- 子供が可愛くない…イライラした気持ちを静めるための言葉 | MARCH(マーチ)

子供が可愛くない…イライラした気持ちを静めるための言葉

2015/01/06

shutterstock_173523602
夜泣きが続いたりイヤイヤ期で手が付けられなくなったりして疲れてくると「子供が可愛くない…」、「愛情が湧かない」と思ったことはありませんか?

実はこの感情は誰にでも起こる事で、決して親失格ということはありません。筆者の娘は夜泣きがひどくてイライラしたり、イヤイヤ期に自己主張とこだわりが強く「なんでいうことを聞かないの!?」と憎く思っていた時期もありました。

いつ誰にでも起こりうる感情です

赤ちゃんの頃の「我が子が可愛くない」と思うのは産後うつ(マタニティーブルー)の症状の1つかもしれません。赤ちゃんのお世話で休みたくても休めない時期が続いて、寝不足と疲労でイライラしたり、わけもわからず涙が出たりする、という症状は産後うつのサインです。

「可愛くない」のほかにも「見たくない」、「泣き声を聞くとどうしようもなく不安になる」といった感情がわいてくるのも産後うつの症状の1つです。

特に初めての育児だと気合が入りすぎて頑張り過ぎるママさんが多いように思います。完璧なママなんてありえないので、赤ちゃんが寝たら一緒にお昼寝したり、ご褒美スイーツを楽しんだりして息抜きを探しましょう。

夫や家族の方に協力してもらってママ1人で出かけるなど少しでも赤ちゃんと離れることが最大の息抜きになります。夫や家族に協力が頼めない場合は、自治体の子育て支援センターやファミリーサポートを思い切って活用しましょう。

赤ちゃん期が終わったのに可愛くないと思うのも当たり前

産後うつは一般的に産後1か月~夜泣きが治まってくる6,7か月頃に起こるとされています。しかし、6,7か月頃になると、離乳食が始まってせっかく一生懸命作ったのに全く食べてくれなかったり、遊び食べでお料理が台無しになったりと苦労はまだまだ絶えません。

そして離乳食が完成になるにつれて今度は卒乳・断乳がうまくいかないこともあって、ハイハイやつかまり立ちや歩き始めでもう心配で一時も目が離せず、家のことがなかなか進まずイライラする…など、これが毎日だと思うと、可愛くないという感情が出てきても親失格ということは決してありません。

疲れているときの離乳食は市販のベビーフードにする、パパママのご飯もレトルトやコンビニ弁当に頼るなど手を抜いたり、掃除はパパがいる週末にまとめてしたりと工夫しましょう。

イヤイヤ期到来で「可愛くない」と思っても当たり前

“魔の2歳児”と呼ばれるほどイヤイヤ期は厄介なものです。しかし、イヤイヤ期は成長の証し。今までママパパが一生懸命愛情をかけて育てた証拠です。

赤ちゃんの頃は泣くことしかできなかった我が子も2歳頃になると言葉を話し、「イヤ!」と自己主張し始めて、何を言っても「イヤ!」としか言わないので、「もうじゃあ何がしたいの!?」とイライラするのも当然です。

2歳頃になるとしつけやマナーについて意識し始めますが、それは大人の都合であって子どもたちはお構いなしなので、困ることがいっぱいあると思いますが、決して育て方が悪いとか愛情が足りないということはありません。

では、どうしたら以前のように可愛いと思えるようになるか一例をご紹介します。

  • 言葉だけでいいので「大好き」、「ありがとう」など口に出して言ってみること

最初は心にもないことを言っていることに違和感がありますが、嘘でもプラスの言葉を言っていくことで心もその気になって乗り切ったという先輩ママさんは多いようです。

  • 辛い時は空など上を見上げるようにする

心理学の実験で下を向いたときと上を向いたときでは、上を向いたときのほうがポジティブな思考になるという実験結果が出ています。つまり、身体を上向きにさせると心も後から上向きな気持ちに追いつくということです。

一時的なことだけど、そんなときこそ専門家に相談へ

今我が子を可愛いと思えなくとも、多くの先輩ママさんたちが克服してきているので、この感情も一時的なものがほとんど。しかし、一時的なものとわかっているがゆえに、我慢してしまい1人でこの悩みを抱え込んでしまい、かえって精神的に追い詰められている親御さんは少なくありません。

また、親御さん自身が幼少期に愛情を受けられずに育ったという経緯があると、自分が親になったときに子供をどう愛したらいいのかわからないという人もいます。

いずれにしても、決して1人で悩まず夫や家族、ママ友などに話を聞いてもらうだけでもすっきりします。ですが「我が子を可愛いと思えない」という相談は身内にこそしづらいもの。そんなときはSNSで同じ境遇の人や克服した人を探したり、専門家や自治体の育児相談サービスを利用するといいでしょう。

可愛くないという感情がわいてくると、「親なんだからそんなこと思っちゃダメ」と自身を奮い立たせようとする人がほとんどだと思いますが、自分が今できる範囲を超えることはしないほうがゆとりを持って育児できると思います。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ