- いつ産むがのがいいの?二人目妊娠の時期を考える | MARCH(マーチ)

いつ産むがのがいいの?二人目妊娠の時期を考える

2014/05/04


一人目の育児にちょっと余裕が出てくると考え出す二人目のタイミング…。授かりものとは分かっていますが、何歳差がいいのかタイミングを考えてしまいますよね。各年齢差によるメリットやデメリットを考えてみましたので、家族計画の参考にしてみてくださいね。

年子の場合

タイミングを考える間もなく二人目が出来たという場合がほとんどだと思います。年子のママに聞くと赤ちゃんが二人いてとにかく大変だったけど、すぐに大きくなってくれて二人で遊んでくれるので楽という意見が多いです。

ただ、お医者さんは子宮の負担を考えると前の妊娠から1年以上開けてから次の妊娠を…とおっしゃる場合がほとんどです。なので、なるべく避けたほうが無難かもしれません。

2学年差の場合

つわりの時期に離乳食作りが大変、1歳児を抱えての妊娠生活が大変ということが多いようです。

3年保育の場合は幼稚園に同時に在園になる時が金銭的にちょっと大変かもしれません。私立幼稚園の学費は月々3万円前後が多いので、二人同時となると一時的とはいえ負担が大きいですね。また、3年保育ですと幼稚園の制服や用品が二人分必要になりますね。とはいえ、幼稚園に二人が入園するとママの子育ての負担はぐっと減ります。経済的な負担が問題なければよさそうですね。

3学年差の場合

入園や入学のタイミングがかぶってしまう3学年差は、入園・入学式や卒園・卒業式のタイミングが重なることが、スケジュールや金銭的な負担になるようです。特に下の子の高校受験と上の子の大学受験が重なる時が一番の負担かもしれません。ただ、受験のタイミングが重なるのは、その一年は家庭全部が勉強モードにできるので集中できる環境が作りやすいメリットもありますね。

子供同士は大体3学年差くらいまでが兄弟で一緒に遊べることが多いようです。

4学年差の場合

近頃主流の3年保育でいけば、上の子が入園後に妊娠するパターンなので、比較的余裕を持って妊娠・出産に臨めるようですが、出産後の園の送り迎えがちょっと悩みどころですね。大体祖父母や夫などに協力してもらうことが多いようです。また、長期休暇の時期を狙っての出産というパターンも多いようです。

大体このくらいの差が出てくると兄弟一緒に遊ぶというよりも、上の子と下の子でそれぞれに遊ぶような感じが多いようです。

5学年差以上の場合

このくらい離れると、ちょっとした赤ちゃんのお世話などを上の子がしてくれたりすることもあってママには助かることもあります。上のお子さんにも立ち会い出産などの体験をしてもらうこともできますね。ただ、前の妊娠の時と比べて制度などが随分変わっていたりして、ちょっとした浦島太郎気分を味わって戸惑うこともあるかもしれません。

結局何学年差にするかは考え方次第

何歳差にするにせよ、メリットとデメリットがあるものですね。私は子供の頃、弟と6学年差で性別も違うし、年も大分離れていて遊びが全然違ってちょっとさみしい気持ちがありました。なので、あまり学年を離さずに、上の子の育児が落ち着いてから…と考えると結果的に3学年差になりました。

ご主人の考えや家庭環境を踏まえてベストな家族計画を考えてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ