- 幼稚園・保育園の違いを比較!園選びのポイント | MARCH(マーチ)

幼稚園・保育園の違いを比較!園選びのポイント

2014/05/12

意外と知らない、幼稚園と保育園の違い

幼稚園は文部科学省の管轄で、保育園は厚生労働省の管轄です。かみ砕いて言うと、幼稚園は学校や習い事に近いもの、保育園は主に両親がお仕事等でお子さんのお世話を出来ない場合に、両親の代わりに保育してくれる場です。

ただし、最近は実際には保育園でも、幼稚園のようにカリキュラムが充実していることもあったり、幼稚園でも一般的な保育時間の前後に延長保育を実施している場合もあり、選択肢が増えている状況です。

また、まだまだ数は少ないのですが、幼稚園と保育園の内容を一体化した「認定こども園」が少しずつ増えてきて、新たな選択肢の1つとなっています。共働きでも教育熱心なご両親だと、当初は保育園に入園し、幼稚園に入園できる年齢になったところで、幼稚園に入りなおすというパターンもあるようです。

難関の保育園入園、幼稚園は選べる状態

都市部ではまだまだ待機児童が社会的問題となっている昨今、すでにお仕事を持たれているママであっても、保育園入園が難しい現状です。ですので、通える範囲で空きがあれば…といった状況で、あまり選択の余地はないようです。

しかし、地方に行けば、保育園がガラガラで求職中でも入れるというところも…。一方、少子化の影響で、一部の幼稚園を除けば幼稚園は飽和状態で、おおむね希望するところに入れることが多いようです。

園選びの前に決めておきたいポイント

まずは、園を選ぶ前に考えておくべきことがあります。わが家の方針を明確にすること。わが子の発達の様子や、個性を見極めておくこと。地域にもより主流は異なりますが、2年保育にするか、3年保育にするかを決めておくこと。登園方法を考えておくこと。これらのことを、まずはご主人とじっくり話し合っておきましょう。

園選びのポイントは?

園の教育方針と我が家の教育方針を見極めることです。一口に園と言っても、教育方針は様々。子供は自由にのびのびと、というところもあれば、子供のうちからきちんとしたしつけをしましょうという園、リトミックやマーチングなどカリキュラムに特色がある園など、様々です。

教育方針と、なぜそのような方針なのかをしっかり確認しておきましょう。説明会では実際の保育内容を見学させてくれる園も多いです。保育の内容はもちろん、子供たちの様子や、先生の子供たちへの接し方などをじっくりと確認しましょう。

また、先生の構成もチェックしましょう。きちんとした園であれば、ベテラン・中堅・新しい先生など、ある程度人材がそろっているはずです。新しい先生ばかり…次々に違う先生が入っているなど、極端に偏りがある場合は、注意したほうがよいでしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ