育児ブログを書く人が注意したい、子供への危険と周囲へのマナー

コメント0
2015/07/03

加工後 shutterstock_201130046
子供の成長を友人や家族と共有したい。思い出として残したい。そんな理由から、育児ブログを書くママは多いと思います。ですが、書く前に絶対、知っておきたいことがあります。

それは、ブログを書くことによって子供に起こり得る危険と、周囲へのマナー。せっかくブログを書くなら、子供を危険にさらすことなく、周囲とトラブルを起こすことなく、気持ちよく続けたいもの。そのために、注意しておきたいポイントをご紹介します。

ブログをする前に知っておいて!写真の持つ危険性

よく議論になる話ではありますが、子供の顔写真をブログやSNSに載せる?載せない?というのは、意見が分かれるところですよね。なぜこういった議論が起きるのかというと、写真を載せることには危険が伴うから。では、具体的にどんな危険があるのでしょうか。

写真は情報の宝庫です

写真のデータには、設定によっては撮影した場所の位置情報や日時などの情報が付加されています。つまり、安易に子供の写真を載せることによって、生活圏や行動パターン、子供の顔まですべてが分かる状態になってしまうのです。

例えば、犯罪者があなたの写真の位置情報や背景から住所をつきとめ、子供の顔までも知ってしまったら・・・?想像するだけで怖くなりますね。将来的には、子供をターゲットとした誘拐事件が起こる可能性すら考えられます。

これらの危険を回避するには、カメラの位置情報、GPSの機能はオフにしておき、無用な危険を招かないようにしておくことが大切です。

顔写真が悪用される可能性も

子供の顔写真が第三者に渡ることによって、悪意のある第三者から悪質なサイトに掲載されることや、愛好者にコレクションとして残されてしまう可能性もあります。こうした可能性も考えると、安易な顔写真の掲載は控えるべきでしょう。

顔以外で気をつけるべきもの

子供の顔以外にも、写真は個人情報であふれています。たとえば、住んでいるマンション、車のナンバープレート、幼稚園の制服などは注意。ブログに写真を載せるなら、写っている様々な情報の扱いにはくれぐれも注意しましょう。

写真以外にも気を使うべき点は色々あります!注意すべきポイント

ブログで注意すべきは、写真の取り扱いだけではありません。これから挙げていくポイントもとても重要となりますので、各々チェックをして欲しいです。

文章も注意が必要!書き方によっては個人情報流出の危険も…

注意するのは、写真だけではありません。子供の名前、愛称、マンション名など、個人を特定できる内容をブログに載せていませんか?例えば、「○○駅前」「集合住宅」「子供の愛称」が分かれば、それだけで個人は容易に特定されてしまうケースもあります。

悪意がなかったとしても、意図しない知り合いに「この人のブログだ」と見つけられて、閲覧されていたとすると・・・なんだか気味が悪いですよね。

そのほか避けた方が良い内容としては、「夫が単身赴任中」「来週からグアムに行きます」など。個人を特定され、なおかつ、家を留守にする予定などが分かってしまうと、セキュリティ面ではかなり不安。犯罪者のターゲットとされてしまう可能性があります。

これは禁物!「友人のみ公開」を過信していませんか?

ここまで、注意するべき点をご紹介しましたが、「公開範囲を絞っているから大丈夫」と思っている方も多いかもしれません。

結論から言えば、公開範囲の指定は有効ですが、過信しすぎるのは禁物。なぜなら、なりすましやアカウント乗っ取りの可能性はゼロではないからです。

「内容に気を付ける」「公開範囲を設定する」の両方に気を配りましょう。

周囲の人へのマナーも忘れずに!反感を買いますよ

様々な危険性のほかに、「周囲の人へのマナー」も、押さえておきたいところ。基本的なマナーを知らずにブログをしていると、実は「痛い人」になっていることも。気を付けましょう。

お友達の情報を載せない

子供や自分の顔写真・個人情報をブログに書くことは、あくまでも「自己責任の範囲で」(オススメはしませんが)。ただ、お友達の個人情報や顔写真に関しては、「絶対に載せない」ことがマナーです。

まず、何の承諾もなく自分の子供の写真や個人情報がインターネット上に掲載されていたら、誰でも良い気はしません。不快とまではいかなくても、もやっとした気持ちを感じる方は多いはず。その後の関係性に影響を及ぼしてしまう場合があります。

そして、一番重要なのは、お友達の身も危険に晒してしまう可能性があること。

仮に「ブログに載せてもいい?」とその子の両親に承諾を得ていたとしても、載せるのは避けた方が無難。例えば、ブログに掲載した写真が悪意のある別サイトに転載されてしまったら、果たして責任が取れるでしょうか?慎重に考えてみてくださいね。

写真を撮ってばかりでは周りの人達の中には「また?」と思われてしまうかも…

ブログをやっている人が陥りがちなことに、「どこでも写真を撮っている」があります。友人との食事、子供と遊ぶときなど、とにかく「ブログに載せよう!」と写真ばかり撮っている場合は、ちょっと自分の行動を省みてください。

子供は本来、目が離せないもの。カメラ片手に一生懸命になっている間、子供から目を離していませんか?また、断りなくお友達の子供をたくさん撮っていませんか?

周りの人は、ちょっと「?」と思っているかも。心あたりがある方は、気を付けましょう。

子供にだってプライバシーはある!子供自身への配慮も忘れずに

加工後 shutterstock_207118117
子供が小さいうちはピンとこないかもしれませんが「子供のプライバシーに配慮する」事はとても大切です。幼児期は親とほぼ一心同体の子供も、いつかは一人の人間として育っていきます。

そんなとき、子供自身が自分のことを書いたブログを見つける可能性もありますし、子供の知り合いがブログを見つけるかもしれません。あくまでも、子供にもプライバシーがあると肝に銘じておきましょう。

ドキッとした方いますよね?楽しくブログを続けるために気をつけましょう!

以上、ブログをすることによる危険性や、押さえておきたいマナー、注意点などをご紹介しました。注意点が多いことに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、ブログやSNSには、メリットがたくさん!子供の成長を家族と共有できたり、同じ環境のママ同士つながりを持てたりするメリットもあります。

闇雲に怖がるのではなく、まずはそこに潜む危険性を正しく理解して、自分の目的に合った使い方を見つけたいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ