- 妊婦さんやママさんに知ってほしいインスタグラムの使い方とおすすめタグ | MARCH(マーチ)

妊婦さんやママさんに知ってほしいインスタグラムの使い方とおすすめタグ

2015/04/21

insta

Twitterよりも孤独感が無く、Facebookよりも閉鎖感があるインスタグラムを好む人が急増しています。

単純におしゃれだから使ってます。という人もいますが、私は妊娠中の暇な時間にインスタグラムを始めて、情報の見つけやすさと、同じ境遇の人との情報共有が出来る事から、子育て中の今でもインスタグラムは使い続けています。

「リアルな友達とSNSでも繋がる」というFacebookは迷惑。としか感じませんでした。長年連絡取ってない人とかに近況教えても仕方がないですし。むしろ教えたく無いと思う人の方が多いはず。

それよりも「同じ境遇の誰かとSNSで繋がる」方が目的も達成出来ますし、SNS特有の窮屈感もありません。また必ず写真付きなので視覚的にも情報への満足度が高いという所もインスタグラムの人気の理由だと思っています。

「人と繋がるSNS」では無く「写真で繋がるSNS」この違いは大きなものになっていますね。

今回は、インスタグラムをもっと楽しむための、使い方やタグについて説明していきますね。

Instagram

Instagram
開発元:Instagram, Inc.
無料

ハッシュタグを使ったインスタ活用術

インスタグラム=ハッシュタグが多い

こんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際TwitterやFacebookに比べると異常なほど多いです(笑)

しかしインスタグラムで多くのいいねや、コメントをもらうには多くの人と共感出来るハッシュタグを使う事が一番の近道なんです。

インスタグラムは他のSNSと違って写真のタイムラインしか流れてきません。TwitterやFacebookのように情報やニュースがタイムラインに流れてくるというわけでは無いので、この「ハッシュタグで写真を探す」という行為が根付いているんですね。

ハッシュタグとは「#」から始まる文字列で作成します。(日本語でもOK。記号はタグとして認識されない)

例:

などなど、ちなみに30個までタグ付けできます。

より多くの人に見てもらうなら英語でハッシュタグを付けよう

せっかくインスタを始めてハッシュタグを使って投稿しているのに全然いいねが増えない!

それは「日本語でハッシュタグ」を付けている事が原因かもしれません。

元々が海外で火がついたSNSですので、外国の方が圧倒的に多いです。日本語だけのハッシュタグは検索される回数もたかがしれています。

そこで、英語で投稿してみると、海外の方からもいいねがもらえるので、交流の幅が一気に広がります。

などなど

コメントもより多く付くのでおすすめです。

先ほどの「#赤ちゃん」と「#baby」で投稿数を比較してみましょう。

FotorCreated550

これだけ数が違いますので、英語での検索の方が多いという事がわかってもらえたかと思います。

人気のハッシュタグを積極的に使う&探す方法

ハッシュタグは自分で好きなように付けれます。逆にいうと付け方を間違えると誰も見ない事になってしまいますので、人気のハッシュタグを少しご紹介しますね。

#insta○○と続く創作タグが圧倒的に使われています。私がよく使うタグとその意味をご紹介します。

#instagood
今日一番良かった写真を投稿するという意味で始まったタグ

#instababy
赤ちゃんや子ども

インスタグラムのアプリの検索画面から投稿数を見る事が出来るので自分が使いたいタグが人が多いのか?の確認をする事も出来ます。

IMG_5491

抽象的なタグより場所や名称の方が検索されやすい

川の風景写真をアップした時…

というような、関係はあるけれど抽象的すぎるようなタグは使わないようにしましょう。理由としては

  • 案外検索している人が少なかったり
  • 投稿されている写真が多すぎて埋もれる

結果リアクションをもらえないままスルーされる可能性があります。それよりは、具体的な地名や川の名前などをタグにしましょう。自分が旅行に行くときに、「川」などで探さないですよね?それと同じです。

など追加しておくと見られやすいです。

また、日本独特のものや日本の景色を撮った時などは、日本に関心を持って検索している外国人に向けて、

などのタグを入れると、海外の方にも楽しんで見てもらえます。

自分だけのハッシュタグを作って楽しむのも有り

ハッシュタグは自分で作る人も多くいます。少し長い言葉をタグにしたりして自分だけのハッシュタグで遊ぶのも良いと思います。

意外と自分で作ったタグがほかの人に使われたりすると嬉しいものですよ。

妊婦さん、ママにおすすめなハッシュタグ

タグの使用数も多くて、いつも見ていたハッシュタグはこちら

妊娠中におすすめのタグ
・妊娠周期(周期、月数は自分のに変えてくださいね。)
#12w
#12週
#妊娠3ヶ月

・マタニティ
#マタニティフォト
#Pregnant

・出産
#出産
#出産レポ
#出産レポート
#生後1日

リアルタイムで自分と同じ境遇のハッシュタグの人が見つかるので本当に心の支えにもなったし、逆に自分の投稿を見て「元気出ました!」とかコメントもらえると嬉しかったりします。

ぜひいろんなタグを検索してみてくださいね。

何を撮影するのか?どうアップするのか?などのテーマでいいねを集める

インスタで人気のインスタグラマーを見ると何かのテーマを決めて、コアな使い方をしている人がフォロワーを増やす傾向にあります。例えば

  • 離乳食が始まったママが毎日の記録として、離乳食とレシピを掲載する。
  • 影絵が好きで、様々な表情の影をアップしていく。
  • 娘の成長をインスタでアップしていく。

流行りのタグに乗っかる

インスタグラムの中で流行りがあり、そのテーマにそって投稿してみるとたくさんの人からいいねをもらう事が出来ます。一例としては

#instahand
自分のプロフィール画面のSSを自分で持っているかのように加工して投稿
※要別アプリでの加工

#プロップス
画用紙や割り箸などを使って、ハンドメイドで作るポップ(吹き出し)
ウェディングフォトやマタニティフォトなどで活躍しています。

#らくやきマーカー
自分で陶器にペイントする事が出来る商品を使った投稿が流行りました。このマーカー今では1ヶ月待ちとか・・

instahash_FotorCreated

同じ趣味・テーマの人に「いいね!」「コメント」しましょう

リアクションを待つだけではなく、こちらからアクションを起こすことも大切です。

いいなと思った人にはいいねを押し、勇気があればコメントしてみましょう。

「(褒める)+フォローさせていただきました!」

ぐらいで大丈夫ですし、コメントが付くと相手も嬉しいです。

ちょっとしたインスタグラムの使い方

インスタグラムの詳しい使い方って見たことが無いので私が知っている便利な使い方をご紹介しておきますね。

操作方法・コメントに改行を入れる方法

いいね!:写真をダブルタップ(取り消しも同じくダブルタップ)

相手を指定してコメント返信:コメントしてくれた人の名前を長押し

投稿後に投稿コメントを編集する:右下の「…」を押す

自分で好きな所に改行を入れる:iPhoneのメモ帳なのでコメントを作ってコピペすると改行が反映されます。

自分で好きな所に改行を入れる方法はちょっとした小技です。意外と知らない人が多いですが、タグをいっぱい付けたくないという人には向きません。

おすすめの加工アプリ

私がiPhoneユーザーなので、Androidの事が分からず・・ゴメンナサイm(__)m

インスタライフを楽しくしてくれるアプリをご紹介しますね。新しいアプリもどんどん出てくるので、良いアプリが出たらまた更新しますね!

画像加工・エフェクトを付ける

iPhone純正の写真編集もかなり使えます。

VSCO Cam®

VSCO Cam®
無料

コラージュや写真を合成する時に使うアプリ

PicsArt Photo Studio

PicsArt Photo Studio
開発元:PicsArt
無料

合成写真スタジオ - 写真を合成, 切り抜き, 背景透明化, コラージュ, 無料素材(Superimpose Studio)

合成写真スタジオ – 写真を合成, 切り抜き, 背景透明化, コラージュ, 無料素材(Superimpose Studio)
開発元:Kosuke Araki
無料

※合わせて使う事が多いです。合成スタジオで切り抜いてPicsArtでコラージュする等

InstaSize - ソーシャルメディアに写真をまとめてアップできる

InstaSize – ソーシャルメディアに写真をまとめてアップできる
開発元:Munkee Apps L.L.C.
無料

長方形の画像も、そのまま長方形でインスタにアップ出来ますが、画像を縮小しているので、横長であれば上下に余白が、縦長は左右に余白が生まれます。

insta_FotorCreated

コラージュ方法については、かなり長くなるのでまた次の機会にご紹介しますね。

好きなインスタグラマーを見つける

好きなジャンルのインスタグラマーを探すのも楽しいです。投稿が少なくても、とても丁寧に写真を作り上げて投稿される方や、投稿枚数が多いけどクオリティが高い方など様々です。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ