- イライラばかり…子育てに自信がないママが笑顔になる為の心がけ | MARCH(マーチ)

イライラばかり…子育てに自信がないママが笑顔になる為の心がけ

2015/06/11

44shutterstock_136763552

毎日を精一杯生きている子育て中のママたち。子供のちょっとした成長を感じて喜んだと思うと、今度は思い通りにならない我が子にイライラ…。

そんな中でふと「この育て方でいいのかな。この子はちゃんと育っていくんだろうか…」と不安が訪れる瞬間が誰でもあることでしょう。

「子育てに自信がない」と悩むママは結構多いんですよね。そこで今回はそんなママの日常に少しでも笑顔を増やすための心がけを考えていきます。

子育てに「自信」ありますか?

1

こんな質問を今子育て真っ最中のママたちに投げかけてみたとします。「あります!」って答える人…ほとんどいないんじゃないかな?

いくら子だくさんのベテランママでも、たくさんの親子を見てきたベテラン保育士さんでもきっと「自信持ってます!」なんて言わないと思います。

だからこそ今見ていただいているようなサイトがあり、育児本があり、相談できる支援センターのようなところがあるんですよね。

誰でも悩んで迷って、色んな人の経験(失敗も成功も含めて)を参考にしながら自分なりに「こうしていこう」という方向を探っていくもの。

でもこれがまた難しいんですよね。自分が思い描いていたものと子供の反応が全く違ったり、自分のモチベーションが全く維持できなかったり…。

こういうことの繰り返しで「あぁ、私、母親失格だわ」と自信をなくしてしまうものです。程度に違いはあっても、みんなそうなんですよね。

自信は得られるもの?

2

では、100%ではなくてもそれなりに自信を持って子育てしていくためには何かできることがあるのでしょうか?

どのくらい成長してる?

「子育て」と言いますが、子供にはしっかり自分で育っていく力があります。親はそれを後ろから支えながら、声を掛けながら見守っていく存在でいいんです。

「こんな子に育てたい!」という理想を持っている人ほど、自分の子とのギャップを感じた時に「私の育て方が悪いんだ」と思ってしまうもの。

理想と比べるのではなく、お子さん自身の以前の姿を思い出して

  • こんなことができるようになった
  • こんなに悪知恵が働くようになった
  • 自己主張が強くなった
  • 「抱っこ~!」が減った
  • 背が伸びた

なんていう、本当にちょっとしたことでいいのでお子さんの変化を感じ取ってみましょう。できれば手帳などに書き留めておくといいですよ。数カ月に一度でも書いていくことで長い目で見たお子さんの変化を感じやすくなります。

「前はもっと素直だったのに!」というママにとってはマイナスに感じられる部分もあるかもしれませんが、それも含めて成長です。

「私が悩んでいる間に、この子はこんなに成長できているんだ」と実感できるはず。悩んでいると、ついついできていないこと、理想と違うことに目がいってしまうんですが成長した部分に目を向けることはママの気持ちを上げるために有効な手段です。

我が子といられる幸せ

目まぐるしい毎日の中で、つい忘れてしまいがちなのが“子供と一緒に過ごせる幸せ”ではないでしょうか?

もちろんお子さんに対してイライラしてばかりで、そんなことを感じる暇もない!というママが多いと思います。でもそれではもったいない!

子供に対してつい声を荒げてしまった、笑顔で応えてあげられなかったと感じた日には、お子さんの寝顔を見てしっかり頭をなでてあげてください。

子供の寝顔にはママの心を癒してくれる不思議なパワーがありますよね、どんなにイライラしていても、きっとそんな嫌な気分もキレイに流してくれるはず。

お腹にいたこの子がこんなに大きくなったんだから、私も結構頑張ってるじゃない!って元気も湧いてきますよね。

他人と比べない

自分に自信がない人ほど周りの親子の様子が気になってしまうものです。

買い物中にぐずる我が子と比べては「あぁ、あの子は機嫌よくママと手を繋いでいる…」他人のブログを覗いては「私は子供のためにこんな努力をしていない…」と自分を卑下してばかり。

でもお買い物中に出会った親子も、その時はたまたまいい子にしていたのかもしれないし、きっと他に悩みがあって苦労しているに違いありません。

ブログもそう。私も上の子を妊娠する前から産後しばらく書いていましたが、ブログにUPするためにちょっと背伸びして頑張っていたようなところがありました。

ブログを書く、それを誰かが見て反応してくれることで自分の子育てに対するモチベーションがUPするんですよね。なのでついつい受けが良さそうなことを書いてしまうんです。

でもそれはブログを書いている人のほんの一部でしかありません。かなり大げさに描いていたとしても読むだけでは判断できませんし。

自分の子は「できない」部分に目がいくのと反対に、よその子やママは「できる」部分に目がいってしまうものです。

それならとりあえずブログを覗くのをやめましょう。お利口な子を見ても「きっとこの子もママを困らせることがある」と思うようにしましょう。

そして必ず我が子のいい部分に目を向けて、一つ褒めましょう。子供を褒めることが自分の子育てを肯定していることに繋がり、少しずつ自信を持てるようになります。

楽しまなきゃ損!

子育てって結果がすぐに現れるものではなく、自分のやり方が正しいかどうか分かりにくいので自信を持つことが難しいものなんです。

でも自信がないからこそ色々と悩んで考えますよね。それが結局お子さんのことを真剣に考えているということ。立派な愛情です。

誰でも悩んで自信がないのは当たり前。その中でもお子さんの成長を感じながら子育てを楽しんでいけるといいですね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ