定な気持ちを常に抱えているのかもしれないのです。

ママに怒鳴られ続けている子供の心は不安定になる

自分のママに怒鳴られ続けて過ごす毎日は、とても辛いものだと簡単に想像出来ますよね。

しかもママに怒るのがやめられない以上子供に逃げ場はありません。

大人でも誰かから怒りをぶつけられるのは心にも体にも衝撃です。そんな状態を、小さな子供が毎日経験していたらどうなるでしょうか。

子供を怒ることが習慣になってしまって、毎日怒っているママと常に一緒にいる子供には、どのような影響があるのでしょうか。以下に見ていきます。

大好きなママに怒られる…子供から笑顔が消えてしまいます

子供は常に自分の親から愛されることを望んでいます。これは生まれたばかりの赤ちゃんのころから子供に備わっている自然な感情です。

赤ちゃんにはまだ感情と言える程のものはありませんが、自分の傍に居てくれるママ、自分が生きていくために大切なママには当たり前に愛情を望むようになるのです。

親に怒鳴られるということは、子供の中にある「親に愛されたい」と思う願いを完全に打ち砕く行為になります。

ママに大声で怒鳴られるということは、昔ママがそうだったように子供の心にも大きな恐怖感を与えてしまいます。

もちろん子供と一緒に暮らしていく中でまったく怒らないというわけには行きません。子供の方が間違ったことや悪いことをすることもありますからね。そんな時には厳しく”叱る”ことが大切です。

怒ると叱るは違います。怒るは自分の感情をぶつける、叱るは間違っていることなどをしっかりと説明して伝えるという違いです。

叱るが上手くいかず、あまりに度を越して子供を怒ってしまうのに悩み始めたら、ママ自身の叱り方・怒り方について見直す必要が出てきます。

毎日毎日怒られている、しかも自分ではどうして怒られているのか分からない…このような時ママと子供の親子関係は危機を迎えます。

愛してほしいと思っているママに、反対に怒らればかりなのですから、子供はママが自分を愛してないのだ感じます。これは仕方のないことです。

そうなると子供とママとの信頼関係も不安定になっていきます。ママが信頼できないのですから、子供は笑顔が消えていくなど心のトラブルの始まりを迎えてしまうのです。

自分を否定されたと感じると子供の自己評価は低くなります

自分の親に怒られ続けて大人になってしまったママと同じです。大切なママに否定されたと感じながら過ごしている子供も自己肯定感が低くなります。

自分なんてちっとも大切な存在ではないんだ、どうでもいい子なんだ。そんな風に感じながら生きるようになってしまいます。考えるだけで胸が痛くなりますね。

自分は親に嫌われている、居なくなってもいいと思われている。、そんな風に感じている心は常に不安定です。

だからこそ感情を上手くコントロール出来ないなどの症状が情緒に現れてしまいます。その場合心配なのが、保育園や幼稚園での友達関係のアクシデントです。

私が会ったことのあるお子さんにもそんな子が何人か居ました。やはり様々な家庭の事情で両親に怒らればかりの子というのが居たのです。

保育園でも友達の使っているおもちゃを急に取り上げたり、唐突に人を突き飛ばしたり行動が安定しません。

小さいうちから日常的に怒られてばかりの子供は、このように人との情緒的な関わり方に大きな不安を抱えながら成長していく可能性を持っています。

子供を怒らないために、自分を変える3つの方法

子供の心が不安定なまま大きくなってしまう前に、つい怒鳴ってばかりの不安の大きなママの心が先ず変わっていきたいですよね。

子供を毎日のように怒り続けるのは子供にとってもよくない影響が多いのですが、怒鳴り続けているママの心も心配です。

怒ることにもエネルギーを使います。怒ってばっかりの生活では心身ともに疲弊してしまうことでしょう。

  • 自分の気持ちを受け止める方法を工夫
  • 自治体にある相談窓口を利用する
  • 心から信頼できる人に相談する

怒鳴ることでの子供の影響を緩和してあげるためにも、ともかくママが今の自分を変えることから考えていきましょう。

自分の気持ちを受け止める方法を工夫

自分が変わりたい!と思うときに大切なのは、自分の思いをまっすぐに受け止めてくれる人を探すことです。

一番良いのはパートナーであるパパや身近な家族に話を聞いてもらうことなのですが、毎日仕事で忙しくなかなか話す時間が取れないという場合もあるでしょう。

自分の思いを受け止めて欲しいと思ったら、まずは自分で自分を受け止めてみてください。毎日のイライラやつい怒鳴ってしまったときのことを、ノートに書いてみましょう。

そしてそれをじっくりと読み返してみてください。携帯電話の録音機能を使って自分で喋った言葉を聞いてみるのもいいですね。

自分の声を自分で聞くということで、意外に気付かなかった自分の本音を客観的に見ることが出来るようになるのです。

自治体にある相談窓口を利用する

全国の各自治体には「子供発達家庭支援センター」というものが置かれていて、家庭や子育ての様々な相談に乗ってくれます。

そしてそうした部署にいる保育士さんや保健師さんなら、相談に来たママのことをとても歓迎してくれることと思います。

保健師さんたちの日々の悩みは、家庭で一人心に不安を抱えたまま子育てをしているママがどこにいるのか分からないということなのです。

ですから自分から名乗り出てくれたママには、きっと暖かい気持ちで相談に乗ってくれると思います。

公の機関のことですから、もし相談をしてみて性格が合わないな、話しづらいな、と思ったら遠慮なく「他の人に替えてください」と言っていいのです。

心から信頼できる人に相談する

子育ての知識が豊富な方に相談してみるのもいいのですが、先輩ママの友達がいたり保育園の保護者会で信頼の置けるひとがいたら、話を聞いてもらいましょう。

きっと、「うちもそうだったけど、今は大丈夫よ!」などとその方の経験談などを聞かせてくれると思います。

自分と同じように子育ての悩みを体験してきた先輩ママは、今自分の子供のことで悩んでいるママの気持ちがよくわかるはずです。

いろんな人に頼れるようになってくると、不思議と人間というのは変わってくるものです。今まで緊張していた心が解けていくのです。

自分を受け止める、人に受け止めてもらう。この流れを経験していくうちに、ママの不安定な心が落ち着いてきっと子供を怒鳴る回数が減っていきます!

イライラからニコニコ先生に変わった知人の体験談

自分の思った通りに子供がしてくれない、言っても効果がないと感じるとイライラしてしまいますよね。

知人が保育園で1歳児のクラスを担当だった時の話を聞いたのですが、これが結構参考になりそうだなと感じました。

知人は、その時まだ未熟だったこともあり、子供が言う事を聞いてくれず毎日イライラして仕事をしていて、子供たちに対して、「叱るのではなく怒る」対応をしてしまっていたと言っていました。

何で言うことを聞いてくれないの?なんでスムーズにできないの?というもどかしさと、自分の力不足との間でイライラが募る…子供たちのことは大好きだったけれど、仕事に苦痛も感じていたとのこと。

でもある時から、これでは駄目だ!もっともっと褒めてみよう!「駄目!」「~はいけない!」ではなく、「こういう風にするんだよ!」と教えることにシフトしたそうです。

その結果出来るようになったら、思いっきり褒めてあげようと保育方法を大きく変えてみたと言っていました。

こうすれば褒めてくれる!先生がニコニコしてくれると!子供たちは気づき、教えたことをちゃんと守って実践できるようになったと喜んでいました。

褒める→子供たちはもっと頑張る→褒める箇所がどんどん増えていく!という良いサイクルができ、毎日先生も園児もニコニコ過ごすことができたようです。

怒ってしまうことを一人で抱え込まないで。きっと違う自分になれます

子供を怒ってしまうことに悩んでいるママに意識してもらいたい事が、自分は変わっていけるということです。

なんでこんなに怒鳴ってしまうんだろう、こんなに子供を怒ってばかりの自分はだめなんだ、と自身を低く評価してしまうママも多いことでしょう。

でも大丈夫です!子供も毎日成長して変化していくように、すでに大人になったママもこれからどんどん変わっていくことが出来るのです。

そのために今の自分の状態をしっかりと自覚して、子供への接し方はどうか、普段の子供の様子はどんな風なのかを改めて見直してみてください。

決して育児書に書いてあるとおりに子供を育てていけなくてもいいのです。案外、親が悩んでいるだけで子供は自分の力で育っていくものなのですから。

自分を知ることから、自分を変えていくことが始まります。自分を知ると自分の悩みがよりはっきりしてきます。悩み事がはっきりしたら、あとはそれを解決するだけですよね。

本当の意味で子供を大切にしてあげるために、そして他ならないママ自身を大切にするためにも、人を頼り自分を見つめ直してみてください。

みんなのコメント
  • ちこさん

    相談できる相手が、欲しいと思いました。同じ悩みを持つ友達がほしいです。

  • きょんびさん

    ちこさんの相談に乗りたいと思いました。私と同じ悩みかな?差し支えなかったら聞かせて下さい。

  • ぱやさん

    わたしも毎日子育てに悩んでます。話せる相手が欲しいです。

  • あんなさん

    連れ子二人、実の子1人で追われる毎日。連れ子が可愛いと思えない。○○を買いたいと言われても買ってあげたいと思えない。連れ子二人は性格が昔からひどい。毎日ウソを言うし、財布からお金抜いたり私の部屋から色々なものを泥棒する。お小遣いや学費、部費、生活費を払ってるのが馬鹿馬鹿しく感じる毎日。

    • ちかさん

      わたしも同じ環境です。
      連れ子がふたり、実子がひとり。
      ぜひ話がしたいです。

  • ずびずばさん

    3歳と、3ヶ月の子のママ。実家は遠く、主人は仕事で忙しく土日も出社。毎日24時間、子どもと一緒で、自分の時間がもてず、しんどい。長女にイライラ、怒鳴り散らしたり暴言を言う自分に、情けなくしんじられない、罪悪感。自分を変えたい。

  • くぅさん

    私も昔から親に怒られてばかりいて育ちました。褒められた記憶、ありません。今、3人の子育てと仕事と家事でてんてこ舞いの毎日で疲れはて、怒鳴ってばかりいます。どうしたら良いかわかりません。人から拒絶される事を恐れていて人付き合いも苦手で頼ることも相談することも出来ずイライラばかりしていて、こんな自分が嫌です。

    • はぁさん

      わたしも、全くくぅさんと同じ過去と現状です。最近、毎日疲れて果てて、やる気が起きません。旦那は、あてにならないし。実の親にも頼りたくないし。はぁ。

  • ちーさん

    もうすぐ2歳と5ヶ月の2人のママです。私も実母はあてにならず、相談すらできない。旦那は忙しくて毎日1人です。

    長女にイライラしてすぐ怒鳴ってしまう。
    怒鳴って暴言はいて怖い思いさせて。
    やっとおしゃべり上手になってきたのにごめんね、ごめんねと娘はあやまります。娘の精神面が心配でたまらない。辛い。変わりたい。娘にとって笑顔の優しいママになりたい。誰か話を聞いてほしい。助けてほしい。

  • さくらさん

    ほんと、子供2人は欲しいと昔からの夢だったけど、しんどい、無気力で、旦那も仕事ばかりで頼りにならないし、1人になりたい、、、独身の頃が懐かしいし、今の時代、独身貴族も多いし、まわりの独身を楽しんでれる友達をみると、来世は別に子供いらないかな、、、と思ってしまう自分がいる。

  • ゆきんこさん

    3歳7ヶ月の息子がいます。もう逃げたいです。

  • ピクさん

    5歳の娘がいます。一人っ子です。周りは皆二人以上…。子育ての相談をしても、「一人なんだからまだ楽でしょ」「ウチに比べたらまだマシ」などと、全然理解してもらえません。楽なはずの子育てで、毎日こんなに娘に対して怒り狂っている私は、一体何なんでしょうか。

  • はなさん

    私も皆と同じ…毎日怒って怒鳴ってばかり…
    時間に追われ心に余裕がない…
    毎日笑顔のママになりたい…

  • コロッケさん

    私も2人の子供の母です。3歳8ヶ月と8ヶ月。
    上の子にイライラして些細なことでも感情に任せて怒鳴り散らしてしまったり、、、子どもは怯えたり、時に、どうしていいのかわからないというように私の周りを泣きながら歩き回って、精神的に不安定になってしまったこともありました。そんな時、ハッとして私も泣きながら子どもを抱きしめ怖いお母さんでごめんね、ごめんねと謝り大好きだと伝えました。
    今度叱るのではなく起こってしまいそうになったらこの記事を開きます。
    鏡を見て笑顔、やってみます。
    私の記憶では、私の母は小さな私を怒鳴ることはなかったです、私は母が大好きでしたし、今も好き、母のように子育てしたい。

  • インコさん

    今5歳になる男の子がいます。かわいいのに、毎日イライラ。。。
    準備が遅い、言うこと聞かない、まだ5歳の子に怒って、自分の感情ぶつけてしまうなんてと日々自己嫌悪になってます。分かっているのに、私自身が余裕なく、子供に当たっている。。子供の気持ちを考えると泣けてきます。寝顔を見ると本当に自分がダメだと落ち込む日々。。 笑顔と楽しさ。変わるための目標。
    今だけだから。大きくなったら離れてしまう。今の子供に面白さを見つけようと思います。余裕がない→深呼吸、面白さを見つける→笑顔になる。小さなことから始めたいと思います。自分と子供の成長にために。

  • 和加さん

    私はママ失格…
    今日も泣き止まない1歳半の我が子を怒鳴りつけてしま情けない
    お互いに落ち着いてからごめんね、ごめんねって言うと頭をなでなで。
    こんなママでごめん。

    • 和加さん

      私はママ失格…
      今日も泣き止まない1歳半の我が子を怒鳴りつけてしまった。
      お互いに落ち着いてからごめんね、ごめんねって言うと私の頭を黙ってなでなで。
      こんなママでごめん。

  • めぇめぇさん

    3歳3ヶ月の男の子がいます。一人っ子です。
    最近、毎日同じ原因で怒鳴り散らして子供を大泣きさせてしまいます。
    毎日怒鳴られて泣かされて、の繰り返しで子供との親子関係が、とても不安になっていました。
    でも、みんなそうなんだな、と思うと気持ちが少し楽になりました。慌てて躾なくてもまだまだ時間はたっぷりある、と思えました。
    子供にずっと「ママだいすき」と言ってもらえるよう、気持ちを緩めてがんばります。

  • ぞうさんさん

    もうすぐ2歳になる息子を育てています。
    夫は転勤族で帰りも遅いし知り合い皆無で本当に辛いです。慣れない土地で妊娠出産育児してきてもう我慢の限界が来ています。
    自己肯定感ゼロ。安らぐ場所が欲しくて18で実家から出たのに心の何処かで母親に認めてもらえ無い苦しさを未だに誰かに埋めて欲しいと思っている私。誰も埋められないよー!
    わかっているけどなかなか抜け出せ無い無限ループにハマってます…
    認めるのは自分自身!強い心を持って家族3人で生きて行きます。
    皆さんも辛い思いしてるのは同じなんだなぁ!みんなの心が晴れますように!!!

  • ちいぼさん

    私は3歳の男の子のママです。
    一人っ子なのに、その1人に手がかかり、2歳のイヤイヤ期が落ち着き、ようやく少しは穏やかに過ごせるかなぁ〜と、
    思っていたら…。
    今度は、悪魔の3歳が到来…。
    仕事もし家事もし、その忙しい日々でも夫は仕事で泊まりの勤務もあるので、当てにならず…。
    そんな子供に寂しい想いをさせないよう、帰宅後も遊び相手をしたり、イヤイヤ期で反抗的な時も怒らない様に!と、自分に言い聞かせ、あっと言う間の日々ですが、やはり疲れます。
    悪魔の3歳、こんなに厄介だとは思いませんでした。
    もうイヤだ、どっかに行って!と思ってしまう自分にも
    イヤになります。

  • 小学生さん

    子どもは自分とは別の人間で、ありのままを尊重しなければいけない、と頭ではわかっているのに…。毎日毎日言う事を聞いてくれない、と感情的に怒ってしまいます。支配しようなんて思っていたつもりはないのに。子どもが泣けば夫は私を責めます。当たり前かもしれないけど、それが腹が立つし辛い。でもまずは自分が変わらなきゃ。

  • ☆猫さん

    イライラし、物に当たり子供はビクビク怯えた表情をしたり作り笑顔でママ笑ってと言わんばかりのタイドを取るようになりました。家には壁や床に傷やヘコみが増えてます。洗濯機も壊したり。でも頭に血が昇ってイライラを物に当たらずにはいられないんです。その後、2歳になる娘を抱きしめてごめんねって。自己嫌悪。ママって辛いよ。しんどいよ。いつになったらこのイライラする毎日から抜け出せるのかな。

  • まるまるさん

    3歳2ヶ月の一人娘のママです。
    パートとはいえ働きつつ、旦那は甘いし気づけば私ばかり怒っている毎日。
    この記事を見て、変わらなければ‼と考えること多いですが、なかなか難しい。。
    寝顔見たり、こんな私のことを大好きって言ってくれてるのに、咄嗟にいらっとして怒ってしまう。
    そして自己嫌悪。本当にこんな母親でごめんね。

  • ちこさん

    小六の息子、私が毎日怒ってばかりで萎縮していて、けどその萎縮がさらにイライラさせる。自信を持ってほしい、堂々てしてほしいと思うのに、そう出来ないのは私が常に怒ってばかりだからだと分かってる。
    だから、いつもニコニコしている園児の娘2人がとても可愛い。
    私も毎日怒られて育ったし、今でも親には言いたいこと言えない。
    旦那さんはいつも上からだから、相談したくない。前向きになりたいな。

  • みくさん

    1歳半と、0ヵ月の子供がいるママです。
    妊娠してから特にイライラしやすく、毎日毎日怒鳴ってばかりです。
    妊娠中のイライラや情緒不安定は仕方ないものと言われますが
    出産したら少しは落ち着くかなと思いましたが、全然変わりません。
    上の子がやることなすことすべてにイライラします。
    終いには、叩いてしまったり時には少し蹴ってしまうこともあります。とても最低です。
    母親がすることじゃないって分かってるのですが、コントロール出来ません。
    小さい頃母に蹴られたり髪の毛を引っ張られたり叩かれたりものを投げられるという虐待を受けたことがあります。
    自分の子には絶対そんなことしないって思ってたのですが、同じようなことしてしまっているのではないかと毎日不安です。

  • さやかさん

    皆さんのコメントを見てほぼ同感です。
    シングルで2歳と4歳の男の子を育ててます。
    3人くらしなので、子供を怒った時に、子供の逃げ場が無いな。と思い、怒った後は必ず謝るようにはしてます。

    1番辛いのは、最中です。怒りの真っ只中にいる時は
    どうしたらいいんだっけ。なんで、こうなんだうちの子は。と思うばかり。
    一歩下がると、こうするべきだった。と思い出し
    いつも、やっちゃってから反省。の繰り返しです。

    でも、みんな、そうなんだな。
    あとは私がどんな親に、どんな人間になりたいかを決めて覚悟して、実行するのみなんだな。
    そんな風に思えました。

  • 黒ウサギさん

    5歳と2 歳半の息子がいるママです!
    怒ってはいけないと思っているのに…つい怒鳴ってしまう私。後から自己嫌悪…自分が情けないです。寝顔を見ながら反省するのですが、翌日、一度イライラがアップしてしまうとまた…怒ってしまう私… どうにかしたいです!
    手は出してはいけないと思いつつ、2歳の半の子にまで…ホント良くないですよね!
    ある日、5歳の子に「ママは本当は優しいんだから怒らないで!」と言われたときには、ハッとしました。その夜は子供が寝てから一人で泣きました!ホント情けないママです!
    怒るのではなく叱る!いつも笑顔のママに早くなりたいです!

あなたの一言もどうぞ