- 【首都圏・東海】人気の芋掘り!子供が喜ぶ場所をピックアップ | MARCH(マーチ)

【首都圏・東海】人気の芋掘り!子供が喜ぶ場所をピックアップ

2015/09/28

shutterstock_191631380

小さい子どもでも思いっきり楽しめる秋の行楽、さつまいも掘りに出かけてみませんか。さつまいもは、離乳食初期から食べられる、体にとっても優しい食材です。また、栄養価も高いんですよ。

さつまいもは主に関東以南で栽培されています。東京など大都市の近郊でも、たくさん栽培しているスポットがあるんですよ。ちょっと足を伸ばせば、週末に子連れで芋掘りができちゃうんです。

さつまいも掘りは、普段土に触れることがない生活を送っている子どもに、いろいろなことを教えてくれるとても貴重な体験になります。美味しいさつまいもが掘れるおすすめスポットや、美味しいおいもの秘密をご紹介します。

行く前に知っておきたい!美味しいさつまいも&芋掘り豆知識

10
甘くておいしいさつまいも、子どももママも大好きですよね。芋掘りはワクワクのアウトドアイベントなので、パパも一緒に楽しめます。そんな芋掘りをもっと堪能できる、豆知識をご紹介します。

人気の高いさつまいもの品種は?ねっとり派VSホクホク派

さつまいもは数年前に大ブームが巻き起こり、美味しいおいもが市場に出回るようになりました。それまではホクホクの食感がさつまいもの醍醐味でしたが、ねっとり食感のいわゆる「蜜芋」が話題になりました。

美味しいと評判で、人気の高いさつまいもの品種をピックアップしてみました。

品種 特徴
安納芋 蜜芋ブームを巻き起こした人気ナンバーワンの芋。ねっとり食感
紅はるか 安納芋をしのぐといわれる糖度を誇る、甘い芋。ねっとり食感
紅あずま しっとりホクホク食感のさつまいも。スタンダードな人気品種
鳴門金時 徳島県のさつまいもとして有名。ホクホクとした食感の甘い品種

FotorCreated2-1

焼きいもなら蜜芋ブームですが、料理に使う場合などはホクホク食感のさつまいものほうが扱いやすいなど、どちらも人気をゆずりません。特に関東地方周辺では、紅あずまが多く生産されています。

ほかにも五郎島金時やとみつ金時など、地方で育てられているいろいろな品種があります。茨城県などで育てられている玉豊のように、干し芋に向いている特殊な品種もありますよ。

芋掘りに行くときは、農場でどんなさつまいもが栽培されているのか、どの品種が掘れるのかチェックしていくとよいですね。家族が好きな食感のさつまいもをゲットしましょう。

芋掘りを2倍楽しむ!服装や持ち物と場所選び・保存のコツ

芋掘りは、泥だらけになってワイワイ楽しむ一大イベントです。普通の果物狩りとは違い、子供連れででかけるならしっかり準備をしていきたいですね。まずは服装です。一般的な農作業ができる服装を整えましょう。

汚れても良い丈夫な長そで・長ズボンを身につけ、足元は長靴をはきます。軍手も必要です。子供用の軍手も販売されているので、用意した方がケガを防ぐことができますよ。また帽子もあると良いですね。

芋掘りは泥で汚れるだけではありません。さつまいものアクがつくと取れにくいので、注意しましょう。また子どもの小さな長靴では上から泥が入ってしまうことも多いので、ビニールではき口をカバーするなど工夫しましょう。

農園でスコップやシャベルを貸してくれるところも多いのですが、小さな子どもは危ないこともあります。砂場用のシャベルやくまでなどを持っていくと、安全に楽しめますよ。軽くて小さなバケツなどもあると飽きさせずに済みます。

うつむいての作業が主になるので、首筋も陽にやけます。タオルを巻いたり、日よけのある帽子をかぶるなどして首筋を守ってくださいね。日焼け止め・虫除けをしっかり対策していくとよいでしょう。

加工後 1記事目芋掘りスタイル

さつまいも掘りの準備

  • 汚れても良い長そで・長ズボン
  • 子どもの着替え一式(下着・くつしたも)
  • 長靴
  • フェイスタオルや手拭い数本(日よけ・汗拭きなど)
  • 帽子
  • 軍手
  • 砂場遊び用のスコップ類
  • 虫除け・虫刺されの薬・日焼け止め

芋掘りができる農園では、バーベキューなどができる場所も少なくありません。まずは人気の農園をチェックして、掘れる品種や食事ができるかどうか、予約は必要かどうかなど下調べをしてから出かけましょう。

子供と一緒に出かけるなら、バーベキューができる場所・りんご狩りなども一緒にできる場所・川魚つかみどりやアスレチックなどの遊び場もある場所などが人気です。1日かけてたっぷり遊べますよ。

さつまいもは、掘りたての状態はあまり甘くありません。1ヶ月ほど置くと甘味が増してきます。たくさん掘った時は、味の違いを楽しんでみると良いかもしれませんね。

さつまいもは保存する際、冷所が苦手な植物なので冷蔵庫に入れないように注意してください。

温かく乾燥した場所が好きなので、泥をきれいに落とした後、乾燥させて1本ずつ新聞紙に包み、段ボール箱に入れるなどして冷蔵庫の上に置いておくと良いですよ。

東京都内でも芋掘り体験ができちゃう!都会にあるさつまいも農園

3
ビルがひしめく東京都心からもほど近い都内にも、芋掘り体験ができる農園があるってご存知でしたか。そのなかから、子ども連れにおすすめしたい、人気のある農園をご紹介します。

1.【中山農園】三鷹で掘って芋料理も食べられる!紅あずまの農園

中山農園は、東京の三鷹市にある農園です。都心からもアクセスの良い三鷹市で芋掘りができるなんて、驚きですよね。市内に広大な竹林を持つ農園で、春にはたけのこもたくさん出るそうですよ。

いろいろな野菜や果物を栽培しており、さつまいもは紅あずまを作っています。ホクホク食感の甘いさつまいもで、煮物にしても煮崩れしにくいと言われているんですよ。中山農園では、減農薬にもつとめているので、子どもも安心して芋掘りできます。

芋掘り体験は予約制になります。収穫するのは10月なのですが、早めに予約がいっぱいになってしまうので注意が必要です。お値段は1グループ3名までで4800円、5歳以下の子どもは無料です。

さつまいも掘りは長ネギ収穫体験とセットになっています。さつまいも掘りを体験したあとは、大学芋など、手作りの料理を試食することができますよ。旬の野菜もふんだんにつかった料理で、滋味あふれる味わいが楽しめます。

また、さつまいもを知り尽くした生産者のさつまいもレシピもいろいろ教えてもらえるそうですよ。子どももママも嬉しいことづくしのさつまいも農園です。

中山農園
公式サイト:http://nojoshare.com/shopdetail/019000000002/order/
所在地:東京都三鷹市北野4-1-27
電話:03-6302-0023
品種:紅あずま 10月~

2.【サニー農園】小平市で、紅あずまの芋掘りができる農園!

サニー農園は、東京都小平市にある農園です。ここではスタンダードな紅あずまを栽培しています。やはり東京都各地からのアクセスもよく、子どもを連れていきやすい芋掘りスポットですね。

軍手や収穫したさつまいもを入れる袋などは持参しましょう。シャベルもあれば持参した方がよいでしょう。手洗いやトイレは完備しているので小さな子やママも安心です。芋掘りは9月から11月上旬まで楽しめますよ。

芋掘りは5株以上からで1株のお値段は200円です。露天なので雨の日は芋掘りができません。注意しましょう。要予約なので、事前に問い合わせてからお出かけくださいね。さといもやじゃがいもの芋掘りもできますよ。

サニー農園
サイト(るるぶ):http://www.rurubu.com/season/autumn/mikaku/detail.aspx?SozaiNo=130001
所在地:東京都小平市花小金井3-11-10
電話:0424-61-8282
品種:紅あずま 9~11月上旬

3.【鈴木いも掘り農園】リーズナブルな紅あずまの広い芋掘り農園

鈴木いも掘り農園は、西多摩郡日の出町にある農園です。日の出町には芋掘りができるスポットがいくつかあり、また秋川渓谷など東京都内とは思えないほど景観の良い場所としても知られています。

日の出町役場からもほど近い場所にあり、圏央道日の出インターからもすぐそばという立地です。紅あずまを3千株も育てている農園で、1株160円からとお値段もお得ですよ。収穫時期は10月から11月の初旬までです。

鈴木いも掘り農園
サイト(秋川渓谷観光サイト):http://www.akigawakeikoku.info/archives/879
所在地:東京都西多摩郡日の出町平井1309
電話:042-597-0504
品種:紅あずま 10月~11月初旬

東京からもすぐに出かけられる!首都圏のおすすめ芋掘りスポット

5

首都圏には、東京からもアクセスの良い農場がたくさんあります。子供連れで芋掘りが楽しめる人気のスポットをピックアップしてみました。

4.埼玉県【荒幡農園】掘ったら、すぐに調理して食べられる!

荒幡農園(あらはたのうえん)は、埼玉県川越市にある農園です。近所の幼稚園や小学校からも芋掘りにおとずれる人気の高い農園で、都心からは西武新宿線で行くことができます。この農園では、川越いもという川越市の特産芋が掘れます。

芋掘りシーズンは9月中旬から11月上旬になります。団体客も多いので、事前に問い合わせておきましょう。いもほりは7株1000円からになります。掘ったいもはなべやせいろ・鉄板を有料貸出しているので、その場で調理して食べることもできますよ。

また「重くて持って帰れない」という場合は、地方に向けての発送も行っています。公式サイトにあるサービスチケットをゲットすると、おみやげに季節の野菜がもらえます。ぜひチェックしてから出かけてくださいね。

荒幡農園
公式サイト:http://www.arahatanouen.com/
所在地:埼玉県川越市南大塚6-12-33
電話:049-243-3895
品種:川越いも 9月中旬~11月上旬

5.埼玉県【富の川越いも】こだわりの美味しいさつまいも農園!

富の川越いもでは、紅あずまなどのさつまいもの芋掘り体験ができます。さつまいもの芋掘り体験は毎年9月上旬くらいからスタートし、11月中旬ころまで楽しめます。個人で行く場合は予約は必要ありませんが、問い合わせておくと安心ですね。

雨天の場合はいもほりができないので、天気予報をしっかり確認してからお出かけしましょう。団体客が入ることもあります。芋掘りは10時から午後4時まで、30分ごとに案内してもらえます。

さつまいも掘りは1株350円で、掘った分だけ買い上げになります。こちらではサトイモ掘りも体験できますよ。本格的なおいもの味が楽しめる農園です。

富の川越いも
公式サイト:http://www.kawagoe-imo.com/
所在地:埼玉県入間郡三芳町上富1003
電話:049-259-2228
品種:紅あずまなど 9月上旬~11月中旬

6.千葉県【農業公園ぽんぽこ村】BBQもできる芋掘りスポット!

農業公園ぽんぽこ村は、千葉県木更津市にある観光農園です。いろいろな野菜や果物を栽培しており、さつまいもは9月中旬から11月まで楽しめます。無農薬・有機栽培にこだわっているので、子どもも安心して芋掘りできますよ。

また、農業公園ぽんぽこ村ではBBQもできますよ。芋掘り体験すれば4人から6人程度で2時間3千円から、炭や包丁・まな板などの器具を貸し出してくれます。食材は持ち込みなので、子どもの好きなメニューを用意して出かけましょう。

農業公園ぽんぽこ村
公式サイト:http://www.ponpokomura.jp/index.html
所在地:千葉県木更津市牛袋野506
電話:090-1666-2616

7.千葉県【水代果樹園】芋掘りのあとでバーベキューも楽しもう

水代果樹園は、流山市にある観光農園です。さつまいも狩りはもちろん、ぶどう狩りなども楽しめるので、子どもに大変人気があります。お花の直売もあるのでママにも嬉しいスポットですよ。

また、こちらも食材持込みのバーベキューができる観光農園です。しかもキウイ棚の下にBBQスペースがあるので、雨天でもできるんです。芋掘りだけでは飽きちゃうかな?という小さな子連れのファミリーにピッタリの農園です。

水代果樹園
公式サイト:http://www.orchard-garden.com/
所在地:千葉県流山市向小金3-179
電話:04-7174-4451

大都市からのアクセスもバッチリ!東海地方のさつまいも掘り農園

11
名古屋など、東海地方の大都市から気軽にお出かけできる場所にも、さつまいも掘りができる農園がたくさんあります。温暖なので、ねっとり甘い安納芋や紅はるかもゲットできますよ。

8.愛知県【体験農園かくれんぼ】安納芋・紅はるかが掘れる!

岡崎市桑谷町にある体験農園かくれんぼでは、ねっとり美味しい安納芋や紅はるかを芋掘り体験できます。芋掘り体験ができる日時は公式サイトでチェックできるので、かならず確認してから出かけてくださいね。

芋掘り体験はビニール袋に1杯分で1000円になります。びっくりするほど甘い蜜芋を自分で掘って食べることができますよ。こだわり栽培の農園なので、子どもに美味しいお芋を食べさせたい!というパパママにおすすめです。

体験農園かくれんぼ
公式サイト:http://kakurenbo-farm.com/
所在地:愛知県岡崎市桑谷町小坂67
電話:0564-74-4350
品種:安納芋・紅はるか

9.愛知県【ジョイフルファーム鵜の池】バーベキューセットもある

知多郡美浜町にあるジョイフルファーム鵜の池は、さつまいも掘りとバーベキューがセットになったコースが人気です。気持ちの良い秋の日に、芋掘りで汗を流したあとに食べるバーベキューは最高ですよ。

料金はさつまいも掘りが2株で500円です。芋掘りとバーベキューがセットになったコースは豚肩ロースのBコース2400円と、あいち知多牛カルビのAコース3300円です。芋掘りで1日たっぷりレジャーを楽しみたいファミリーにおすすめですね。

ジョイフルファーム鵜の池
公式サイト:http://www.joyful-f.jp/mikaku/imo.php
所在地:愛知県知多郡美浜町大字上野間字中新田10
電話:0569-87-6069

10.静岡県【赤ずきんちゃんのおもしろ農園】紅はるかも掘れる!

掛川市にある赤ずきんちゃんのおもしろ農園は、安納芋より甘くておいしいと評判の紅はるかも掘れちゃう農園です。いろいろな果物なども栽培している農園で、いろんな体験もできますよ。

いも畑は砂地なので、子どもやママでも楽に掘れます。また小さな子は砂遊びもできますよ。砂遊びキットを持っていきたいですね。さらにおいものスティックやアイスなどの販売も行っています。

小学生以上は300円からになります。買い上げは1キロあたり200円から400円程度です。また、1口1万円からオーナーにもなれますよ。芋掘りシーズンは9月上旬から11月中旬くらいまでです。メール予約は1週間前までになります。

赤ずきんちゃんのおもしろ農園
公式サイト:http://www.akazukin.jp/
所在地:静岡県掛川市大渕1456-320
電話:050-343-30745
品種:紅はるか 9月上旬~11月中旬

11.静岡県【印野観光いも掘り園】大人気の格安いも掘り農園!

静岡県御殿場市にある印野観光いも掘り園は、おいものシーズンだけ開園するさつまいも農場です。広大ないも畑で、紅あずまや鳴門金時などを栽培しています。9月の下旬からオープンします。

入園料はなんと無料で、紅あずまは3キロ程度で400円、鳴門金時は3キロ程度で600円です。大変な人気スポットなので、あっという間に掘り尽くされてしまうそうですよ。お出かけの際は、早めに来園してくださいね。

開園時間は午前9時から午後4時までです。掘れるお芋があるかどうか、必ず確認してからお出かけしましょう。

印野観光いも掘り園
サイト(いづみ荘サイト):http://blog.livedoor.jp/idumi5/archives/65831174.html
所在地:静岡県御殿場市印野
電話:0550-89-0249
品種:紅あずま・鳴門金時  9月下旬~

子どもと一緒に思いっきり体を動かそう!甘いさつまいも掘り

4

東京や首都圏、また名古屋からも気軽に行ける東海地方にも、さつまいも掘りができる農園がたくさんあります。バーベキューができる場所や、子どもが砂遊びできる場所、ほかの果物狩りもできる場所など、魅力も満載です。

東日本では紅あずまの栽培が中心ですが、最近の人気を受けて安納芋や紅はるかを栽培する農家も増えています。その場で試食ができる農園なら、おいもの美味しさへの期待も倍増しますよね。

さつまいもは健康のためにもおススメの食材です。冬になる前にしっかりお腹の調子を整えておくことは、風邪予防にも役立ちます。美味しいおいもをみんなで掘って、楽しい秋の休日を過ごしませんか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ